おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱/オキシタケヒコ

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱 (講談社タイガ)
おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
面白かったー!
『筺底のエルピス』のオキシタケヒコさんの新作。ジャンルレスと聞いていたけれど、たしかにちょっと一言で説明しづらい作品でした。
ホラーで、オカルトで、SFで、ボーイ・ミーツ・ガールで、それらが二重にも三重にも絡み合った不思議な物語。
怖がりな「ミミズク」が座敷牢の少女にせっせと怪談を運ぶ日々は、やがて彼を不思議な世界へと導いていくのです。
途中までほんとに怖かったし、世界観が凝っているぶん理解するまでが大変だったものの、最後まで読むと素晴らしい満足感に浸れる作品でした。

☆あらすじ☆
「ひさしや、ミミズク」今日も座敷牢の暗がりでツナは微笑む。山中の屋敷に住まう下半身不随の女の子が、ぼくの秘密の友達だ。彼女と会うには奇妙な条件があった。「怖い話」を聞かせるというその求めに応じるため、ぼくはもう十年、怪談蒐集に励んでいるのだが……。ツナとぼく(ミミズク)、夢と現(うつつ)、彼岸と此岸が恐怖によって繋がるとき、驚天動地のビジョンが“せかい”を変容させる――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱/オキシタケヒコ