指輪の選んだ婚約者/茉雪ゆえ


指輪の選んだ婚約者 (アイリスNEO)
指輪の選んだ婚約者 (アイリスNEO)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
面白かった〜〜(n´v`n)
人見知りな「氷の貴公子」が指輪を投げたら刺繍大好き令嬢に当たりました。なので婚約します! というラブコメ。
偽装婚約モノの王道をいく物語で、社交下手な婚約者をフォローするために頑張るヒロインに好感がもてるし、ほのぼのしたカップルが可愛くて癒やされました。
なによりテンポが良い。脇キャラ含めて登場人物みんな面白い人ばかりで、キャラ同士の掛け合いが軽快ですごく楽しかったです。
たくさん笑えて甘さも堪能できる良い少女小説でした。

☆あらすじ☆
社交や恋愛に興味がなく、刺繍だけをして生きていたい伯爵令嬢のアウローラ。今日も夜会で壁の花になっていた彼女にぶつかってきたのは、ひとつの指輪。そして、””氷の貴公子””と名高い美貌の近衛騎士・クラヴィス次期侯爵の「私はこの人を妻にする!」というとんでもない宣言で……!? 第三回アイリス恋愛ファンタジー大賞銀賞受賞作が、大量書き下ろしで満を持して登場☆

以下、ネタバレありの感想です。

 

「指輪の選んだ婚約者」というタイトルから、「王様の剣」みたいな感じでヒロインが魔力か何かの力がある指輪に選ばれるのかな・・・・・・って予想していたんですが。

 

まさか「酔っ払いが適当に指輪(しかも家宝!)を投げたらヒロインに当たったので婚約します!」って話だとは。

 

いや、私の予想も的外れじゃないのは最後まで読むと判明するのですが、この最初のインパクトが強烈すぎてw 土下座付きなんだものww

 

というわけで、出会って1日で「氷の貴公子」フェリクスに土下座された伯爵令嬢アウローラ
互いに都合の良かったことから、偽装婚約関係を演じるになった2人は、ラブコメ満載の婚約者生活を送ることになるのです。

 

とにかくキャラが生き生きしていて、彼らの軽快な掛け合いでサクサクと読める楽しい作品でした。
刺繍が好きすぎてちょっとイッちゃってるところがあるアウローラ。侯爵家嫡男なのに人見知りで口下手で表情筋も仕事していないフェリクス。
他にも、妹よりも美女で儚げな兄・ルミノックスとか、フェリクスに女性への苦手意識を植え付けた強烈な母娘。そして、フェリクスにライバル意識を燃やしすぎた結果ホモ疑惑からのマゾ開眼というミラクルをきめた同僚・・・・・・。
個性的な登場人物たちがみんなで元気いっぱいに物語を盛り上げていて、誰かが何かを言う度にケラケラ笑ってしまいましたw ほんと楽しかった!

 

フェリクスとアウローラの恋もとっても良かった。
特にアウェーな夜会にふたりで乗り込むシーンが好き。
コミュ障すぎて放置したら人生大損しそうな婚約者(仮)を必死でサポート&フォローするアウローラの健気さが素敵なんですよねぇ。
自身も社交が得意というわけではないだけに、フェリクスのために努力しているのが伝わってくるんです。こんな子、惚れるに決まってるでしょ。

そんな彼女に好意を抱いていくフェリクスにもニヨニヨ。口下手な彼だけに「少しずつセリフが長くなっていく=心を開いていく」というのが分かりやすくてすごく萌えましたw

互いの趣味を理解しあえて、沈黙の時間まで心地よいのは良いカップルだと思うのです。このふたり、ほんと和む。

 

趣味と言えば、アウローラの趣味に合わせてたくさんの刺繍が登場するのですが、これがまた物語を華やかに飾っていたと思います。
ただもっとイラストで見たかったかな。私の貧弱な想像力め・・・!

 

ストーリー的にはとても王道なんだけど、人付き合いが不得手で恋も初めてなふたりの、初々しくも焦れったい関係をとても丁寧に描いた作品だと思います。
良い少女小説でした。茉雪ゆえさんの次回作も期待しています!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。