2016年11月のおすすめライトノベル


ちょっと遅くなりましたが11月の月間マイベストラノベを紹介したいと思います。

11月は大豊作な月でした。ハマる新作が多かったし、シリーズものの新刊も面白いものがたくさんあってホクホク。
このラノも発売したし、そろそろ年間ベストを考えていく頃合いですねぇ。

それでは、以下に続きます。

 

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告

インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告 (角川スニーカー文庫)
【永菜葉一著/角川スニーカー文庫】
「2029年12月31日23時57分の未来が視える」という謎の奇病「夢現譜症候群」。
「未来視の集団感染」という異常事態に混乱する世界を舞台に、大量殺人鬼となる未来を視た少年レオが、自分を救う可能性を持つ少女ティアと出会ったことから動き出す物語です。
未来を知ることによって生じる問題や時間SFな的テーマを掘り下げつつ、ユニークな異能が衝突するバトルは疾走感が抜群。
残酷な未来に苦悩し、なお抗おうとするレオの戦いを描く青春小説としても面白かったです。
魅力的な悪役が登場する小説を読みたい方にもおすすめ!

「インスタント・ビジョン 3分間の未来視宣告」感想記事はこちらから

 

 

幸せ二世帯同居計画 〜妖精さんのお話〜

幸せ二世帯同居計画 ~妖精さんのお話~ (電撃文庫)

【五十嵐雄策著/電撃文庫】
ホームレスとなった主人公兄妹が転がり込んだ先は一人暮らしの同級生宅。
家主に内緒でこっそり始まる「幸せ二世帯同居計画」は、やがて新しい家族の絆を育んでいくことになるのです。
血のつながりがなくても、一緒に暮らして笑って泣いて助け合って、そうしてみんなで「家」を守ろうとするのなら、その関係を「家族」と言わずに何と呼ぶのか。
ヒロインの「妖精さん」として彼女を癒やして支えていく主人公が格好良く、甘酸っぱいラブコメも堪能できる作品でした。

「幸せ二世帯同居計画 妖精さんのお話」(感想記事はこちらから)

 

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット

ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット (電撃文庫)
【渡瀬草一郎著/電撃文庫】
和風ホラーファンタジー+VRMMO+探偵&戦巫女、というSAOスピンオフ作品。
実はSAO本編はまだ7巻までしか読んでないのだけど、マザーズ・ロザリオ絡みのエピソードということで読んでみたらめちゃくちゃ面白かった新シリーズです。
7巻まで読んでいれば問題ない内容だと思います。
SAO事件の爪痕を外からみせるところがまさに外伝的。主人公の抱えた秘密を知った時、背筋がゾッとしつつもとても切なくなりました。

「ソードアート・オンライン オルタナティブ クローバーズ・リグレット」感想記事はこちらから

 

双剣の乙女 待ってて、わたしの旦那様!

双剣の乙女 待ってて、わたしの旦那様! (一迅社文庫アイリス)
【こる著/一迅社文庫アイリス】
素敵な結婚に憧れるのに、あまりにも強くて結婚相手が見つからない村娘・ウィルラ。
素敵な旦那様に出会うために旅に出たものの、ウィルラが惹かれたのは意地悪な冒険者の青年。でも冒険者との結婚は嫌なのに! というラブコメ。
ひょんなことから恋人のフリをしているうちに、なんだかおかしな方向に転がっていく二人の関係にとてもニヤニヤしましたw 糖分補給におすすめ!

「双剣の乙女 待ってて、わたしの旦那様!」感想記事はこちらから

 

悪辣執事のなげやり人生

悪辣執事のなげやり人生 (レジーナブックス)
【江本マシメサ著/レジーナブックス】
傍若無人な女執事アルベルタが、マイペースに仕事するうちに家族関係が壊れた伯爵家を変えていく、という物語。
主家への忠誠心はなく、要領がよくて図太い性格。しかし仕事ぶりは有能で色っぽさは未亡人級。そんなアルベルタのキャラクターがとにかく格好良くて爽快でした。
人生なげやりの女執事と人生やけくその元軍人伯爵のラブコメとして笑えて萌えて楽しい作品。伯爵のヘタレでやけくそ気味な奮闘は必見です。

「悪辣執事のなげやり人生」感想記事はこちらから

 

浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。

浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。 (富士見L文庫)
【友麻碧著/富士見L文庫】
前世が大妖怪という女子高生が、浅草のあやかしたちのために釘バット片手に奮闘する爽快活劇。
個人的にはラブコメがほんと最高で、前世が夫婦の高校生カップルが可愛すぎて転げまわりました〜。心配性鬼嫁とツンデレ夫の尊さ!
軽快な夫婦漫才の一方で、背景にある事情が重かったり今後のトラブルを予感させる不穏な気配があったりと、コメディとシリアスのバランスも絶妙。
今後どんどん面白くなりそうな期待しかありません。
同レーベルの「かくりよの宿飯」シリーズとは姉妹作品で、かくりよ読者的にはニヤッとできる箇所もあったり。

「浅草鬼嫁日記 あやかし夫婦は今世こそ幸せになりたい。」感想記事はこちらから

 

木もれ日を縫う

木もれ日を縫う
【谷瑞恵著/集英社】
疎遠な関係の三姉妹のもとに突然現れたのは、行方不明だったはずの母親。
嫌っていた母の存在をきっかけに、自分を見失いそうになっていた三姉妹の心に変化が生まれていくのです。
何を価値あるものとみるべきか。その難しい問いかけの答えへと「山姥」の母が優しく導いていくれる物語です。
母によって結び直されていく三姉妹の絆を、パッチワークに例えていく語り口はとても柔らかで素敵でした。
その一方で、彼女たちが母に覚える違和感には理由があり、その秘密に迫っていくミステリーとしても読み応えあり。
謎が明かされる終盤は目頭がぐっと熱くなり、自分の両親に優しくしたいと思わずにいられませんでした。

「木もれ日を縫う」感想記事はこちらから

 

セレクションⅠ 片恋協奏曲

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)
【キーラ・キャス著/ポプラ文庫】
王子妃を決めるセレクションに参加することになった庶民の少女アメリカ。
セレクションによって人生が一変してしまっても、自分らしさを貫き、自分の人生を自分で選ぼうとする気概のあるシンデレラの物語です。
少し世間知らずだけど包容力のある王子、身分差ゆえに破局したけれど未練のある元彼。
そんな2人のヒーローの間でアメリカが恋心を揺らす三角関係も楽しめる王道ラブロマンスでもあります。
また、厳格な身分制や反乱組織の存在、そして「アメリカ合衆国のあとに建国した王国」が抱える秘密など、ミステリアスな世界観も魅力的な作品でした。

「セレクション1 片恋協奏曲」感想記事はこちらから

 

詐騎士外伝 薬草魔女のレシピ

詐騎士外伝―薬草魔女のレシピ〈1〉 (レジーナ文庫)
【かいとーこ著/レジーナ文庫】
「詐騎士」本編から6年後の世界を、薬草魔女を新主人公として描く外伝シリーズ。
この外伝そのものの面白さをとにかく押したい・・・・・・!
「いかに美味しく健康に食事を楽しむか」という理念を掲げる主人公が、ハーブの豆知識やそれを使った料理がたくさん披露してくれる作品です。
プロ意識の高い薬草魔女が人々に優しくアドバイスしていくお仕事小説としても面白かったし、失恋少女と腹ペコ青年の初々しくてほのぼのするラブコメとしても楽しい作品でした。

「詐騎士外伝 薬草魔女のレシピ」感想記事はこちらから

 

異世界迷宮の最深部を目指そう8

異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)
【割内タリサ著/オーバーラップ文庫】
一気に話が進んだ第8巻。
因縁の敵との戦いに決着がつきつつ、物語の根幹を揺るがす様々な事実が明らかになりました。
めちゃくちゃ面白くて大興奮。今後の展開が楽しみすぎる・・・!

「異世界迷宮の最深部を目指そう8」感想記事はこちらから

 

エイルン・ラストコード 〜架空世界から戦場へ〜 5

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 5 (MF文庫J)
【東龍乃助著/MF文庫J】
第一部完結。
穏やかな日常が崩れゆく姿に鳥肌たちっぱなしでした。
主人公の熱さにつられて沸騰した頭を、ラストの展開が冷や水ぶっかけてくれました。ここからどう進むのかまったく読めない・・・・・・。

「エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 5」感想記事はこちらから

 

以上です。
12月も当ブログをよろしくお願いします!(^o^)

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。