【漫画読了メモ】2016年11月分


2016年11月に読んだ漫画の感想メモです。
新規開拓で特に面白かったのは「箱庭のソレイユ」「兄友」。
シリーズものだと「テンペスト8」「菜の花の彼10」「妄想テレパシー2」かな。「菜の花の彼」はほんと最高。
12月はもうちょっと新規開拓できるといいのですが。
月ごとの漫画読了メモを付け始めてから漫画を漁りたい衝動にかられているし、「このマンガがすごい!」でもチェックしてみようか検討中。

 

 

1〜2巻。
5年前、大好きだった先生が親友に殺された。
その事件への疑問を捨てきれない女子高生・あさひが、先生の弟・伊月と出会ったことから、彼と一緒に事件の真相を探ることを決意する、というミステリー。
加害者と被害者の一番近くにいた少女、少年事件被害者の遺族、そして加害者とされる少年。
3人が出揃って複雑な関係性が生まれたところで1、2巻は終わっているけれど、物語の導入としてはかなり良い出来。
殺人事件を扱うミステリーでありつつ、少女漫画らしい柔らかな雰囲気やラブロマンス的な甘さもあって、そのバランスがとても好みだった。
事件を追う先に何が待っているのか。3人の関係はどうなっていくのか。
まっすぐに人を見るあさひは凜としてて素敵だし、あさひにときめく伊月さんは可愛いし、幼なじみ萌えな天使も良さみが深い。だから誰も不幸にならない結末だといいなぁ。
この続きが楽しみでしかたない。

 

1〜2巻。
兄の友達と恋するから「兄友」。なるほどわかりやすい。
ワンコ系男子高校生と所帯くさい女子高生のラブコメ。
兄と妹の部屋を隔てる防音性0の壁が最高に良い仕事をしている。

Q. 隣の兄部屋から「妹さん・・・可愛いな」というボーイズトークが聞こえちゃった妹ちゃんの反応を答えよ。

A. 悶える。(私も)

 

1巻。
高校の天文部を舞台に、女子力高い(というよりオカン気質)男子高校生と不登校気味の女子高生の甘酸っぱい青春を描いた作品。
しのくんの純情がとても可愛くてきゅんきゅんする。
ラストの展開的に話が動くのは2巻からなんだろうなぁ。ひきこもりと世話焼きのラブコメとしても面白かったけど、そこに全く異なる要素が入ることでどう変化するのか楽しみだ。

 

1〜3巻。
カースト底辺女子とカースト頂点男子のラブコメって色々あるけれど、ネガティブが一周回って芸人芸のようになっている影野のキャラがとにかく面白い。
女避け目的に頼まれた「彼女のフリ」から始まるベタな話だけど、とにかく影野の空回りが楽しくてコメディとして満足できる作品。
影野の光永さん信仰は末期で、割と本格的にキモさを感じたりするんだけど、それを笑って受け入れる光永は確かに神ってる。
続きも読まねば。

 

お嬢様女子校に通うワイルドな女の子と優等生な女の子が一緒に恋愛について研究する4コマ。
「河合荘」の宮原さんだから期待してたんだけど、ちょっと1巻だけじゃよくわかんないかなぁー。
2巻以降も読んでみる。

 

1巻。
無愛想なイケメン教師に奴隷認定されたあげく迫られて・・・・・・という学園ラブコメ。
うーんうーんうーん・・・・・・色々テンプレなんだけど展開が粗すぎてもはやぶっ飛んでる。
とりあえず、主人公のクラスメイトが美少女小学生に一目惚れした展開だけは評価する。意味分からなすぎて笑った。あれは「私のお兄ちゃんもロリコン(だから気にすることないよ)」発言を出したかっただけか。ちなみに「お兄ちゃん」とは浅見先生のこと。

 

少女漫画家男子の学園コメディー第8弾。
毎度毎度、夜中に読んではバカ笑いしてしまう。読む時間ほんと考えないと。
乙女ゲームをみて語りたくてソワソワしはじめる男子高校生かわいすぎるけど、鹿島くんのアルバイトを保護者たちが参観しにくるエピソードが一番好きかな。図書室で文通するやつも笑い死ぬかと思った。

 

7巻〜8巻。
男性が絶滅した世界に生まれた唯一の男と、同じく絶滅に向かう女性たちを描く遠未来SF。
7巻で姫がガチのオッサン化したときは世界の破滅・・・!とか思ったし、局長と皇がああなっちゃったのには心で悲鳴をあげたんだけど、8巻が最高に幸せすぎて昇天しそうだった。
ていうかツンツンからツンデレになった皇が可愛すぎて死ぬ。隣ポンポンでいそいそと寄ってくる皇が尊すぎて死ぬ。あと姫がふつうにイケメン。
「・・・優しくしないで・・・!!」「・・・・・・いいよ」のやりとりには萌えが詰まってる。
ようやくハッピーエンドに向かうのかと思いきや、そう上手くいかないのがこのシリーズの読めないところ。続きもめっちゃ楽しみ。

 

心が読める中野さんと心の中はエロでいっぱいな戸田くんのラブコメ第2弾。
Twitter連載を毎日楽しく追いかけてるけど、単行本で一気読みしてもやっぱり面白い。
この2巻を読むとマナちゃんが好きになりすぎる〜。中野さんとの友情にほのぼのしちゃう。
書き下ろしも1巻より多くて嬉しかった。
そしてラストは「ここで連載休止かよ!?」ってぐぬぬったアレ。
ここからの怒濤の回想ターンが最高に萌えるから早く3巻が欲しい〜〜!

