ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?13/聴猫芝居


ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.13 (電撃文庫)
ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った? Lv.13 (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
ついにきましたセッテさん回。
完璧リア充なだけにギルドでは微妙に浮いていて、それがまた面白いポジションだったセッテさんだけど、今回でまた一歩廃人への道に踏み出してしまいました。それでいいのかセッテさん。
でもそんなセッテさんがますます好きになる第13巻でした。楽しかった〜!

☆あらすじ☆
レイドボスが楽々倒せる……とでも思った?残念で楽しい日常≒ネトゲライフ、第13弾!
おい、レイドボス戦行こうぜ!という誘いに乗って、レイドボス戦へと馳せ参じたアレイキャッツの面々。それなのに……。
◆†黒の魔術師†:さあ向かうとしようか
◆バッツ:なんでお前が仕切ってんだよ
早くも友情破綻の予感!そして、案の定リーダー不在で迷走するレイドPT。見かねて指揮官に就任したのは……なんとセッテさんだった!?
一方リアルでも、マスターの独断と偏見で秋山さんが会長候補になり――残念美少女・アコの加勢は吉と出るか凶と出るか?

以下、ネタバレありの感想です。

 

不吉な数字13巻である今回は、アレイキャッツといつものメンツが高難易度レイドボスに挑みつつ、リアルではマスターの後継者となる生徒会長選挙が始まるというストーリー。不吉要素なしですね。

 

ネトゲに馴染みがない私はネトゲ嫁を読むたびに「楽しそうでいいなー、いつかネトゲやってみたいなー」とか思っていたものですが、今回の話を読んで「うん、無理!!」ってなりました。

なにあれ。レイドってあんな難しいの?
攻略手順が複雑すぎて控えめにいって鬼畜じゃない?

無理ですよ、あんなの、無理無理。
猫姫せんせーの説明文を流し読みせずにちゃんと読んでみたけれど、何言ってるのかちんぷんかんぷんでしたもん。謎ー。

やっぱり私にはぼっちでやるオフラインRPGを攻略サイト見ながらちまちまプレイするぐらいのぬるさが合ってるんや・・・・・・ネトゲさよなら・・・・・・

 

とはいえ、レイド組んで難敵に挑むPTのみんなはとても楽しそうでほっこり。
何度全滅してもゆるーい雰囲気で「次行くぞー」なノリがすごく好きですw
色々と失敗を踏まえながらセッテさん指揮で困難を突破していく姿をみていると、熱さはなくても不思議な達成感を感じましたし。高揚感もある。うん、こういうのがネトゲ嫁だ!

 

そのセッテさんが、今回のメインキャラ。
カースト上位の完璧リア充だけに、非リアの集いみたいなアレイキャッツで微妙に浮いていたセッテさん。
その立ち位置もまた彼女の個性ではあったけれど、今回の話で非リアの方に片足ずぶずぶ突っ込んで、さらに面白いヒロインに化けてしまいました。それでいいのかセッテさん。そんなセッテさんが大好きだけどw
いい人だから断れないキャラなの?って疑惑に対してアコが突きつけたアンサーが身も蓋もなくて笑った〜
この指摘を「はっ!その通り!」って受け入れちゃうセッテさんまじドM。

 

一方、リアルではセッテさんが騙し討ちの如く放り込まれた選挙戦が粛々と進行。
終盤、私もルシアンにつられて「今回のセッテさん、すごく頑張ってたから大丈夫!」ってノリになってました・・・・・・うわわネトゲこわい。
言われてみればそりゃそうだよね、なオチにめっちゃ笑う。脱力するなぁ、もう。こういうノリにほんと癒されます。

 

今回も安定して面白かったです。
次は何かなー。ルシアンとアコのイチャラブが比較的控えめだったので糖分補充をお願いしたいなー。ノーカンされたアレのやり直しでもいいよ!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。