ほま高登山部ダイアリー/細音啓

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)
ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
好きな女の子に告白したはずが、なぜか登山部に入ることになった少年が「登山」の面白さを知っていく物語。
すごく素敵な登山青春小説でした。優劣をつけることなく、みんなで一つの目的に向かってワクワクと楽しみ尽くすっていうのが良い。登山部のアットホームで優しい雰囲気がすごく心地よかったです。
個人的には今回くらいの初心者登山には結構覚えがあって、「わかるわかる」と共感できたことも楽しかった。シリーズ化したらもっと難しい山にも挑戦したりするのかな?
主人公の片想いも好みな恋模様だったので、こちらの進展も期待しています。

☆あらすじ☆
少年は(山に)恋する少女に恋をした。
登山に青春をささげるあまり、恋愛を知らずにいる少女たち。 そんな女の子・乃々星縁に恋をした冬峰冬馬は、高校入学を機に彼女に決死の告白を。 しかし、運悪く「登山が好きだ」と勘違いされ、あげくの果てに登山部の部長に現場を見られて、未知の登山部へと強制入部することに!?
登山部に所属する個性的な先輩たちに振りまわされながらも、登山について学び始める冬馬と縁。 部活の仲間にはなれたものの、恋の進行は鈍行運転。 とはいえ冬馬も縁と共に、次第と登山そのものに惹かれるようになっていく。
「登山部って、普段何をしてるの?」 「登山にジャージが適さない?」 「キャンプの定番、カレーは山頂での食事には向いてない?」
初めての知識や経験の数々。 冬馬は縁と過ごせる一緒の時間が嬉しいだけでなく、いま、ここでしか味わえない、先輩や仲間との青春の良さも感じたりして――。
山に恋するあまり恋愛感性ゼロの山ガールに、果たして冬馬の思いは届くのか!?  青春の坂道を駆け上がる、登山部ラブコメ一合目。
『世界の終わりの世界録』などで活躍中の実力派・細音啓が、青春小説に初挑戦!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ほま高登山部ダイアリー/細音啓