セレクション1 片恋協奏曲/キーラ・キャス

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)
([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年10月刊。
これは「シンデレラ・ストーリー」ではあるけれど、選ばれるのを待つだけの受け身なシンデレラではありません。
自分の人生は自分で選んでみせる! という気概のあるシンデレラなのです。

物語の主人公は、王子妃を選ぶセレクションに参加し、王子への淡い恋と元彼への未練で心を揺らす庶民の少女。
状況に流されず「自分らしさ」を貫こうとする彼女は、セレクションの先に何を選び取るのか。
その選択を見届けたくなる、王道にして刺激的なラブロマンスです。

近未来を舞台にしながら中世的な雰囲気を醸す世界観も魅力的。
厳格な身分制や反乱組織の存在が物語をシリアスに引き締め、その影に見え隠れする謎には好奇心をそそられました。

今後の展開に期待が高まる三部作の序章。この続きがとても楽しみです。

 

ちなみに、気になる方はAmazon商品ページに掲載されているイラストをチェックしてみるのも良いと思います。巻末掲載のあとがきです。

([き]3-1)セレクション I 片恋協奏曲 (ポプラ文庫)

表紙絵師さんが作品の魅力(というか萌えポイント)をイラストでわかりやすく紹介されていて、メイン3人のキャラクターを把握するのに丁度良いですよ。ネタバレは控えめ。
このあとがき、絵師さんの萌えポイントが私の萌えたポイントを網羅していて、わかるー!それわかるー!!ってブンブン頷いてました。ほんとわかるー!

☆あらすじ☆
少女たちが王子を巡って闘う、まったく新しいシンデレラ・ストーリー!
厳格な身分制が支配する近未来の王国を舞台に、全国から集められた少女たちが王子の心とプリンセスの座を巡って熾烈なバトルを繰り広げるイベント、「セレクション」。
およそ20年ぶりに開催されることが決まり、ひょんなことから超庶民・アメリカが候補者に選ばれてしまう。失恋したばかりの彼女は半ばヤケクソで王宮に向かうが、そこで待っていたのは、変わり者の王子と――超個性的なライバルたち!
厄介な元カレが現れるわ、王国の黒い陰謀に巻き込まれるわで、こんなの、全然「プリンセス」じゃない! 乙女の闘いを勝ち残り、プリンセスになるのは誰だ――? そして、厄介な三角関係の結末は――?
女性も男性も胸キュン&ハラハラ間違いなし、超肉食系シンデレラ・ストーリー三部作、お見逃しなく!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む セレクション1 片恋協奏曲/キーラ・キャス

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 5/東龍乃助

エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 5 (MF文庫J)
エイルン・ラストコード ~架空世界より戦場へ~ 5 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年11月刊。
第一部完結。
もう本当に熱くて面白かった!!
穏やかな日常はフラグですよね分かります・・・・・・それにしたって最後の展開はやばい(; ・`д・´)
次巻から新展開に入るのかな。とても楽しみです。

☆あらすじ☆
TVアニメ『ドール・ワルツ・レクイエム』から、エイルン=バザットが召喚されて数ヶ月。遂に氷室義塾に反攻のチャンスが訪れた。米国政府の確約を取り付け、日本を半世紀守護してきたネイバー七番機・明星の奪取計画が実行に移される。結城武蔵から明星のパイロットを譲り受けるのは、武蔵を父のように慕ってきた七扇大和。「――これからは……俺がヘキサを守ってやる」後戻り不可能なバレッタ条約の違反という諸刃の剣ともなるカードを切る氷室義塾。そして、本物の氷室夏樹についての驚くべき真実が雷鳥から語られて――!?
爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第五弾!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 5/東龍乃助

鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠/友麻碧

鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠 (幻冬舎文庫)
鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠 (幻冬舎文庫)

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
「かくりよの宿飯」シリーズの友麻碧先生の新作。11月だけで2作めですね。
こちらは和風(というよりアジア系無国籍風?)な異世界に迷い込んだ女子大生が、仙人に弟子入りして薬師修行に励むというファンタジー。
様々な効能の薬膳料理を作ったり、人のためになる薬品を一生懸命考えたり作ったりするお話でした。
元の世界では複雑な家庭環境で育ち居場所がなかった主人公が、見知らぬ世界で新しい家族と居場所を手に入れるハートフルな物語としても良かったです。
色々と謎があるからシリーズ化するのかな?

