たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語/サトウとシオ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
第8回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作。
おとぎ話レベルの秘境から都会にやってきた少年は、自己評価とは裏腹に常識はずれのとんでもない奴だった、というお話。
自己評価と客観的評価の食い違いを楽しむハイテンションに明るいファンタジーでした。
もうちょっと主人公自身について描かれる話のほうが好みなのだけど、このノリの良さはとても楽しかったです。

☆あらすじ☆
ド田舎からとんでもない奴がやってきた!?
読むと元気になる、勇気と出会いのファンタジー!
「都会ってこんなにすごいんですね!」
この少年、ピュアすぎるし強すぎる!秘境出身の村人が都会にあこがれ、『本当の強さ』に目覚めゆくの……だろうか?
勇気と出会いがつむぐ、第8回GA大賞≪優秀賞≫受賞作、ついに刊行!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語/サトウとシオ

鬼憑き姫あやかし奇譚シリーズ2・3/楠瀬蘭

鬼憑き姫あやかし奇譚 ~なまいき陰陽師と紅桜の怪~ (講談社X文庫)
鬼憑き姫あやかし奇譚 ~なまいき陰陽師と紅桜の怪~ (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

1巻の感想はこちらから


総評:★★★☆☆
怖がりな見鬼の姫と陰陽寮の学生が、怪異に挑む平安ファンタジー。
全3巻なのだけど、最終3巻は電子版オリジナルだったりします。こういう形態は今後増えていくのだろうか。
2巻までだと消化不良なので、電子限定であっても3巻で綺麗に完結してくれたので私としては大歓迎ですけどね。もともと電子書籍しか持ってないし。
中途半端な打ち切りが増えるくらいなら、電子だけでも最終巻を出すって方針が定着するといいなぁ。

☆2巻あらすじ☆
この世ならざる者が視える柊は、中納言の姫君。内裏の紅桜の怪にかかりきりの陰陽師生・忠晃への恋心を自覚した矢先、母の失踪が知らされた。山桜の大木に囚われた母を見つけた柊は、内裏の怪の原因を突き止める。一方宮中では、柊が怪異封じの人柱にと名指しされていた。「見捨てるなんて冗談じゃない」決死の忠晃を、宮中の追手が、山の怪異が追い詰めて!?

以下、2・3巻のメモ的な感想です。

続きを読む 鬼憑き姫あやかし奇譚シリーズ2・3/楠瀬蘭