巫女華伝 恋の舞とまほろばの君/岐川新

巫女華伝 恋の舞とまほろばの君 (角川ビーンズ文庫)
巫女華伝 恋の舞とまほろばの君 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
都から皇子が押しかけ婿にやってきて困惑する巫女が主人公の古代和風ファンタジー。
個人的にはもう少し古代の世界観を作り込んでほしかったけれど、巫女と皇子の恋は王道なロマンスを楽しめました。
まだ完全なハッピーエンドとは言えない感じなので、ぜひともシリーズ化して続けてほしいところ。そして恋敵のはずの婚約者をもうちょっと活躍させてほしい。
ところであらすじにちょっと違和感があるような気がするんだけど・・・・・・うーん?

☆あらすじ☆
「ねぇ――オレのこと、お婿さんにしてくれる?」
神さまの使いの巫女として国を守る瑠璃(るり)。しかし幼い頃に母親を病気で亡くし、神さまを信じられず薬学に励んでいた。ある日、大倭(やまと)王朝の見目麗しき皇子(みこ)・紫苑(しおん)が訪れる。視察でやって来たはずが突然、一目惚れだと求婚してきて!? けれども、瑠璃には既に一族の掟で定められ、結婚を誓った幼馴染がいた――。
巫女と皇子の禁断の恋を巡る、和風ラブ・ファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 巫女華伝 恋の舞とまほろばの君/岐川新