石神様の仰ることは/黒辺あゆみ

石神様の仰ることは (ビーズログ文庫アリス)
石神様の仰ることは (ビーズログ文庫アリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
「石の声」が聞える神社の娘と、なにやら見た目とのギャップがすごい副音声が聞こえてくる風紀委員長の出会いから始まるオカルトラブコメ。
コミュ障気味のヒロインとフェチやばみな先輩の関係性が面白かったです。先輩、真面目な顔して何考えてるんだ。
オカルトものとしてもなかなか良かったけれど、もう少し展開に盛り上がりがほしかったかなぁ。重要そうな伏線も残ってますしね。
なろう版をチラ見した感じ、あと1冊出ると前後編的にちょうど良さそうなんですけど、さて続きは出るかな?

☆あらすじ☆
副音声(石の声)が主音声(本人)を乗っ取った!? オカルト青春ラブ!
“石”の声が聞こえる体質の石守楓は、入学早々真面目で近寄りがたい風紀委員長・本郷巽に注意された――と思ったら、『胸でけぇな、コイツ』と“石”の声が聞こえてきた!?巽の心と石の深い結びつきが原因らしいけど……人格が違いすぎ!!!! ギャップに振り回され、さらにはW音声の秘密にも巻き込まれる楓だが……!? ちょっとオカルトな青春ラブ!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 石神様の仰ることは/黒辺あゆみ

異世界拷問姫3/綾里けいし

異世界拷問姫3 (MF文庫J)
異世界拷問姫3 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
死と同時に異世界召喚された少年と、断罪されるために悪魔を滅ぼす拷問姫の戦いを描く異世界ファンタジー第3巻。
毎巻ダイナミックな戦いが繰り広げられるシリーズですが、今回もまたすごく盛り上がっています。てっきり最終巻かと思った・・・・・・違うのか・・・!

☆あらすじ☆
「余の悪夢も、もう終わりだな」破滅に向かう反英雄譚、第三弾!
『皇帝』ヴラドの旧友・『大王』フィオーレを撃破するも、代償は大きかった。ヒナの離脱、櫂人の『皇帝』との契約、そして――王都への襲撃。櫂人とエリザベートは激戦の王都に向かうこととなるが……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界拷問姫3/綾里けいし

『イレーナの帰還』『最果てのイレーナ』(スタディ三部作2・3)/マリア・V・スナイダー

イレーナの帰還 (ハーパーBOOKS)
イレーナの帰還 (ハーパーBOOKS)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

第1作の感想はこちらから


総評:★★★★★
「イレーナの帰還」2016年3月刊、「最果てのイレーナ」2016年7月刊。
元死刑囚の少女が過酷な運命を生き抜くファンタジー三部作。最後まで最高に面白かったです。

下手を打てば死ぬだろうピリピリとした緊張感のなか、身体的にも精神的にも強くなっていくイレーナの成長から目が離せません。
強情なまでに自分の選択をやり遂げようとするイレーナの姿はとても格好良かった。イレーナが戦いの中でどんどんスキルアップさせていく魔法戦にもすごくワクワクしました。

彼女の周囲の人々も魅力的かつ躍動的に物語を盛り上げてくれていて、個人的にはイレーナのロマンスのお相手がすごくお気に入り。こちらもイレーナに負けず劣らず格好良くて、ふたりの信頼関係にニヨニヨが止まりませんでしたw

また、「魔法を拒絶した国」と「魔法が根付いた国」という2つの国を中心とする世界観はとても読み応えがありました。
人が持つには大きすぎる「魔法」という力に対する考え方の違いや、対象的な両国の人々の価値観の違いなどによって、奥行きのある世界となっていたと思います。

そしてなにより、ジェットコースターのような波乱続きの展開がすごく楽しかった!
次から次にトラブルが降りかかり、一体どうやってこの窮地を切り抜けるのかと何度手に汗を握ったことか。身につけた技術と天性の機転で困難を乗り切っていくイレーナ。彼女の冒険は最高のエンターテイメントでした。

本当に楽しかったです。こういう作品があるからファンタジーはやめられない!

