86 ―エイティシックス― /安里アサト

86―エイティシックス― (電撃文庫)
86―エイティシックス― (電撃文庫)

評価:★★★★★
2017年2月刊。
第23回電撃小説大賞「大賞」受賞作。
素晴らしかった・・・!
もう最高すぎて泣きながら読了しました。
先の見えない末期的な戦争、苛烈な人種差別、恐ろしく強力な敵の兵器と無様で頼りない自国の兵器。そして、死地にある少年たちに寄り添い、やがて真実を知っていく無力な少女――。
波状攻撃かってくらい絶望的な真実が次々と襲ってきて、途中で投げ出しそうになるほど辛く苦しい物語だったけれど、最後まで読んで良かったと心から思います。
帯に書いてある「ラストの一文まで文句なし」って、まさにその通りすぎて引用せざるを得ない。

☆あらすじ☆
サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器“レギオン”による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。そう―表向きは。本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。“存在しない“第86区””。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜“有人の無人機”として戦い続けていた―。死地へ向かう若者たちを率いる少年・シンと、遙か後方から、特殊通信で彼らの指揮を執る“指揮管制官”となった少女・レーナ。二人の激しくも悲しい戦いと、別れの物語が始まる―!第23回電撃小説大賞“大賞”の栄冠に輝いた傑作、堂々発進!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 86 ―エイティシックス― /安里アサト

これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。/はなぶさ

これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。 (カドカワBOOKS)
これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。 (カドカワBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
異世界から女子高生が召喚されたことによって立場を奪われた少女が主人公という、「異世界召喚モノ」を裏側から描くようなファンタジー。
なかなかユニークな切り口の物語で、すれ違いが切ない純愛モノとして面白かったです。
悪酔いしそうなくらい悲劇的に話が進むのだけど、それだけにハッピーエンドを求めて先を読まずにいられない。
もう少し踏み込んでほしかった部分があったものの、ラブロマンスとしては良作だと思います。

☆あらすじ☆
異世界の聖女に、立場も、婚約者も奪われました。
「聖女様とアルファド様は、お似合いね」かつて、彼と婚約していたのは、私だった。今はただの下働きである私の……。異世界からの聖女召喚が成功したと聞かされたとき、私は礼拝堂で祈りを捧げている最中だった。聖女候補として神殿に引き取られて早十数年。私の人生は全て、聖女になる為のものだった。ついに私も、お払い箱か――。そう思っていた。なのに。「俺を望むことを、あきらめないでくれ」なぜ、貴方がそれを言うの? 幸せを願わずにはいられない純愛物語!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む これはきっと、恋じゃない ある日、異世界の聖女が召喚されて。/はなぶさ