お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係/梨沙


お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)
お嬢様と執事見習いの尋常ならざる関係 (一迅社文庫アイリス)

評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
凜々しい男装王女と健気な少年執事見習いが、竜の卵を預かって一緒に育てることになったり、王宮内の騒動に巻き込まれたりする物語。
両片想いで性差逆転な感じの楽しい主従ラブコメでした。執事見習いくんの理性と本能がせめぎ合ってた・・・w
途中までごちゃっとした内容に手こずってしまったけれど、バラバラだった伏線が回収される終盤の展開は面白かったです。

☆あらすじ☆
「この忠誠はあなただけのために」
幼き日、姫は少年から生涯変わらぬ真心を送られた。姫の名はミシェル・バースト、少年の名はアンバー・クリムゾン。跡取りとして精力的に暮らす彼女の日常は、弟の誕生により一変する。政略結婚の駒となることを余儀なくされた彼女が選んだ新たな道―それは、誰にも負けない“王子”になること!?
美しく勇ましい姫君と、そんな姫君に振り回される執事見習い+竜の両片想いラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

物語の主人公は、行儀見習いで出向いていた大国から久しぶりに戻ってきた竜国の王女ミシェル
そんなミシェルと行動を共にするのは、幼い頃から彼女に忠誠と恋心を捧げてきた執事見習いの少年アンバー
ある日、傷ついた竜から卵を預けられたミシェルとアンバーは、面倒を避けるため周囲に卵の存在を隠し、孵った子竜・グレイを育てることになるのです。

 

アンバーの子育て奮闘記(?)、王宮で起こった盗難事件、諸国の貴人が集まる「竜狩り」、不審な行動をとるランバート王、そしてミシェルの唇を奪った謎の男・アンブルなどなど、色んな要素が目まぐるしく絡み合うストーリーでした。
正直、若干ごちゃごちゃした内容だったかなぁと思います。物語の焦点がどこにあるのか掴みにくくて読みづらさを感じたり。
ただ、ごちゃつきを感じた部分についてはラストで少年王ダレルが名探偵の如く解き明かしてくれるので、読後感自体はスッキリしたもの。振り返れば色んな伏線が散りばめられた面白いストーリーだったと思います。

 

期待していた主従ラブコメについても、なかなかに面白い状況が繰り広げられていきワクワク。
グレイにエサとして魔力を与えることで姿が変わってしまうアンバー。
純情担当とセクシー担当みたいな感じでキャラも口調も一変してしまうのが楽しかったですw
ていうか、この設定うまいですよね。アンバーの性格じゃ進展しないところを、理性が飛びやすいアンブルでぽんっと押し進めちゃう感じ。あとで正気に戻って悶えるところまで大変美味しくいただきましたw

 

男装王女としてのミシェルのキャラも良かった。
ヒーローがヒロインにエスコートされるパターンはよくあるけれど、ここまで可憐な感じに女装できるヒーローはなかなかいないのでは。 ミシェルがイケメンなぶん、アンバーの可愛さが際立っていて、なんというか、とてもお似合いのカップルでした。

 

とはいえ、このままの調子だとハッピーエンドは難題そうなのが気がかりなところ。
身分差が歴然としすぎて乗り越えることができるの?って思ってしまいます。
ただ、エンディミオンの例があるからアンバーが竜騎士になっちゃえばワンチャンありそうな感じ。そこに期待してもいいのでしょうか。

 

まぁどちらにせよミシェルがまだアンブルの正体に気づいていないので、ぜひ正体バレまで描いた続編を出してもらわないと。
謎の変身体質をもったアンバーの正体そのものも気になりますしね。

というわけでシリーズ化を待っています!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。