臨床真実士ユイカの論理1 文渡家の一族/古野まほろ

臨床真実士ユイカの論理 文渡家の一族 (講談社タイガ)
臨床真実士ユイカの論理 文渡家の一族 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年4月刊。
人の嘘を見抜くことのできる女子大生が、閉鎖的な没落財閥一族内で起こった殺人事件の真相を暴くミステリー。
完全なる論理クイズで1本のミステリーを組み立てている恐ろしい作品でした。
私はやらなかったけれど、ノート片手に論理クイズをひとつずつ解いたら答えを得られるフェアな作品なのかもしれない。わかんないけど。
主人公・ユイカのキャラも良いし、犬神家の一族オマージュも楽しい作品でした。

☆あらすじ☆
言葉の真偽、虚実を瞬時に判別できてしまう。それが臨床真実士と呼ばれる本多唯花の持つ障害。大学で心理学を学ぶ彼女のもとに旧家の跡取り息子、文渡英佐から依頼が持ち込まれる。「一族のなかで嘘をついているのが誰か鑑定してください」外界から隔絶された天空の村で、英佐の弟・慶佐が殺された。財閥の継承権も絡んだ複雑な一族の因縁をユイカの知と論理が解き明かす!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 臨床真実士ユイカの論理1 文渡家の一族/古野まほろ