元・竜砲騎士マデリーンの転職/佐々原史緒


元・竜砲騎士マデリーンの転職 (ファミ通文庫)
元・竜砲騎士マデリーンの転職 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
日常生活がポンコツな元女騎士と、彼女に振り回される色黒少年がボロ宿の再建を目指す物語。
この巻は再建のためのお金の話で終わってしまいましたが、テンポ良く進むので最後まで楽しく読めました。
再建モノとしてはこの後が面白くなりそうな予感。今後の「おもてなし」に期待しています。

☆あらすじ☆
育ての親ルイジアが遺したボロ宿で借金取りに追われるラザロ。そのとき突然の衝撃とともに金髪碧眼の美女、マデリーンが現れる。彼女は遥か北の王国からやってきたルイジアの姪、そして世間のことを何も知らないポンコツ美人なのだった。彼女の出現により、ルイジア亭を取り巻く悪党に目を付けられるラザロだが、彼女の真摯な性格と特殊な前職に巻き込まれ、なぜか「もてなしと愛」に満ちた宿への再建を目指すことに――?
波瀾万丈ファンタジー開幕!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

この作品は、日常生活を知らないポンコツ女騎士マデリーンと、彼女に振り回されるラザロが、一緒に亡きルイジアの宿を再建させようとする物語ってことでいいのかな。
この巻は具体的な再建にまで行き着かず(色んな方向性の債務整理が大変なことに・・・)、ようやく再建案が浮かんで道が見えてきたところで終わってしまったので、そういう意味ではちょっと思っていたものとは違う内容でした。
借金問題と資金集めという細々とした部分に対処しながらルイジアの遺した秘密が明らかになっていくという話自体は面白かったんですけどね。
期待していた「もてなしと愛」の具体的な部分は次巻以降の楽しみにとっておきましょう。

 

キャラはなかなか良かったと思います。
戦いに明け暮れてきたため日常生活ポンコツなマディは可愛いし(ちょうちょ結びの練習シーンになぜか萌えた)、そんな彼女を突き放しきれないラザロもツンデレで良い感じ。
ただ、ラザロはキャラ立ちが少し地味かもしれませんね。私は色黒少年というだけでもGOODをあげたい気分ですが、もう少し悪党窟で育った少年らしいズル賢さとかがあっても良かったかも。育った環境の割にマトモな性格(素直ではないけど)なのはルイジアのおかげなのかもしれませんが。

 

そういえばマディとラザロの関係ってどうなるんでしょう?ラブコメのフラグは見えるけれど、実際の歳の差を考えると母子といっていいくらいなんじゃ・・・・・・そもそもマディは一体いくつなんだ?
というか、今のところ全ての矢印はマディに向かってるんですよね。ちょっと笑う。誰かラザロを見てあげてw

 

さて、再建までの道のりが果てしなく険しいマディとラザロのお宿。
海賊を受け入れるって言っても、それじゃ一般客は来ないだろって思うしラスト実際にそうなっていたわけですが、どうやってマデリーンの理想を実現させるのでしょうか。話が進むにつれてザクザクと増えていくラザロの借金といい、再建モノとしてはここからが本題。期待しています。

 

でも続刊出るかは分からないのかー。本当に世知辛いですね。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。