Babel 2 剣の王と崩れゆく言葉/古宮九時


BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)
BabelII ‐剣の王と崩れゆく言葉‐ (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
物語が動き始めたことで、さらに面白くなってきた異世界ファンタジー第2弾。
保護者であるエリクの過去が掘り下げられたり、なかなか魅力的なキャラクターが登場したりと、人間ドラマとしても読み応えが増してきました。
「言語」にまつわる独特の世界観も意味深だし、続きがとても気になります。

☆あらすじ☆
『―立ち去るがよい、外部者よ』
ついに辿り着いた、魔法大国ファルサス。しかし世界を害する“異物”と判ざれた雫は、非常にも王・ラルスに剣を向けられる。ラルスと戦う決意をし、瀕死の重傷を負った雫だが、その一方でエリクは過去を追憶する。自らが殺した、ある一人の少女のことを…。そして“死者蘇生”の禁呪による事件で国中に暗雲が漂うなか、雫とエリク、二人の運命は分岐点を迎え―。

以下、ネタバレありの感想です。

 

ついに目的地である魔法大国ファルサスに到着した雫とエリク。
しかしそこで待っていたのは雫を「外部者」として殺そうとする王・ラルスと、エリクの過去の因縁で・・・・・・という第2巻。

 

新キャラのラルス王、最初は怖い人だとビクビクしたのに、その正体は怖面白い人でした。
一悶着を経てちょっと仲良くなった(?)雫と王様の掛け合いが好きです。雫への仕打ちは理不尽だし普通にイジメなのに、なぜか嫌いになれない愛嬌がある王様ずるい。

 

そしてファルサスでまたも巻き込まれた禁呪騒動に絡み、掘り下げられていくのはエリクの過去。
重い・・・・・・!
エリクには何一つ非はないはずなのに、罪悪感を植え付けられる気持ちもすごくわかるというか、そういう塩梅が絶妙なエピソードでした。しかしカティリアーナの正体にはびっくりした・・・・・・。

 

さて、そんな感じでエリクが過去にケジメをつけつつ、物語全体もどんどん動き始めている様子。
「言語」というものへの考え方の違いにゾッとしつつもワクワクします。こういう根源的なところで常識が食い違うと「ああ、これは異世界の話なのだ」と呆然としてしまいます。
しかし、そういう世界に雫が迷い込んでしまったことにはどんな意味があるんだろう。

 

子供たちの言語障害、この世界への「干渉者」、そして最後に迎えにきた男たちと「妖姫」の待つ大国。

さぁなんだか楽しくなってきたぞ!ってところで次巻に続くいてしまいました。これは続きが気になる!

 

ただ、なんとなくあとがきがちょっと不穏なのが気になるんですよねー・・・
刊行予定が未定で、謎が気になるならWEB版もどうぞって、これはもしや・・・・・・((((;´・ω・`)))

 

とりあえず、この巻の直後の雫の様子を見にWEB版へ直行しようと思います。我慢できないから!

Babel(小説家になろう)

 

3巻以降も書籍で出してくれると信じてます!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。