 

もはや主人公本人より、彼女を巡る今彼と元彼の物語と化している三角関係ラブ第10巻。
毎度ドロドロしいのになぜこんなにニヤニヤと口元が歪んでしまうのか。楽しい。楽しすぎる・・・!
闇属性なヒーローが好きだから「鷹人のハッピーエンドほしい〜」とか思っていたけど、そのルートだいぶやばくなってきた。鷹人と一緒に泣く桜治が怖すぎる。ホラーか。
菜乃花が本当に幸せになれる相手はやっぱり隼太なんだろうし、たぶんそれが一番無難なんだろうなぁ。
鷹人の菜乃花への想いは、まっすぐ届けるには歪みすぎてるしね。でも、これだけ歪んでても「好きだ」って気持ちだけは純粋で健気だから鷹人ルートへの期待を捨てきれないわけで・・・・・・。
あああ・・・・・・やっぱり紙本で11巻買ってくるべきか・・・! 電子版の配信遅いよぉおおおお!!

 

好きな人に振り向いてほしくて俺様女子になった三月ちゃん。相変わらず色々と勘違いしてる。
新キャラの純情ヤンキー少女とかドMヤンキー少年とか、ラブコメのフラグはそこら中に立ってるのに回収される気配がなくて笑える。あ、でも主人公の三月ちゃんのラブコメは順調か。
三角関係になるのかと思ってた師匠は初めてできた男友達に夢中だし、もうそっちはそっちで遊んでてください┌(┌^o^)┐

 

ようやく再会した〜〜〜!!!
もうほんと長かった。しかし次なるトラブル(?)も発生??
こんなサバサバした偽物の側室とか、ニケはあんまり気にしそうにないけどなー。ただ恋愛系の情緒が育ってきてるみたいだし、一波乱くるだろうか?

 

2巻の表紙と1巻の表紙の見分けがつかないぞ・・・?
相変わらず「〜だわ」口調に違和感はあるけど、それはさておき可愛いラブコメ。
蒼くんがどうして真昼を好きなのかという理由が明らかに。彼の闇が深そうなのがちょっと気になる。
真昼のコンプレックスの原因である妹ちゃんがラブコメに本格参戦したら面白くなりそうだな〜

 

ロミジュリな関係だから周囲にバレないようにいちゃいちゃしよう!っていう学園ラブコメ第3弾。
はぁ〜〜このカップルほんと死ぬほど可愛い〜〜って語彙力迷子になってた。
ロミジュリ要素ほぼ死んでるし学園卒業したら問題なさそうとか思ってたのに、ここにきてどうも危うい雰囲気・・・・・・。
学園の外がどんな状況なのか気がかりだなぁ。

 

逆異世界転生学園ミステリーの第14巻。
誰が何を知っていて、誰に何を隠しているのか。そして裏切り者は誰なのか。
情報が出ても真相に近づかず、ますます謎が深まり混迷していくというのがほんとに面白い。
でも前世の記憶に囚われまいとしているのに、どうしても感情が揺れてしまう彼らの姿はきついものがあるなぁ。
あと槙と七浦の関係がちょっと切ない・・・・・・。

 

セバスチャンが黒執事してる第20巻。
シエルの過去、ほんとにどうなってるんだ??
そして緑の魔女の正体、というか村の正体にびっくり。恐ろしいくらいリアルなオチを用意するよな・・・って戦慄した。
村の因習で足を奪ったことよりも、こういうエゴイズムで足が奪われたことにゾッとする。

 

ゆるふわ魔界ラブコメ第3巻。
さっちゃん可愛いよさっちゃん! でもそこで赤い実はじけるのはダメだ・・・・・・!
水着回唯一の不満点はスリングショットベルの正面からの絵がなかったことですね。いやでも背中だけでも相当やばいけど。これはミュリンに見せたら失血死確実。
ベルの質問に顔を隠しながら答えるミュリンが尊すぎて萌え死んだ。
ベルままのカップルはほんとみんな可愛いなぁ〜〜〜!

 

昭和モダンな幻想ミステリー第8巻。
意外なカップリングにびっくり。妹ちゃんはなかなかの肉食女子だね。
ていうか、おいおいおい、高月くんと美和子のデェトを外野からしか見れないってどういうことですかね・・・!?
ちゃんと9巻では見せてくれるんでしょうかね・・・!?
それはそうと痴話喧嘩するゲスト夫婦のエピソードが可愛すぎてやばかった。他意は全くありません。好意しかないもんね!

 

パンクな妖怪大戦争シリーズ第14巻。
月彦がなんか可愛くみえてきたが、残念ながら千両は処さねばなるまい。
それはさておき、螢おめでとー!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。