境界探偵モンストルム2/十文字青


境界探偵モンストルム2 (Novel 0)
境界探偵モンストルム2 (Novel 0)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2017年1月刊。
怪物と人間が共存するアングラな「境界」を舞台とする伝奇ミステリー第2弾。
今回は生首がたくさん出てくるサイコパス物語。
前巻よりも尖ってエグみが増した内容で面白かったです。うん、十文字青作品らしさが強まってる気がする・・・!

☆あらすじ☆
探偵・狭間ナルキヤは同業の花賀瑠璃にラミア探しの依頼を紹介される。時を同じくして、東市で生首が発見される。ラミアを捜索しているうちに、ナルキヤはそちらの殺人事件にも踏み込んでいってしまい……?

以下、ネタバレありの感想です。

 

相変わらずうだつが上がらない感じの探偵・狭間ナルキヤ。
そんな彼のもとに、大富豪のペットであるラミアの行方を探せという依頼が舞い込む。一方、OBでは生首となった死体が続出する連続猟奇殺人事件が発生し・・・・・・というのが2巻のストーリー。

 

今回の話を一言でまとめると、探偵とサイコパスの邂逅ってところでしょうか。
探偵と殺人鬼だから「対決」って書くべきなのかもしれないけれど、あんまり対決したって感じはないんですよね。
ただただ狂気的な悪夢の中にナルキヤが引きずり込まれていって、もがいているうちに運良く一命を取り留めた、みたいな。

 

そもそも今回の物語って、メインキャストはサイコパスで、ナルキヤ自身はその物語にゲスト的に登場してる、みたいな印象が強く残っているんです。
幕間のmemorandumがすごく面白かったから余計にそう感じるのかも。
あるサイコパスの半生記。哀れな子どもが恐ろしい殺人鬼に成長していく物語。
その狂気的なのに落ち着いた語り口にぐいぐいと引き込まれてしまいました。
サイコパスの異常な精神性に悪酔いした気分になるけれど、それがとても読み応えあって面白い・・・!

 

ゲスト的と書いておいてなんですが、もちろん本作の主人公はナルキヤ。
シリアルキラーの正体やラミアの行方を追うナルキヤの奮闘も楽しく読みました。
途中のカップル襲撃はゾゾッとしたけど。

あとアロヲのアイドルオタっぷりが酷くなってて笑うしかなかったw
ぐいぐいとナルキヤにののみんを布教してるなぁ。気合い入れるときのかけ声がののみんなのはこちらの気が抜けるんだけどw

 

全体的にかなりアダルトテイストが増しているのはノベルゼロというレーベルカラーを意識しているのかな?いやでもむしろ薔薇マリに通じる何か(薔薇マリは異常者が山盛り特盛りだったから・・・)を感じたから原点回帰?
どちらにせよ1巻よりも面白く感じた2巻でした。3巻も楽しみです!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。