流星茶房物語2 月下の龍と恋を誓う/羽倉せい

流星茶房物語 月下の龍と恋を誓う (角川ビーンズ文庫)
流星茶房物語 月下の龍と恋を誓う (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
茶師の少女が皇帝のために、国の運命を握る大一番に挑む中華ファンタジー第2弾。
今回は天才茶師がライバルとして登場、という王道展開にワクワクしました。
前巻で積み残した問題も片付いて綺麗に終わっているんだけど、もしかして完結?

☆あらすじ☆
獅国王・豪粋との宴で皇帝・煌慶のピンチを救った新米茶師の楓花。しかし楓花を気に入った豪粋は、楓花を獅国に寄こせと圧力をかけてきて!? 断るためには、未だ空位の宮廷茶師になるしかない――! 楓花は煌慶の叔父・斐周が味方する茶師・孤空と宮廷茶師の座をかけ勝負することになるが……。
「俺は未来永劫、あなたを手放すつもりはない――」
孤独な皇帝と茶師の中華風ラブ・ファンタジー、激動の続編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 流星茶房物語2 月下の龍と恋を誓う/羽倉せい