ヴァンパイア/ロード 君臨するは、終焉の賢王/葛西伸哉


ヴァンパイア/ロード ~君臨するは、終焉の賢王~ (HJ文庫)
ヴァンパイア/ロード ~君臨するは、終焉の賢王~ (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年9月刊。
吸血鬼の王となった主人公が、彼をめぐる2派の対立に巻き込まれていくヴァンパイア・ファンタジー。ただし主人公は人間。
吸血鬼の設定がなかなか面白く、ちょっと異常なくらい冷静な頭脳派主人公も好みでした。
ストーリー的には壮大なる序章という感じ。今後、彼が王の力と自分の頭脳を使ってどんな風に復讐と目的を果たしていくのか楽しみです。

☆あらすじ☆
「貴方を救出に参上いたしました、我らが王<ロード>」特殊な血液型を持つ男子高校生・神鎚黎<みづちれい>は、早くに両親を事故で亡くしたものの、引き取られた先の養父母や義理の妹にも恵まれ、充実した生活を送っていた。しかし謎の襲撃者に命を狙われたことで、その穏やかな日常は一変する。激しい戦闘の最中、混乱する黎の前に現れた美しき吸血鬼<ヴァンパイア>の少女・リーリヤ。彼女は黎へと膝を折り、絶対の忠誠を誓ってみせた。この瞬間から、黎は吸血鬼<ヴァンパイア>たちの争いの中心――王<ロード>として敵対勢力の殲滅を決意する!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

吸血鬼ものは数多くありますが、その起源に関わる設定になかなか個性を感じられる作品でした。
古代の王によって人造的につくられて意図的に弱点を用意され、「王」の血を持つものに絶対服従の生物兵器。それが今や二派に別れて王へ服従するか自ら支配者になるかで争っている、と。
ありそうで意外とみたことなかった設定かも? 少なくとも私には。

 

そして現代で「王」とされる特殊な血液型を持つのが、主人公である高校生神鎚黎
人間を支配するために王を殺そうとする「貴族派」によって義理の両親を惨殺され、王に従う「王党派」リーリヤに窮地を救われた黎は、貴族派への復讐と吸血鬼殲滅のために動き出す、というのが本作のストーリーとなります。

 

この主人公が怖いくらい冷静。
「王の器」ってことなのでしょうが、普通の男子高校生が両親の惨殺現場でもあまり取り乱すことなく状況を把握し、その後も冷静に事態を掌握しようと動くとか・・・・・・何という恐ろしい少年。
個人的にはもう少し人間くささがあっても良かったかなぁと思いつつ、この異常なくらいの冷静沈着さが面白いとも感じたり。
頭脳派キャラだし彼自身は吸血鬼化することはないということなので、黎はあくまで他の吸血鬼やヒロインたちを駒のように動かしていくことに徹するのでしょう。これはこれで今後も期待できそうな主人公です。

 

そんな黎の傍には3人のヒロイン。

義理の妹・美紘との序盤の少しだけ閉塞的な兄妹関係が結構良いな・・・とか思っていたのですが、最終的にもっと危うい関係になったような?
ただでさえ義兄なのか異性なのかで微妙な距離感だったのに、そこに絶対服従の主従関係まで持ち込んでくるとか、ほんとカオス。どうなるのかワクワクしますw

そして黎のサポートをするリーリヤと、元から黎とは協力関係にあった同級生の魁冥寺京香
リーリヤと美紘が黎に絶対服従のヒロインなので、京香には黎の良心の手綱を握っていてほしいところですが、どうなるかなぁ。

どのヒロインも魅力的なので、今後のラブコメパートにも期待していますw

 

さて、今回は陣取りゲーム的な駆け引きに勝利し、貴族派との戦いの拠点をゲットしたところで終わってしまいました。
「貴婦人」との戦いは持ち越してしまったけれど、今後はどういう風に進んでいくのでしょうか。
今回みたいな感じで各地にある貴族派の拠点を順次潰していく話になっても面白そうだけどなー。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。