異世界拷問姫3/綾里けいし

異世界拷問姫3 (MF文庫J)
異世界拷問姫3 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
死と同時に異世界召喚された少年と、断罪されるために悪魔を滅ぼす拷問姫の戦いを描く異世界ファンタジー第3巻。
毎巻ダイナミックな戦いが繰り広げられるシリーズですが、今回もまたすごく盛り上がっています。てっきり最終巻かと思った・・・・・・違うのか・・・!

☆あらすじ☆
「余の悪夢も、もう終わりだな」破滅に向かう反英雄譚、第三弾!
『皇帝』ヴラドの旧友・『大王』フィオーレを撃破するも、代償は大きかった。ヒナの離脱、櫂人の『皇帝』との契約、そして――王都への襲撃。櫂人とエリザベートは激戦の王都に向かうこととなるが……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫3/綾里けいし

『イレーナの帰還』『最果てのイレーナ』(スタディ三部作2・3)/マリア・V・スナイダー

イレーナの帰還 (ハーパーBOOKS)
イレーナの帰還 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

第1作の感想はこちらから


総評:★★★★★
「イレーナの帰還」2016年3月刊、「最果てのイレーナ」2016年7月刊。
元死刑囚の少女が過酷な運命を生き抜くファンタジー三部作。最後まで最高に面白かったです。

下手を打てば死ぬだろうピリピリとした緊張感のなか、身体的にも精神的にも強くなっていくイレーナの成長から目が離せません。
強情なまでに自分の選択をやり遂げようとするイレーナの姿はとても格好良かった。イレーナが戦いの中でどんどんスキルアップさせていく魔法戦にもすごくワクワクしました。

彼女の周囲の人々も魅力的かつ躍動的に物語を盛り上げてくれていて、個人的にはイレーナのロマンスのお相手がすごくお気に入り。こちらもイレーナに負けず劣らず格好良くて、ふたりの信頼関係にニヨニヨが止まりませんでしたw

また、「魔法を拒絶した国」と「魔法が根付いた国」という2つの国を中心とする世界観はとても読み応えがありました。
人が持つには大きすぎる「魔法」という力に対する考え方の違いや、対象的な両国の人々の価値観の違いなどによって、奥行きのある世界となっていたと思います。

そしてなにより、ジェットコースターのような波乱続きの展開がすごく楽しかった!
次から次にトラブルが降りかかり、一体どうやってこの窮地を切り抜けるのかと何度手に汗を握ったことか。身につけた技術と天性の機転で困難を乗り切っていくイレーナ。彼女の冒険は最高のエンターテイメントでした。

本当に楽しかったです。こういう作品があるからファンタジーはやめられない!

☆「イレーナの帰還」あらすじ☆
生きたいと願った死刑囚の少女、第2章――。14年ぶりの帰郷、両親との再会。そして明かされる生い立ちと、国を揺るがす陰謀。
死刑宣告を受けながらも生き延びたイレーナは、故郷シティアに14年ぶりに戻ってきた。両親は涙ながらに娘を迎えるも、兄を始めとする他の者たちは、敵対国で育ったイレーナをあからさまに嫌悪し、密偵に違いないと疑う。またも四面楚歌となったイレーナに、さらなる危機と試練が――明らかになる14年前の真実と、2つの国に蠢く陰謀、そしてイレーナが生まれ持つ宿命とは? 見逃せない、第2章。

以下、2巻・3巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 『イレーナの帰還』『最果てのイレーナ』(スタディ三部作2・3)/マリア・V・スナイダー