王女フェリの幸せな試練2 祝福のベールアップ/時田とおる


王女フェリの幸せな試練 祝福のベールアップ (角川ビーンズ文庫)
王女フェリの幸せな試練 祝福のベールアップ (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2017年1月刊。
ネガティブ引きこもり王女の恋物語第2弾。
完結巻ですが、割と綺麗にまとまって終わっていると思います。
ちょっと寂しいけれど、ネタ的に考えると丁度良かったのかもしれない。

☆あらすじ☆
“愛され”王女のひきこもり脱出劇、第2弾!!
「俺がキスした意味を考えろ――」強引な王子ベルホルトのおかげでひきこもり体質から脱却しつつある王女フェリは、別れ際、彼から言われた言葉にずっと頭を悩ませていた。そんなある日、フェリは隣国のドレスコンテストに招待される。久しぶりに会うベルはなぜか少しよそよそしくて戸惑うフェリだったが、さらに突然現れたベルの従兄・享楽王子のテオに「僕がコンテストで勝ったら君をちょうだい」と宣言されてしまって!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

前巻ラストのベルのキスの意味が分からず戸惑うフェリ。
そんな中、ベルの国で行われるドレスコンテストに招待されたフェリは、なぜかベルの弟王子テオドールと婚約を賭けて勝負することになりーー というのが2巻のストーリー。

 

新キャラ・テオの我が道をいくキャラクターがなかなか面白かったです。
こういうナルシスト気味の自信家は嫌いじゃない。そばには寄りたくないけれどw

 

彼がフェリを騒動に巻き込む一方でルディの恋が描かれていくわけだけど、個人的にはこのサブカップルにちょっとスポットが当たりすぎていた感じ。
私はもっとフェリとベルのラブコメがみたかったので・・・・・・ううむ惜しい。なんか微妙にフェリがベルと絡むシーンが少なく感じたんですよね。
ベルが(照れてるせいで)1巻よりも大人しかったことも原因かもしれない。

 

とはいえ、久しぶりの恋心をフェリが自覚する展開は良いものでした。
祝福のせいで未だに自分に自信がもてないフェリと、そんな彼女をじっと我慢して待つベルの関係は相変わらず素敵なんですよねぇ。

 

ひと騒動起こしつつも、全面的に丸く収まる大団円。
まぁアロイスにはちょっと切ないオチでしたが、彼は彼なりに今のポジションで幸せを掴んでくれるに違いない。

 

少し惜しい部分もあったけれど、全2巻で綺麗にまとめてあるし、軽く楽しめる良いラブコメだったと思います。
次回作も期待しています。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。