☆あらすじ☆
孤独な女子大生・千歳は、二十歳の誕生日に神社の鳥居を越え「千国」という異界に迷い込む。イケメン仙人の薬師・零に拾われ彼の弟子として働くが、「この安本丹!」と叱られる毎日。しかし、客を癒す薬膳料理を作るうちに、ここが自分の居場所に…。そんな中、夢で自分を探す家族の姿を見てしまう。ほっこり師弟コンビの異世界幻想譚、開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 鳥居の向こうは、知らない世界でした。 癒しの薬園と仙人の師匠/友麻碧

異世界迷宮の最深部を目指そう 8/割内タリサ

異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)
異世界迷宮の最深部を目指そう 8 (オーバーラップ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年11月刊。
面白かったー!!
ついにパリンクロンとの戦いに決着がつく第9巻。
1巻冒頭からの様々な謎が明らかになる重要な1冊でした。
二転三転する「真実」にハラハラし、熱いバトルにドキドキし、そして最後の展開が予想外すぎて呆然。
あまりの熱量に完結かと思いきや、物語はまだ続く様子。
今後の展開もとても楽しみです!

☆あらすじ☆
――それは千年前の契約。使徒の力を受け継ぐという使命。『英雄』と『化け物』たちの戦いを続ける遊び。『境界戦争』の中で誰もが『運命』や『生まれ』に振り回され、契約を果たすパリンクロンの計画をもはや誰も止められない。戦場でついにパリンクロンを捉えたカナミは、千年前の再来を止めるべく仇敵に戦いを挑んでいく。『世界奉還陣』の発動する戦場が紫水晶(アメジスト)の魔力に満たされ、再び始まる第二十の試練――。
「――『ああ、我こそが死罪人』『闇の理を盗むもの』――」
心に宿す運命(かのじょ)に『誓約』を果たしたその時――少年は『最深部(しんじつ)』を暴く者となる。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界迷宮の最深部を目指そう 8/割内タリサ

皇太后のお化粧係/柏てん

皇太后のお化粧係 (角川ビーンズ文庫)
皇太后のお化粧係 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
メイクアップアーティストの主人公が中華風異世界にトリップし、女性達を綺麗にしながら陰謀渦巻く後宮で戦う物語。
陰謀も恋愛もちょっと駆け足気味だったけれど、特技持ちの主人公の活躍が楽しい作品でした。私もメイクしてほしい・・・!

☆あらすじ☆
メイクアップアーティストの卵、後宮で美を武器に無双します!
ある日突然、中華風の異世界へトリップしてしまったメイクアップアーティストの卵・鈴音。現世で鍛えたメイク術で妓女を相手に大活躍するが、皇太后の悪事を暴くためお化粧係として後宮へ潜入することに!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 皇太后のお化粧係/柏てん

アサシンズプライド 4 暗殺教師と桜乱鉄道/天城ケイ

アサシンズプライド4 暗殺教師と桜乱鉄道 (ファンタジア文庫)
アサシンズプライド4 暗殺教師と桜乱鉄道 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
前巻で予告されていたラブコメ回。
主従モノのお約束な逆転劇が楽しかったし鉄道を使った旅路もバトル満載で良かったけれど、全体的には新展開への準備回な感じかな?

☆あらすじ☆
「わたし、先生のこと何も知らない」旅の空に少女の心は揺れ……
春休み、師弟は豪華列車で旅行中。ただしクーファは竜騎士公爵の影武者として、メリダはメイドとして。いつもと違う立場や旅先での出来事に、2人の心はさざめく。そんな中、列車が公爵を狙う暗殺者に襲撃され……

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む アサシンズプライド 4 暗殺教師と桜乱鉄道/天城ケイ

木もれ日を縫う/谷瑞恵

木もれ日を縫う
木もれ日を縫う

評価:★★★★☆
2016年11月刊。
疎遠な関係の三姉妹のもとに突然現れたのは、行方不明だったはずの母親。嫌っていた母の存在をきっかけに、少しずつ三姉妹の心に変化が生まれていく。
本当の自分とは何か、大事にすべきものは何か、価値あるものは何か。
答えに迷う三姉妹を「山姥」の母が優しく導いていく物語です。
温かくて優しくて、そして少し切ない家族の姿がそこにはありました。
母によって結び直されていく三姉妹の絆を、作中で重要な意味を持つパッチワークに例えていく語り口はとても柔らか。
その一方で、彼女たちが母に覚える違和感には理由があり、その秘密に迫っていくミステリーでもあるのです。
謎が明かされる終盤は目頭がぐっと熱くなり、自分の両親に優しくしたいと思わずにいられませんでした。

