まるで人だな、ルーシー/零真似


まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)
まるで人だな、ルーシー (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
第21回スニーカー大賞「優秀賞」受賞作。
これはまた尖った個性のある新人作品が出てきたなぁ。
「エキセントリックボックス」という不可思議な現象に、自分を構成する要素を捧げて願いを叶えてもらう少年の物語。
願いが叶うほどに自分ではなくなるのに、投げやりみたいな気軽さで願いを叶えていく少年の虚無的な雰囲気にひきこまれる作品でした。
箱の名前そのままにエキセントリックな世界観でありつつ、最後まで読むとしっかり青春小説。
個人的には文章が微妙に相性悪い感じだったものの、こういう作風は好き。
この作品が続くかは分からないけれど、今後も尖った作品を送り出してほしい新人さんです。

☆あらすじ☆
「代償は、悲しみだけど?」「ああ。そいつは僕にいらないものだ」「そっか!」景色をその身に纏った少女・スクランブルはうれしそうに笑うと、小さく握りしめた拳で御剣乃音(みつるぎのおと)の腹を抉る――。人身御供となった御剣の願いを叶える神代タイム1分間の代償は【打算】【キスのうまさ】【愛情】etc. 人の感情を贄にして、エキセントリックボックスはヒトに近づく……。最終選考会騒然の異色作!

以下、ネタバレありの感想です。

 

人身御供として「エキセントリックボックス」と出会い、自分を構成する諸要素を代償として支払うことで願いを叶えてもらってきた少年・御剣乃音

様々な構成要素を失った自分をぞんざいに扱い、人を助けながら少しずつ消えていくように生きていた乃音は、もう一人の人身御供との出会いをきっかけに、とある結論に辿り着くことになるのです。

 

色々と面食らう場面の多い本作の中でも、とりわけ異質な存在感を放つ主人公・乃音。

打算感情、食欲、悲しみ、愛情、優しさ、などの自分を構成する要素を手放すことで叶えられる願い。願いを叶えれば自分の何かが欠けてしまうと分かっているのに、人助けのためにどんどん願いを叶えていく乃音の、その行動こそがとても不気味なんですよね。

打算感情がないから純粋に人のために人を助けている・・・・・・というワケでもない。
虚無的な人生観をもった空っぽの少年が、ただ早く消えるために繰り返す自傷行為を延々と見ている気分になるのです。
ほんとに終盤までそういう話だから、なんとも陰鬱な悪夢を見ているようでした。途中まで結構しんどかった。

 

そんな乃音の傍にいて、彼から彼の構成要素を貰い続ける「エキセントリックボックス」スクランブル
箱が展開したら幼女になるっていう発想がまず面白いのだけど、スクランブルの特性がまた個性的で良い。
諸要素が失われるたびに人間性が薄れていく乃音に対し、願いを叶えるたびに人間性を豊かにしていくスクランブル。
何をもって「人間らしい」と考えるのか、という点で面白い対比でした。
特に、「愛情」をもらったスクランブルが一気に人間らしくなったところ。「愛情」を得てはじめて、先に得ていた「悲しみ」の意味を知るっていうのがなんとも興味深いものです。人間性の源泉とは何かっていう意味で。

 

このスクランブルの成長が本作唯一の癒しだっただけに、それでこの物語はどうオチをつけるの?と読んでいてソワソワ。だって物語が陰鬱になる原因もまたスクランブルなわけですし。

しかし予想に反してラストは青春小説的な盛り上がりを見せ、割と救いのある結末を迎えてくれたと思います。
まさか隣人さんがここまで活躍するとは思わなかったけれど。ヒロイン顔してた幼なじみちゃんが割と不憫な結末・・・・・・途中で溢れ出ちゃった狂気が敗因か。

 

果たして失われたものを取り戻せるのかについては曖昧なまま。
それでも、爽快とまではいかないけれど、少なくとも陰鬱な空気は晴れた気がするラストシーンは素敵でした。
個人的にはもう少しだけハッピーエンド寄りの結末が欲しかったかも。でもこういう結末の方が作品の雰囲気に合ってるようにも思う。

 

著者の個性と挑戦を感じる意欲的な作品でした。
文章の相性があんまり良くなかったものの、読めば慣れる程度。たぶん次回作も買うと思います。

ところでルーシーって何だったんだろう。
モノストーンがパッと浮かんだけど、ググったら猿人とビートルズが出てきたから、これかな?歌詞がなんだかスクランブルな感じ。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。