ノラ猫マリィ/十文字青


ノラ猫マリィ
ノラ猫マリィ【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年9月刊。
待望の「薔薇のマリア」再始動!万歳!!
「薔薇のマリア」の面影を残しつつも新しい「ノラ猫マリィ」の物語となっているので、薔薇マリ未読の方でも大丈夫(少し気になる箇所もあるかもしれないけど、ストーリー的には問題ないと思う)。場所も人も変わっていますしね。
しかし薔薇マリ既読なら随所でニヤニヤしまくれる最高の仕様。
薔薇マリって、超最低な世界で誰もが最高に人間くさく生きてるところが好きだったんですよね。
この「ノラ猫マリィ」でも必死に生きようとする輝きが眩しくて、ああ薔薇マリが受け継がれてるって思えて悶え死にそうでした。
もう一度彼らに会えるなんて幸せすぎて昇天する。
色々と切り口(組み合わせ?)も面白かったし、これは是非とも続けてほしいです。
実際、売れたら続刊もあるらしいので、頼む、頼むぞ・・・・・・!

☆あらすじ☆
ボクらは何度でも巡り会う――。「薔薇のマリア」ファン熱望! 最強タッグが送るマリア・ローズの新たな物語!
外縁都市グラムENDの掃き溜め《猥路》。世界と隔絶された超最低なこの場所から、空に焦がれて一匹の溝鼠が外に出た。名はマリア・ローズ。何も持たないマリアは、外の世界で言葉を、友を、仲間を手にしていく――
「僕が連れていく。きみたちを、外へ。死んじゃだめだ。生きよう」
マリアは大切な人たちを守るため、人を喰らい街を破壊する《化物》に立ち向かう……!! 美しく誇り高いマリアと仲間たちの最高な物語、新たなる幕開け。

以下、ネタバレありの感想です。

 

開幕早々の「超最低(SUCK)」で脳が沸騰しそうでした。このスラングを見るとテンションあがる自分がいる。

 

さて、物語の始まりは外縁都市グラムENDの中心にある掃きだめ「猥路」から。
主人公は、猥路で育った元・溝鼠(ブラウニ)のマリア・ローズ
命を助けてくれたアサイラムの森チエリ(モリー)から「マリィ」と呼ばれ、周囲からは不本意にも「ノラ猫」と呼ばれるマリアは、モリーを助けアサイラムを守る日々の中で様々な人々と出会っていくのです。

 

薔薇マリのあの人やこの人の面影を残すキャラに興奮しつつも、「あの彼ら」と「この彼ら」は違う人間なんだなと読んでいて感じました。
年齢も生まれも育ちも違うから、当然出会い方や付き合い方が変わってくるわけで。そうすると、面影はあっても完全に同一ではないというか。「なんか違う」って感じがするけれど、それがとても楽しかったです。
モリーとマリアの関係性があまり変わらなかったところには安心感を覚えたけれど、ジョハン&アラセとマリアの関係性は新鮮でワクワクしましたし(しかしアサイラムの番人率の高さがすごい)

 

そういえば、薔薇マリではかなり引っ張っていた性別問題をノラマリではあっさり明かしてるんですよね。
画集の短編からしてそうだったけれど、マリア・ローズってマリアローズよりもサバサバしてる印象がある。自分の事情とか内面に他人が踏み込む事に対して割と寛容な雰囲気があるというか。子爵の件がないからかな。
マリアローズに根深く存在したジメっとした感情もマリア・ローズにはなかったですし。これは劣等感を抱く相手がいないから?

 

そういうところからも、やっぱり薔薇マリとノラマリは違うんだなぁと思いました。

 

ああでも根っこには同じモノを感じたりもするんですよね。そこもすごくニヨニヨできる。
マリアの誇り高さや優しさとか、卍のうるさいくらいの賑やかさとか(クルチバ姓なのにカタリのDNA強すぎでは)。これがアニマか・・・・・・!

 

それと、魔法とか戦闘描写とか叫びなんかも、薔薇マリの独特で味のある世界観が受け継がれていたのも最高。このカオスっぷりが好きすぎるんだよなぁ!

 

それに薔薇マリ本編との繋がりを感じさせる途中の一瞬の回想(あれは最終巻ラストのシーンか?)でも高まりました。
というか「キミはまだ、ボクを知らない」「僕がまだ知らないきみ」とか目にした瞬間にゴロゴロ転がりまくってましたし!

「黒髪」の彼に早く出てきて欲しいなぁ。きっとマリアとアジアンの関係とは同じようで違う関係が生まれるんでしょうね。
イザナくんが登場した画集の短編は時系列的にはこの後の物語。なので、ぜひともシリーズ化してもらわないと困るのですよ。
それに残りの(元)ZOOメンバーにも登場してもらわないと。

 

何人か誰のアニマを受け継いでるのか分からない人がいたし(特にシャルロットがわからぬ・・・)、アニマの後継者が登場してほしいキャラもまだまだたくさんいます。

ラストで物語がスタート地点に立ったという感じがあるから、ノラ猫マリィの物語はここから更に面白くなっていくはずですしね。
モリーを助けるのはもちろんのこと、ブラニイたちを蝕む「忌み者の証」も気がかり。マリアにそれがなかったのはマリアだからなのか、それとも冒頭で食べた気味の悪いアレのせい?
うーん、気になる!

