続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった/鳩見すた


続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった (電撃文庫)
続 この大陸で、フィジカは悪い薬師だった (電撃文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年9月刊。
敬虔なエイル教徒の少年と、教会の教えと反する「悪い薬師」の少女の物語第2巻。
この続編で色んな伏線も回収されたし、フィジカとアッシュの微妙な関係にも決着がついて満足。前巻同様、様々な幻獣が登場するファンタジーとしても面白かったです。
内容的には完結とみていいのかな。次回作も期待しています。

☆あらすじ☆
幻獣は癒やすが、人の治療には高額な報酬を請求する。そんな“教会の忌むべき異端者”は、可憐な少女の姿をしていた…。“悪い薬師”フィジカと共に旅をすることを決めた僕は、彼女が見据える先、『幻獣と人間の行く末』を信じることにした。僕は、異端者を狩る『角笛の騎士』様からフィジカを守るんだ。…そのはずなのに、なぜ僕の妹が目の前に?ロッテ、君は『騎士』様になったのかい…?ケルピー、ワイバーン、カーバンクル。異世界にまつわるモンスターの神秘と医療を描く、新感覚ファンタジーの続編登場。

以下、ネタバレありの感想です。

 

たまに喧嘩しつつも一緒に旅を続けるフィジカとアッシュ。
アッシュの亡父そっくりの怪しい錬金術師バトラーが現れたり、「角笛の騎士」となったアッシュの妹ロッテが乱入してきたりと、賑やかさと不穏さを増しながらも、徐々にフィジカの旅には終わりが見えてきて・・・・・・という第2巻。

 

前巻は医療系ファンタジーの連作短編として面白かったのですが、この続編ではフィジカとアッシュの関係性の変化や世界観の謎により迫った内容となっていました。フィジカの旅と同様、物語も締めに入っていくわけですね。

 

フィジカとアッシュの関係については、ほんと綺麗に纏めたなぁという印象。
アッシュは元からフィジカ大好きだから良いとして、フィジカが彼を受け入れるのは難しいんじゃないかと思っていたんですよね。性格的にも種族的にも。
そのどちらの要素に関してもフィジカの発情期と途中のケルピーのエピソードとかで上手にワンクッション置きつつ最後の展開にうまく持ってきたな、と思いました。
夜這いシーンでは、アッシュとフィジカのやりとりがすごく彼ららしくて笑っちゃったり(*・艸・)
誓約の復唱w 自分の言葉で言った台詞の情けなさは流石アッシュだと思いましたww

 

でも異種婚姻譚だし、やっぱり最後にくるのは寿命の話。
エピローグの母娘が墓参りしているシーンで「まぁ、命をつないでいくことを描いてきた物語だから、アッシュの命が次代に受け継がれていくっていうラストになるのは仕方ないよな」とかしんみりしちゃった私の感傷を返して下さい。

なんだこの完全無欠のハッピーエンドは・・・・・・良いと思う!
ご都合主義だと思ってしまうところも少しあるものの、すごく幸せな気持ちで物語を読み終えたので満足です。

 

フィジカとアッシュの旅路の結末までを描きつつ、世界観についても明らかに。
パナキアの正体はとても意外でした・・・・・・。
SFなの?タイムループ的な?それとも異世界への干渉?
クロカが日本人っぽい名前だと思っていたんですけど、彼女が日本人研究者だとすると「滅びの未来」ってもしかして・・・・・・。パナキアも「ギリシャ神話」とか言っちゃってるし。

この作品の世界がどこまでクロカたちの世界と地続きなのかはわかりませんが、まぁこのくらいの曖昧さは許容範囲かな? 本筋とは直接関わらないですしね。気になるけれど。

 

面白い作品でした。
たぶん完結だと思うので、鳩見すたさんの次回作を楽しみに待ちたいと思います(^o^)

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。