双剣の乙女 待ってて、わたしの旦那様!/こる


双剣の乙女 待ってて、わたしの旦那様! (一迅社文庫アイリス)
双剣の乙女 待ってて、わたしの旦那様! (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
素敵な結婚に憧れる可愛い乙女心と、まるで可愛げのない冒険者顔負けの実力に板挟みにされる少女の冒険ラブコメ。
この主人公、とても負けん気の強い性格で売られた喧嘩を買うために偽装恋人を作ったりするのだけど、「恋人のフリ」にしてはやりすぎじゃない??ってくらい思い切りよくいちゃいちゃしてました。お酒ってこわいね。
お相手の意地悪系敬語ヒーローは、序盤の塩対応から一転した押しっぷりが半端なくてニヤニヤw
一応話は綺麗にまとまっているものの、最後の展開的にシリーズ化したら絶対楽しくなる設定だと思うんですよねぇ。どうにか続いてくれないかしら。

☆あらすじ☆
冒険者の母に鍛えられた村娘ウィルラの夢は、ごく普通の男性とごく普通に結婚生活を送ること。なのに、強くなりすぎたせいで村の男達からは、全く結婚相手として見てもらえない!! 焦ったウィルラは、村を訪れた冒険者アンフィル達に頼み込み、素敵な旦那様を探しに村を旅立つことにしたけれど……。危険な職業で連絡が不定期な冒険者は、理想の旦那様とは正反対なのに。なんで意地悪なアンフィルにドキドキしちゃってるの!? 幸せな結婚を夢見る最強乙女の冒険ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

身体から武器を出現させることができる珍しい「武人」
主人公は、武人の中でもさらに珍しい双剣を出現させることができる少女・ウィルラ
普通の男より強いせいで村では結婚相手を見つけることができなかったウィルラが、理想の旦那様を求めて旅に出るところから物語はスタート。
前半は冒険者のアンフィルボルッツに同行する慣れない旅路、後半はアンフィルを付け狙う貴族令嬢のトラブルに巻き込まれていく、という感じで話は進んでいきます。

 

この貴族令嬢がとても厄介なワガママ娘なのだけど、彼女に売られた喧嘩を真正面から買うウィルラもたいがい負けん気が強い主人公なんですよねー。
ざまぁするためにアンフィルと恋人のフリをして令嬢に見せつけるって・・・・・・こういう発想をする少女小説主人公って珍しいのでは。
結婚に夢を見まくってる乙女思考と、剛胆で負けず嫌いな武闘派キャラが両立した面白い主人公だったと思います。
まぁその二面性に板挟みされる話でもあるんだけど。
実は守られる必要がないくらい強いのに、「守るよ」って言われるだけでときめくウィルラはちょろ可愛いw

 

そんなウィルラと偽装恋人関係になるアンフィル。
中盤以降の押せ押せモードにはニヤニヤしまくりでしたw
なんかキスシーン多いしね! その場面で!?ってとこでもキスしてるしね。
最初は「このヒーロー、もしや酒乱・・・?」とか思っていたのだけど、誘拐先の役得発言を見るに普通に暴走気味な人なのかもしれません。
最初の塩対応から一転しての溺愛だったけど、よくよく読むと結構段階を踏んで態度が軟化していってるんですよねー。お酒はきっかけかな。
でもウィルラの方は完全に酒の勢いだから、やっぱりお酒はこわいこわい。

 

キャラやストーリーは良かったけれど、構成的にはちょっと残念な部分も。
せっかく「貴族令嬢の企みを打ち破る」という山場があるのに、その後にウィルラの冒険者登録や初任務のエピソードが入ったことで間延びしているように感じられたんですよね。終盤の構成が微妙に締まらなくて惜しい。
まぁシリーズ化する保証がないから、そこまで書きたかったのかもしれないけれど・・・・・・。

 

構成的な不満を言っておいてなんなんですが、終盤の展開自体はすごく好みでした。
「武人」としてのウィルラも、乙女なウィルラも全部受け入れるアンフィルは格好いい。まぁノリはすごく体育会系というか脳筋というか(読書メーターで見かけた「戦闘民族の溺愛」というレビューが的確すぎて・・・)

 

あと、冒険者のふりをして各地を諜報活動する政府関係者って、暗行御史とか水戸黄門みたいなアレですよね? それ私めっちゃ好きな設定なんですけど!?
2巻があればこの設定からスタートするのか・・・・・・

 

冒険者として冒険をし、お上の目を欺く悪をこらしめ、隙あらばウィルラとアンフィルがいちゃつき、それをボルッツが生温かい目で祝福する話が読みたい!

 

というわけでシリーズ化を熱望してます(^o^)/

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。