よるのばけもの/住野よる

よるのばけもの
よるのばけもの【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年12月刊。
夜になるとバケモノに変身する少年が、ひとりぼっちの少女と夜の学校で出会うところから始まる青春小説。
いじめが存在する昼の学校と、他には誰もいない夜の学校。自分が過ごす日常を、非日常の世界から見つめ直したときに、少年は何を知って何を思うのか。
思春期の少年少女が押し込められる学校の中で、自分らしく生きていくことがどれだけ難しいのかを、思わず考え込んでしまう物語でした。

☆あらすじ☆
夜になると、僕は化け物になる。寝ていても座っていても立っていても、それは深夜に突然やってくる。ある日、化け物になった僕は、忘れ物をとりに夜の学校へと忍びこんだ。誰もいない、と思っていた夜の教室。だけどそこには、なぜかクラスメイトの矢野さつきがいて――。ベストセラー『君の膵臓をたべたい』『また、同じ夢を見ていた』に続く、住野よる待望の最新作!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む よるのばけもの/住野よる