☆「イレーナの帰還」あらすじ☆
生きたいと願った死刑囚の少女、第2章――。14年ぶりの帰郷、両親との再会。そして明かされる生い立ちと、国を揺るがす陰謀。
死刑宣告を受けながらも生き延びたイレーナは、故郷シティアに14年ぶりに戻ってきた。両親は涙ながらに娘を迎えるも、兄を始めとする他の者たちは、敵対国で育ったイレーナをあからさまに嫌悪し、密偵に違いないと疑う。またも四面楚歌となったイレーナに、さらなる危機と試練が――明らかになる14年前の真実と、2つの国に蠢く陰謀、そしてイレーナが生まれ持つ宿命とは? 見逃せない、第2章。

以下、2巻・3巻のネタバレあり感想です。

続きを読む 『イレーナの帰還』『最果てのイレーナ』(スタディ三部作2・3)/マリア・V・スナイダー

公爵夫妻の面倒な事情/芝原歌織

公爵夫妻の面倒な事情 (講談社X文庫)
公爵夫妻の面倒な事情 (講談社X文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
契約結婚+男装学園ものという、女性向けラノベの人気設定を両取りするチャレンジャーなラブコメ。
そのチャレンジ精神は尊重するけれど、1冊でどちらの魅力も引き出すのは難しかったようです。ストーリーは面白いものの、各要素があと一歩物足りない。
ただ、内容的にシリーズ化前提の作品だから巻を重ねれば不満点も解消されると期待しています。
まっすぐな気性のヒロイン、彼女をペット扱いするものぐさ公爵、個性豊かな公爵家の使用人たちなど、登場キャラクターもなかなか魅力的でしたしね。
面白いシリーズになってくれるといいなぁ。

☆あらすじ☆
ノエルは画家見習いの少女。王家お抱えの画家だったという父を捜すため、自分も宮廷画家になることが夢だ。でも、宮廷画家は男しかなれない花形職業……。性別詐称は厳罰と知りつつも、ノエルは男の姿で画家を目指すが、仕事先で出会ったひきこもり公爵リュシアンに、女であることがバレてしまう! そこで秘密を守るのと引き替えに提示されたのは、リュシアンの花嫁になり仮面夫婦生活を送るという条件で……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 公爵夫妻の面倒な事情/芝原歌織

ほま高登山部ダイアリー/細音啓

ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)
ほま高登山部ダイアリー (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
好きな女の子に告白したはずが、なぜか登山部に入ることになった少年が「登山」の面白さを知っていく物語。
すごく素敵な登山青春小説でした。優劣をつけることなく、みんなで一つの目的に向かってワクワクと楽しみ尽くすっていうのが良い。登山部のアットホームで優しい雰囲気がすごく心地よかったです。
個人的には今回くらいの初心者登山には結構覚えがあって、「わかるわかる」と共感できたことも楽しかった。シリーズ化したらもっと難しい山にも挑戦したりするのかな?
主人公の片想いも好みな恋模様だったので、こちらの進展も期待しています。

☆あらすじ☆
少年は(山に)恋する少女に恋をした。
登山に青春をささげるあまり、恋愛を知らずにいる少女たち。 そんな女の子・乃々星縁に恋をした冬峰冬馬は、高校入学を機に彼女に決死の告白を。 しかし、運悪く「登山が好きだ」と勘違いされ、あげくの果てに登山部の部長に現場を見られて、未知の登山部へと強制入部することに!?
登山部に所属する個性的な先輩たちに振りまわされながらも、登山について学び始める冬馬と縁。 部活の仲間にはなれたものの、恋の進行は鈍行運転。 とはいえ冬馬も縁と共に、次第と登山そのものに惹かれるようになっていく。
「登山部って、普段何をしてるの?」 「登山にジャージが適さない?」 「キャンプの定番、カレーは山頂での食事には向いてない?」
初めての知識や経験の数々。 冬馬は縁と過ごせる一緒の時間が嬉しいだけでなく、いま、ここでしか味わえない、先輩や仲間との青春の良さも感じたりして――。
山に恋するあまり恋愛感性ゼロの山ガールに、果たして冬馬の思いは届くのか!?  青春の坂道を駆け上がる、登山部ラブコメ一合目。
『世界の終わりの世界録』などで活躍中の実力派・細音啓が、青春小説に初挑戦!!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ほま高登山部ダイアリー/細音啓

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱/オキシタケヒコ

おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱 (講談社タイガ)
おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年2月刊。
面白かったー!
『筺底のエルピス』のオキシタケヒコさんの新作。ジャンルレスと聞いていたけれど、たしかにちょっと一言で説明しづらい作品でした。
ホラーで、オカルトで、SFで、ボーイ・ミーツ・ガールで、それらが二重にも三重にも絡み合った不思議な物語。
怖がりな「ミミズク」が座敷牢の少女にせっせと怪談を運ぶ日々は、やがて彼を不思議な世界へと導いていくのです。
途中までほんとに怖かったし、世界観が凝っているぶん理解するまでが大変だったものの、最後まで読むと素晴らしい満足感に浸れる作品でした。

