皿の上の聖騎士3/三浦勇雄


皿の上の聖騎士〈パラディン〉3 ‐ A Tale of Armour ‐ (Novel 0)
皿の上の聖騎士〈パラディン〉3 ‐ A Tale of Armour ‐ (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
奪われた体を取り戻す姉弟の戦いを描く王道冒険ファンタジー第3弾。
今回はドラゴンの娘・イザドラにスポットが当たったり、更なる秘密が明らかになったり。良いペースで話が進んでいて、毎巻安定して面白くて満足です。
しかし新たな霊獣、お前もなのか・・・・・・

☆あらすじ☆
飛翔霊獣空中戦!!
大陸の皿レーヴァテインには国の創世にまつわる謎が秘められていた。アイザックたち一行は祖国と肩を並べる大国にたどり着くが、国土を東西に分裂させた二匹の霊獣たちの凄絶な争いに巻き込まれる――!

以下、ネタバレありの感想です。

 

プロローグがイザドラでスタートしたので「お、今回はイザドラ回か!」とワクワクして読み始めた第3巻。

 

いやぁ、気になってたんですよね。イザドラとパパドラゴンの関係。
だってドラゴンも夢魔に恋い焦がれる霊獣の一体なわけだから、娘的にはそれってどうみてるのかなーって。
いざその点に触れられてみると、かなり複雑な娘心が見えてきてなんとも言えない気持ちになりました。
父親が母親以外の女性に執着してるうえに、その尻拭いのために生まれたとかグレてもおかしくないレベルなんだよなぁ。
イザドラ、よくもまぁ素直ないい子に育ってくれて・・・・・・

 

それはさておき、フィッシュバーン姉弟+イザドラの三人旅は次なる目的地デュランダルに到着。
そこは兄弟の対立により、東西に別れて内乱状態にある国。
霊獣云々の前に人間サイドがすでにきな臭い。このシリーズ、戦うべきは霊獣だけじゃないからなぁ。

 

その予想は当たっていて、それ以前に霊獣2体がどーんと登場していたりで、アイザックたちは容赦なく窮地の連続に見舞われてしまうことに。

二転三転にごろごろと転がっていくストーリーはさすがの面白さでした。特に身構えていたのに裏切られるシーンとか、「あ〜〜やっぱり〜〜」って思いつつもショックでした。人間こわい。あ、人間じゃなかったわ。

 

さて、今回対峙する霊獣は「スレイプニル」と「コカトリス」。
話が通じない相手と二体同時に戦わないといけないとはまたハードな・・・・・・とか思ってたら、クールキャラっぽいスレイプニルがどぎつい性癖を暴露してくれて頭が真っ白になりました。
なんだろう、ヤンキー口調なコカトリスの方が直接的には何も書かれていないぶんマトモに見えたんですけど(でもたぶん絶対コカトリスもフェチ持ち。だって股間部・・・)
このシリーズの霊獣=重度フェチの変態という公式はブレないなー、ほんと。ただのツンデレでまっとうに頭を所望したヒュドラが恋しくなってきました・・・・・・。

 

霊獣の変態っぷりにドン引きしつつ、一方でイザドラ覚醒があったりしてバトルも安定の熱量。
イザドラのおかげで色々な場面での迫力も増して、とても面白かったです。
イザドラが翼を手に入れたことで今後の戦術の幅が広がりそうだなぁ。楽しみです。

 

また、世界の謎についても「皿の下にあるもの」の正体が明らかになって大きく進展。
イザドラの血筋が予想外すぎて驚いたのだけど、母方がどうのって話なら、いつかイザドラ母も登場するのでしょうか。死んではいないっぽいし。

うーん、これからどんな方向に話が進むのか予想できないなぁ。

 

イザドラとアイザックもいい感じにフラグたったし、そろそろちょっと(まともな)ラブコメがほしいなぁとか思う今日この頃。次巻も期待しています!

 

スポンサーリンク
 
0

「皿の上の聖騎士3/三浦勇雄」への4件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。