リンドウにさよならを/三田千恵


リンドウにさよならを (ファミ通文庫)
リンドウにさよならを (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2017年1月刊。
第18回えんため大賞「優秀賞」受賞作。
とても良かった・・・!
助けようとした少女と共に屋上から転落し、3年後の学校で幽霊として目覚めた少年が主人公の青春小説。
陰惨ないじめを受ける少女との交流を通して、繊細に優しく紡がれていく物語がとても魅力的な作品でした。
誰もいない屋上で過ごす二人きりの時間は甘酸っぱくも温かくて、合間に回想される主人公の過去は切なくも甘酸っぱい。
リンドウの花言葉に絡めて語られる真相にどうしようもない気持ちにさせられるけれど、全てを昇華させるラストシーンはお見事でした。
爽やかすぎて逆に切なさを引き立てる情景描写もまた素晴らしい。
この新人さんの今後はぜひとも注目していきたいです。

☆あらすじ☆
想いを寄せていた少女、襟仁遥人の代わりに死んでしまったらしい神田幸久。三年後、自由かつ退屈な日々を過ごす地縛霊として目覚めた彼は、クラスでいじめに遭う穂積美咲にだけ存在を気づかれ、友達になることに。一緒に過ごす内に美咲の愛らしさを知った幸久は、イメチェンを勧め彼女を孤独から解放しようと試みる。少しずつ変わり始める美咲の境遇。それがやがて、幸久が学校に留まる真実に結びついていく――。必然の出会いが紡ぐ、学園青春ストーリー。

以下、ネタバレありの感想です。

 

恋していた同級生・襟仁遙人を助けようとして、屋上から一緒に転落してしまった少年・神田幸久
3年後の学校で幽霊として目覚めた神田は、いじめを受けている少女・穂積美咲に存在を気づかれたことで彼女と交流を持ち始める。神田の存在がきっかけとなり、地味で垢抜けなかった穂積は少しずつ変わっていきーーというのが本作のストーリー。

 

正直に言えば、ひとつひとつの要素自体はそこまで個性的ではないし、展開も結構読みやすいかなぁという感じ。
「幽霊・神田」の正体はかなり早い段階で分かりやすい伏線が置かれるし、穂積の家族関係といじめの原因について描かれる中盤まで読めば襟仁の自殺の引き金をひいたものが何だったのかも察してしまえますしね。
(「実はこの関係はこういう風に繋がっていくんだよ」的な驚きもあったりするから、一概に単純なお話とは言えないのだけど)

 

ただ、それがこの物語の価値が下げるわけではなく、結末を察しつつも続きを読まずにいられない魅力をもった作品だったと思います。
トリッキーな展開や大仰などんでん返しはなくても、ただただ真っ直ぐに青春の揺らぎや煌めきが伝えることでこんなにも心を揺さぶれるものなんですね。

空気が生み出す陰湿ないじめ、想いを寄せていた少女の自殺、幽霊といじめられっ子が二人きりで過ごす時間。そして、変わっていく少女。

そんな各要素のつなぎ方は実に情緒的で、神田や穂積の繊細な心の揺れ動きがこちらの心を惹きつけてやまないのです。

 

情景描写もまた素晴らしい。
青空と白雲が広がる屋上。飛行機を眺めながら耳をすます航空無線。二人の片耳ずつに分けられたイヤホン。
距離感は甘酸っぱく、流れる時間は穏やかで、包み込む空気はどこまでも優しくて・・・・・・。
うーわーーっ!最高に青春すぎて悶える・・・・・・!

 

「いじめ」や「自殺」という暗い部分を含みながらも、神田との出会いが穂積を変え、少しずつ周囲に人が集まり、やがて輝いていく穂積の青春。
そんな穂積の変化を見守りながら、合間に襟仁との過去を思い返していく神田。

取り返せない過去の回想は甘酸っぱさと切なさの塩梅が絶妙すぎなんですよ・・・・・・だってその後に起こることが分かっているのだから。

 

回想を終え、穂積の隠し事と真相を知り、全てに決着をつけて赴いた屋上でのラストシーンがまた最高。
襟仁に語りかける神田の言葉のひとつひとつに胸が苦しくなるし、送られる言葉の合間に沈む「本当は、一緒に生きてゆきたかった」という叶わない願いに涙腺がゆるむ・・・・・・。
青空の中を飛行機が飛び、秋風の中をリンドウの花びらが舞う。そんな爽やかな情景がさらに切なさを引き立てる、印象的なエピローグでした。

 

うーん、素晴らしかった・・・!
神田と穂積の関係を無理に進展させず、神田が自分の恋に別れを告げる形で終わらせたところも個人的にはポイント高い。
未来と過去のどちらにも思いをはせながら、今を生きていくんですね。

 

リンドウの花言葉に絡めて、切なくも温かく描かれる素敵な青春小説でした。
これが新人賞作品かぁ。
次回作も期待の新人さんですね!

 

スポンサーリンク
 
0

「リンドウにさよならを/三田千恵」への2件のフィードバック

  1. 最近は新人さんでも凄い方が多いですが、文庫にもよりますが打ちきりとかおおくて泣いてます(泣)

    1. ちゃーこりんさん、コメントありがとうございます。

      そうなんですよねぇ。
      だからこの本みたいに単巻で綺麗に終わっている作品だと逆に安心してしまったり・・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。