☆あらすじ☆
ファッション業界で働く小峰紬(こみね・つむぎ)の前に、行方不明だった母親の文子が姿を現した。自身を「山姥になった」と言い、面影にもどこか違和感がある母に困惑する紬。母を山奥から東京に連れてきた古書店主の柳川から話を聞きつつ、年の離れた姉の麻弥と絹代に相談する。恋愛と仕事に迷いを感じている二十代半ばの紬、女である自分に悲しみを抱えている三十代の麻弥、夫との間にすれ違いが生じ始めている四十代の絹代。それぞれに悩みをいだく三姉妹は、疎遠になっていた母親と再会し、少しずつ距離が縮まる中で、自分たちの幸せの形に気づいてゆく。そんなとき、母をある事件が襲い――。
三姉妹は母との絆を結び直せるのか。心に染みるミステリー。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 木もれ日を縫う/谷瑞恵

気ままで可愛い病弱彼女の構いかた 2/竹原漢字

気ままで可愛い病弱彼女の構いかた 2<気ままで可愛い病弱彼女の構いかた> (富士見ファンタジア文庫)
気ままで可愛い病弱彼女の構いかた 2(富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
超病弱美少女とお世話係主人公が、様々な悩み相談を引き受ける学園ラブコメ第2弾。というか、完結編とのこと。
前巻のミステリ要素はどこかに消えて思いっきりラブコメ押しとなっていました。友達以上恋人未満のムズムズ感が実に良い!
ストーリーにはやや物足りなさを感じるのだけど、ラブコメの破壊力は素晴らしい。是非この方向で頑張ってほしい新人さんでした。

☆あらすじ☆
心が読める、何でも相手のことがわかるって。残酷だと思わない?
美闇の妹・病夜宮無闇。姉を目の敵とし、他人の心が読める彼女の心を開かせる。それが今度の病夜宮係の依頼だった。しかし。「美闇お姉ちゃんのこと好きなんでしょ?」一筋縄ではいかない彼女に僕は振り回され……

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 気ままで可愛い病弱彼女の構いかた 2/竹原漢字

黒猫邸の晩餐会/嬉野君

黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫)
黒猫邸の晩餐会 (講談社文庫)

評価:★★★☆☆
2016年11月刊。
老婦人と謎の和服青年が新婚夫婦のように暮らす家に、奇妙な謎が持ち込まれていく物語。
あらすじで押すほどの「おいしさ」や「ほっこり」はあんまりなかったような・・・・・・。
ただ、探偵役の青年が解き明かす数々の謎めいたエピソードはとても面白かったです。
ラストでちょっと奇妙な世界に迷い込んだような不思議なオチがついたりして、そこも結構お気に入り。

☆あらすじ☆
地味リケジョの律を夕食に迎えたのは、和服イケメンの竜弥とほんわか老女の文絵。謎めいた話を聞き出す竜弥と、五十年前から時が止まっている文絵が交わす会話はまるで夫婦!?見つめるだけで料理をおいしくする不思議な黒猫・フミエも怪しい。おいしさと切なさに溢れるほっこり系ミステリ。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 黒猫邸の晩餐会/嬉野君

宝石商リチャード氏の謎鑑定3 天使のアクアマリン/辻村七子

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年11月刊。
美貌の宝石商と正義漢な大学生が宝石にまつわる謎を解き明かすミステリー第3弾。
今回は謎めくリチャードの過去がどんどん掘り下げられ、正義との関係にも動きが。
ラストに「あああ・・・!」となったので次巻が待ち遠しいです。

☆あらすじ☆
美貌の敏腕宝石商・リチャードの店でバイト中の大学生・正義。
その夫婦は、結婚三十年記念に作る指輪のための宝石を探しているという。だが、二人の想いにはズレがあるようで?(求めるトパーズ)
正義が好意を寄せている谷本晶子が、お見合いをすると告げてきた。自分に止める権利があるのかと悩む正義の背中を、リチャードは押してくれて?(天使のアクアマリン)
宝石を通して見えてくる、数々の人間模様。そして、リチャードの過去が次第に明らかに!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 宝石商リチャード氏の謎鑑定3 天使のアクアマリン/辻村七子