異世界拷問姫2/綾里けいし


異世界拷問姫2 (MF文庫J)
異世界拷問姫2 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
14の悪魔と契約者を惨殺する拷問姫と、彼女の傍にいることを決意した従者の少年の異世界転生ファンタジー第2弾。
今回も安定のグロさでしたが、それ以上に主人公の変化が目を引いて前巻よりも楽しめました。
というか俄然面白くなってきた・・・・・・!

☆あらすじ☆
「ヒナ―――俺のために死んでくれるか?」破滅に向かう反英雄譚、第二弾!
『皇帝』を撃破するも残る悪魔は多い。今後も幾多の戦闘に巻き込まれることが予想されるため、櫂人は魔術を身につけることとなる。そんな折、皇帝・ヴラドの旧友にして『大王』の悪魔と契約した女が現れ――?

以下、ネタバレありの感想です。

 

最強の悪魔「皇帝」と契約者のヴラドに勝利したエリザベート。
しかし、皇帝に次ぐ高位悪魔「大王」の契約者フィオーレの罠によってエリザベートは強大な魔力を封じられてしまい・・・・・・という緊迫の展開から始まる第2巻。

 

エリザベートが戦闘不能状態になったことで櫂人が一刻も早く戦う力を得なければならない状況になるわけですが、その経緯と手段はさておき、主人公覚醒(というのはちょっと違うかもだけど)は燃える展開ですね・・・・・・!
しかも手に入れた力は「皇帝」。
最強最悪の悪魔との契約とか、もう中二心をビシバシ刺激する感じがたまりませんw
ただ、作風というべきか、その悲壮感や残酷さの方が重点的に描かれていて、それがまた燃える展開を良い具合にクールに仕上げていたと思います。
エリザベートのみならず櫂人も破滅への道を歩み始めた気もするけれど、彼の選択がどういう運命を呼ぶのか楽しみです。

 

さて、今回は櫂人とヒナの関係についてもかなり丁寧に描かれていました。
前巻はあまりピンとこなかった「恋人」でしたが(初期設定の強制力が気になって・・・)、そのへんについてもきっちりフォローがあって良かった。
ヒナの愛の深さと、それを受け入れた櫂人の変化がとても素敵。
そこからのウェディングドレス姿とか最高か!
終盤のヒナ無双はヒナが愛しくてたまらなくなったし、今回で櫂人&ヒナのカップルがめっちゃ好きになったなぁ。このカップル良い!

 

「大王」戦自体は安定のグロさで何度か具合が悪くなりつつも、櫂人とヒナの尊い絆に感動して読了。
エリザベートも復活したし、ここからどう進むのかな? もう敵はいないんじゃない??
・・・・・・と思っていたのにラストの落とし方が酷すぎてうわぁああああ(((( ;゚Д゚)))

 

3巻がいったいどんな内容になるのか、怖いけれど楽しみです!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。