 

というわけで、本当に、心底、切実に、続刊希望です(;人;)

 

スポンサーリンク
 
1

「ノラ猫マリィ/十文字青」への6件のフィードバック

    1. ちゃーこりんさん、コメントありがとうございます。

      マリアローズは「女の子じゃない」ですよw

  1. みかこさん お久しぶりです~!こんにちはー!

    遅ればせながら「野良猫マリィ」読み終わりましたー!!!(^○^)  自分には読み応え十分すぎて、めっちゃ時間掛かってしまったのですが、面白かった~!! そしてやっとみかこさんの感想が読める・・!!

    私も「SUCK」はテンション上がりました~!これだよ~!!って感じでしたww 魔法とか、あの独特の叫び声とかも受け継いでていいですね・・!

    マリアやみんなの性格、面影を残してるけど完全に一緒じゃないんだなーというのは私も思いました。そしてそれが楽しいのも分かりすぎます・・!

    特にマリアは、前作で精神的に成長したところからスタート?なのかなーとも思ったのですが、確かに生い立ちが違うと性格も違ってきますよね。
    以前よりも自力で戦える印象なのですが、それも猥路で強くなったからなのかなーと思いつつ・・
    キョーダイの一番上っぽい感じも、何だかほほえましかったです(´∇`) そしてアラセとジョハンが何かかわいい・・ww

    そして薔薇マリ終盤の回想が出てきたのも、テンション上がりますよね・・!!分かります・・分かります!!!

    これから旅が始まるところで終わってるので、モリーも助けないとだし、あの最後の怪物もなんで発現したのか分かってないし、というかまだイザナくん出てきてないので・・!(超重要)次巻を出して頂かないと本当に困るというか・・!!
    出会ってからのことを詳しく読みたいというかー!!!(切実)

    何となくですが、薔薇マリの時も、1巻にはアジアン出てこなくて、出会いの話も短編集に載ってて、2巻から、久しぶりに会ったね的な流れで登場したことを思い出しました・・。
    なので続巻出たら絶対出てきてくれると信じてますー!!(><)

    アニマ、全員は把握出来てない自覚があるのですが、シャルロットも分からぬのですが、アンソニーも分からなかった・・結構すきなのですが・・。

    長文失礼しました・・!

     

    1. 匿名さん、コメントありがとうございます。

      (間違っていたら申し訳ないのですが)トウさんですよね??

      ノラマリ、すごく良かったですよね!
      薔薇マリの世界を受け継いだ新しい薔薇マリって感じで、読めばよむほどテンション跳ね上がっていきましたよねっ!

      それぞれのキャラクターも核となる部分(アニマ?)は共通するものを感じるんですよね。それでいて、生い立ちや環境で少しずつ性格も関係性も変わっていくのがちょっと寂しいような、でも新鮮で楽しいような、って感じで胸がいっぱいでしたw
      マリア・ローズはマリアローズの強くてNEWゲームっぽいなってちょっと思ってましたw 人柄も結構円くなってますしね。どちらにもそれぞれの魅力はありますがw

      アラセとジョハンとか、薔薇マリ本編よりも好きな感じかもしれませんw あの兄弟っぽい関係性は素敵ですよねぇ。。

      ノラマリの続きめちゃくちゃ読みたいですよね!
      伏線も回収して欲しいし、それ以上にほんとイザナくんに登場して欲しい!!
      イザナくんが登場してこそ再始動のシリーズとして完成するんだと思うんです・・・・・・! イザナくんとマリアさんの絡みを見るまでは死ねない・・・・・・!
      そういえば薔薇マリ本編でもアジアンはVer0が初登場でしたね。
      もし2巻が刊行されるなら、画集の短編から始めてもいいし、しれっとイザナくんがマリアの横にいてもいいですねw ああ読みたい・・・・・・!

      アンソニーはクラニィかなぁと思ってるんですけど、間違ってるかもしれません。
      どこかでそういう風に思ったんですけど、どこだったかは忘れてしまいました・・・・・・。

      アニマの相関図とかちょっとほしいですねw

  2. 名前・・消えてしまっていたみたいで、何だかあやしげな感じに・・!あわわ(゚Д゚;)  すみませんトウでした・・。気づいて下さってありがとうございます・・!

    マリア・ローズのサバサバした感じも、マリアローズのうじうじ(?)しちゃう感じも、どちらともに魅力的ですよね(^^) 

    アンソニー、クラニィですか・・ふむふむ!自分では思ってなかったので、ちょっと読み返してみます~(^^) こんな風に読めるのも何だか楽しいですね~!
    アニマの相関図・・!ほしいですね~ww 巻数が進んで、も少しはっきりしてきたら、公式さん作ってくれないかな・・ww(他力・・)

    イザナくん・・もし2巻以降が発売してくれるなら、どんな風に登場しても楽しめそうなので、何卒続刊を出して頂きたいですね・・! ほんとに「彼」が登場してこその、再始動の完成で始まりだと思います・・!まさにですね・・!!

    1. 気づいてしまいましたw
      改めまして、トウさん、コメントありがとうございます!

      アンソニー=クラニィ説はだんだん自信がなくなってきました・・・・・・w 
      でも色々推測しながら各キャラに注目するのも楽しいですよね! 巻数が進めばエピソードも積み重なるし、そうするともっとハッキリ繋がりがわかるにちがいないですよ(頼む続刊・・・!)

      画集短編のイザナくんとマリアさんをもっとたくさん読みたいですよね!極限愛再び!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。