ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム/榎宮祐


ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム<ノーゲーム・ノーライフ> (MF文庫J)
ノーゲーム・ノーライフ プラクティカルウォーゲーム<ノーゲーム・ノーライフ> (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年12月刊。
ノゲラ短編集。
いつにも増して中二成分増し増しなのは大戦時の話だからなのかなぁ。だからなのか、いつもよりも目が滑る感じがしました。
一番面白かったのはステフの短編ですね。あとは百合にみせかけて・・・のオチにも笑ったw

☆あらすじ☆
ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】――が創られる以前。星を引き裂き永遠に続く『大戦』をゲームと断じ、終わせようとしたのは何も”人間”だけではない。多少ルールが異なっただけで、たとえばそれは、とある森精種が思い描いた未来――『星ごと皆殺しにして立っていれば勝ち』と。すなわち――”なんでもあり”とッ! 森精種シンク・ニルヴァレンが見た『もう一つの終戦』を描く書き下ろし中編に加えアニメ特典に収録されたユルくアツき短編をまとめ盛大にはっちゃけた豪華特別編! 「さぁ――戦争をはじめるのですよぉ~」

以下、ネタバレありの感想です。

 

大戦時の森精種の天才シンク・ニルヴァレンの物語。
うーん、正直あんまり面白くないというか、時系列の飛び方がわかりにくくてストーリーを追うのが大変でした。でも百合カップルの結婚かぁ、と思わせてのオチには笑ったw

 

これが今回一番面白かったです。ステフが空に挑んで目覚めかける話。
カラーイラストを見た段階で「ああ、今回もステフの受難話か」と遠い目で期待はしていたけれど、予想の斜め上を大暴走してくれましたw
ステフが変態なのは本編の割と最初のほうで分かってたよねっていう。

 

ご先祖さまたちとは違って紛う事なき百合カップルなクラミー&フィーの話。
うーん、悪くはないんだけど面白いかと言われると・・・・・・。

 

大戦時のジブリールと龍精種の話。
ノゲラでゲームせずにガチバトルを繰り広げると、熱いんだけどちょっと読みにくい。
毎度思うことだけど、著者の伝えたいイメージを受け取る力が私にはなくて、読んでて疲れてしまうんですよね。それでも面白いし、この熱さは好きだからと勢いで読んでしまうのだけど。

 

今回は短編集なんで仕方ないんですが、空と白がいないノゲラは思った以上に寂しく感じてしまいました。6巻は楽しかったんだけどな。
本編の再開が待ち遠しいです。
あ、でも劇場アニメはとても楽しみ!あれは観に行こ〜

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。