聖獣様と泣きむし聖女2 不浄の鐘と不死の悪魔/かいとーこ


聖獣様と泣きむし聖女 不浄の鐘と不死の悪魔 (一迅社文庫アイリス)
聖獣様と泣きむし聖女 不浄の鐘と不死の悪魔 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
怖がり聖女をスパルタ溺愛夫が連れ回す悪魔退治ファンタジー第2弾。
今回は前回で失踪したままだった従姉についてフォローされました。

☆あらすじ☆
元最強の聖獣ラズスの花嫁であり、超怖がりなのに教会一の浄化能力を持つ聖女ユイ。故郷タウトの街で起こった悪魔騒動を解決した彼女は、悪魔が怖くて逃げ出したタウトの次期当主ケイが戻って来るのを今か今かと待っていた。ところが、ケイを捜索していた者たちが次々と消息不明に! それを聞いたユイは――。悪魔の影響が残る街を守っているから行かないってラズスに言ったのに……。絶対に怖いことが待っている探索に連れ出すなんてひどすぎる!! 聖獣と怖がり聖女の悪魔狩りファンタジー第2弾!

以下、ネタバレありの感想です。

 

前巻で家出したまま帰ってこない従姉ケイ
どうも帰ってこれない状況にあるようなのでユイたちが捜索に行くことになり・・・・・・という感じで2巻がスタート。

 

前巻でどんなキャラなのか大体聞いてはいたけれど、本格登場したケイは思った以上にビビリ可愛い女の子でした。強がりの見栄っ張りなのがいいよね。嗜虐心をそそるよね。

 

そんなケイが巻き込まれたことで発覚したゾンビ悪魔事件。
実体がある相手はあんまり怖くない(むしろお化け屋敷な実家にいる方が嫌だ!)ということでユイがあんまり泣き叫んでないのが、なんというか、物足りないというか。
お前ほんとに聖女かよってくらいビビッて怯えていないと、ほんとにただの聖女なんですね。前巻はユイに聖女らしさが見えにくいことが不満だったはずなのに、いざ冷静沈着な聖女然としてるとこれもなんか違うなーっていうワガママな感想を抱いてしまいました。なるほど、ユイは怯えているほうが可愛いのか。

 

それはさておき、今回の事件の黒幕のオチには笑ってしまいましたw
またも魔獣か!?と身構えたのに「漂白」って・・・・・・! そのワードのチョイスはどうなのw

災難を解決したら新たな災難が生まれたような気がしないでもないけれど、これはこれで平和だから結果オーライなのでしょう。

 

今回の事件は綺麗に片付いたし、ケイも帰ってきたから積み残しはなし。ここでシリーズが終わっても問題なさそうだけど、続くのかな?

仮に続くとしたら、最初から安定感のあるラブラブカップルだとあまり萌えを感じないことがわかったので、そのへんちょっと工夫してほしいかな。波乱を期待しています!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。