ゼロから始める魔法の書8 禁書館の司書/虎走かける


ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)
ゼロから始める魔法の書VIII -禁書館の司書- (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年12月刊。
前巻ラストで世界が一変し、物語が新展開に突入したわけですが、今回も安定した面白さでした。
シリアスで残酷なダークファンタジーなのに、合間に入るゼロと傭兵のイチャイチャに和んでしまうw

☆あらすじ☆
泥闇の魔女による悪魔召喚で、世界の半分が崩壊した。世界を救う決意をしたゼロ達は、教会騎士団とともに、北の地にあるという祭壇を目指す事に。しかし遠征部隊の隊長であるジェマは、“黒の死獣”に父を殺された過去を持っていた。しかもジェマの従卒は、傭兵の過去をよく知る男で―?“黒の死獣”の正体が傭兵であることを隠し、荒廃した世界を進軍するうち、教会騎士団は統率を失い始める。副隊長である老兵、レイラントに強く糾弾され、部隊との決別を余儀なくされるジェマ。兵の信頼を取り戻すため、ゼロ達はジェマとともに、悪魔が待ち受ける“禁書館”を目指すことになるが―。

以下、ネタバレありの感想です。

 

泥闇の魔女を探し、北のノックス大聖堂へ向かう教会騎士団の護衛をすることになったゼロと傭兵。
隊長ジェマの父親の仇が実は傭兵だったり、隊長と副隊長で揉めていたりと、初っぱなから前途多難感のぷんぷんする旅立ちでした。
すぐに仲良くなれるわけがないと分かっていても、ジェマが嘔吐するシーンは結構ショックだったなぁ(´・ω・`)

そんな彼らの進む道は悪魔が歓迎のつもりで飾った「芸術」がそこら中にあって、うぇぇええ・・・と終始具合が悪くなるほどグロい・・・・・・。
仲間うちでそんな小競り合いしてる場合じゃないでしょー・・・悪魔早くなんとかしてー・・・と思わずにいられませんでした(死)

 

騎士団内がピリピリしていてもゼロと傭兵は相変わらずノロケ合っていてほのぼの。
「魔女殿は鎖にかけられる」発言(79頁)からの傭兵とゼロのセリフにめちゃくちゃニヤニヤしてしまいました。最強カップルか。怖いけど可愛いw

でも傭兵とゼロの可愛い掛け合いに癒やされながらじゃないと読むの辛かったろうなぁとも思ったり。
まぁ毎回割とグロいのが今回もグロかっただけなんですけど。いや人間トーテムポールみたいな想像力への暴力はなかなかないか。あと「虫」っていうのが生理的に無理ぃ・・・・・・

 

それはさておき、今回のメインステージはサブタイトルにもなっている「禁書館」。
あとがきでも書いてありましたが、響きがファンタジー好きの心をくすぐるものがありますよね。禁書だけを集めた図書館とかドキドキする。
しかも口絵イラストの書庫も最高でしたし。ほんとこのシリーズ、ファンタジー好きがニヤニヤする設定とビジュアルを用意してきますよね・・・!

 

そんな禁書館を陣取る悪魔との戦いが描かれ、新たな旅の同行者(?)を手に入れたところで次巻に続く。
副隊長も意地を張るどころじゃなくなったみたいだし、次巻はもうちょっと仲良く進軍できるのかな?
それと、あとがきに「ラブコメしたい」と書いてあったのでめっちゃ期待しています。
別行動をとっているリーリと神父のやりとりもニヨニヨしちゃう雰囲気だったし、彼らとの再会も楽しみです。

 

というわけで9巻に期待!
アニメスタートのあたりで発売されそうな予感。アニメも待ち遠しいです。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。