☆あらすじ☆
「ひさしや、ミミズク」今日も座敷牢の暗がりでツナは微笑む。山中の屋敷に住まう下半身不随の女の子が、ぼくの秘密の友達だ。彼女と会うには奇妙な条件があった。「怖い話」を聞かせるというその求めに応じるため、ぼくはもう十年、怪談蒐集に励んでいるのだが……。ツナとぼく(ミミズク)、夢と現(うつつ)、彼岸と此岸が恐怖によって繋がるとき、驚天動地のビジョンが“せかい”を変容させる――。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おそれミミズク あるいは彼岸の渡し綱/オキシタケヒコ

アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴/天城ケイ

アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴 (ファンタジア文庫)
アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
先生、鬼畜度ちょっと上がった?
暗殺指令を受けた家庭教師と教え子の主従&師弟を描くファンタジー第5弾。
意外な真相が明かされる巻でした。いやほんとその繋がりは予想していなかった。

☆あらすじ☆
過酷な夜界を血で染める惨劇、そして明かされる秘密――
ロゼッティによるクーファへの電撃求婚に気が気ではないメリダ。奇しくもロゼッティの故郷である夜界との境界線へ研修に赴くことに。しかし常識の通じない神秘に満ちた地で、クーファにある容疑がかけられ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アサシンズプライド5 暗殺教師と深淵饗宴/天城ケイ

おこぼれ姫の円卓の騎士16 反撃の号令/石田リンネ

おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)
おこぼれ姫と円卓の騎士 反撃の号令 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年2月刊。
いよいよラストスパート突入。
サブタイ通りに反撃開始!の16巻なのだけど、それよりも、えっ、表紙が・・・!
メインストーリーも面白かったけれど、表紙を見たときの「まさか!?」という期待にも応えてくれる内容でした。最高か。

☆あらすじ☆
白魔の山脈を越え、無事イルストラ国に辿り着いたレティーツィア。長兄フリートヘルムに対抗するには、まずこの国の協力を得なければならない。“未来の女王”としての威厳を保ちつつ、交渉の席につく。一方、レティの騎士達もそれぞれに作戦を決行!しかし、軍師ゼノンの方が一枚上手で……!?
レティとデュークの恋の行方も気になるクライマックス目前第16弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む おこぼれ姫の円卓の騎士16 反撃の号令/石田リンネ

(仮)花嫁のやんごとなき事情13 未来へ続く協奏曲/夕鷺かのう

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~ (ビーズログ文庫)
(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~未来へ続く協奏曲~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2017年2月刊。
ド庶民勤労少女の身代わり結婚(目指せ離婚!)を描いたラブコメシリーズの真の最終巻。
本編完結後のエピソードを詰め込んだ最高の短編集でした。
守銭奴ヒロインも、鬼畜の毒好き旦那様も、ツッコミ担当の親友侍女も、スキマ大好き商売人も、オネエのお義母さんも、裸族のお兄さんも、苦労性な弟くんも、みんなみんな大好きでした。
心の底から愛してるシリーズだっただけに、もう続刊を楽しみに待つことができないのかと思うと寂しくてたまりません。
でも仮花嫁は一生の宝物!素晴らしいシリーズを本当にありがとうございました!

☆あらすじ☆
(仮)花嫁シリーズ応援多謝! 長らくの愛顧に応えて、アンコール登場!
“仮花嫁”の人気キャラクターたちのその後を描いたスペシャル短編集!
フェルとクロウの記念すべき出会い……あの殺伐初夜をやり直し!?だけど勘違いフェルがとんでもない騒動を巻き起こす!! さらに、クロウの兄ジルフォード帝【崩御】の裏に隠された真相が明らかに!?
貧乏ド庶民はやがて皇妃となり、夫婦の絆は永遠に続く――涙と笑いのファン必読の1冊です♪

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む (仮)花嫁のやんごとなき事情13 未来へ続く協奏曲/夕鷺かのう

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語/サトウとシオ

たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)
たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2017年2月刊。
第8回GA文庫大賞「優秀賞」受賞作。
おとぎ話レベルの秘境から都会にやってきた少年は、自己評価とは裏腹に常識はずれのとんでもない奴だった、というお話。
自己評価と客観的評価の食い違いを楽しむハイテンションに明るいファンタジーでした。
もうちょっと主人公自身について描かれる話のほうが好みなのだけど、このノリの良さはとても楽しかったです。

☆あらすじ☆
ド田舎からとんでもない奴がやってきた!?
読むと元気になる、勇気と出会いのファンタジー!
「都会ってこんなにすごいんですね!」
この少年、ピュアすぎるし強すぎる!秘境出身の村人が都会にあこがれ、『本当の強さ』に目覚めゆくの……だろうか?
勇気と出会いがつむぐ、第8回GA大賞≪優秀賞≫受賞作、ついに刊行!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む たとえばラストダンジョン前の村の少年が序盤の街で暮らすような物語/サトウとシオ