対魔導学園35試験小隊 Another Mission2/柳実冬貴


対魔導学園35試験小隊Another Mission 2<対魔導学園35試験小隊> (富士見ファンタジア文庫)
対魔導学園35試験小隊Another Mission 2(富士見ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年8月刊。
本編後日談を含む短編集第2弾。
これでこのシリーズとお別れなのかと思うと寂しいけれど、最後の最後まで楽しく読めるシリーズでした。雑魚小隊大好きだ!

☆あらすじ☆
決戦のその後を描いた書き下ろし収録! これがホントの最終巻!
うさぎの婚約話をブチ壊すために奮闘したり、任務のためにファストフード店にバイトとして潜入したり、今日も35小隊は大騒ぎ。書き下ろしでは草薙兄妹のために小隊メンバーが再集結。35小隊の日々は終わらない!

以下、ネタバレありの感想です。

 

本当にどうしちゃったんですか、ラピスさん。
妹キャラを演じるラピスにタケルが翻弄されるエピソード。
参考資料の元ネタを当てるのが楽しかったw 改めて思うとラノベって有名妹の宝庫ですね(?)
最後はちょっとほっこりと。ラピスって、ヒロインたちよりも深いところでタケルと繋がっている感じが魅力的なんですよね。メインヒロインか。

 

うさぎがついた嘘をフォローするため、タケルが恋人として西園寺家を訪問するエピソード。
うさぎの可愛さが殺人級でした。なんなの最後のあれは。可愛すぎて萌え転がるんですけど!お嫁さんにしたい!!

 

普通の学生の日常モノをやろうじゃないか!というエピソード。
これ、最終決戦前に読んでいたら涙腺やばかったかもしれない。
本編にはあまりなかった思い出の1ページっぽさが・・・・・・。「仲間」と「友達」って似ているようで、微妙に違う概念なのかもなぁ。

 

キャラ崩壊その1。鐵さーん!!
鐵さんのマイペースっぷりも楽しいけれど、仲間のコスプレ(違う)を静かに吟味していくタケルのムッツリ具合に笑いが止まらなかったエピソードでしたw

 

キャラ崩壊その2。
ホーンテッド&ナハトの休日デートエピソード。
絶望はお休みです!とか言っちゃったり、ナハトを触られてガチ切れしたりするホーンテッドとかなんか違う・・・・・・と戦慄したけれど、最後の最後で安定のホーンテッドだったので正確にはキャラは崩壊してなかったんですね。この変態っぷりが楽しい悪役だからなぁ。

 

待っていました!本編後日談。
5年経って大人になってもポンコツ仲良しな小隊メンバーに和みます。
鬼呪問題をフォローするエピソードでもあって、まさかこのページ数で新展開くるのか!?と一瞬ドキッとしてしまったり。まぁ、なかったんですけど。
途中のタケルとキセキの兄妹喧嘩、ふたりの平穏な関係があらわれていてホッとしました。前は一歩間違えれば世界の危機だったから・・・・・・。こういう関係になるために頑張ってきたんだよね、よかったね、とちょっとうるうるしてしまいました。

 

タケルは結局誰を選ぶんだ!?という問いかけに対するひとつの答えが明らかに。まぁ「誰かを選んだ」ということしか分からなかったんですけど。
具体的に誰を選んだのかは教えてもらえなかったけれど、想像の余地を残したエンディングは悪くないですね。幸せな未来が訪れたとわかっただけでもとても後味が良いですし。
そしてようやく登場したラピスの姿にホロリ。
ラピスで始まってラピスで終わった最終巻。この作品のメインヒロインはやはりラピスだったのか。

 

 

最後まで楽しいシリーズでした。
柳実冬貴先生の次回作も期待しています!

 

スポンサーリンク
 
0

「対魔導学園35試験小隊 Another Mission2/柳実冬貴」への2件のフィードバック

    1. ちゃーこりんさん、コメントありがとうございます。

      寂しいですよね・・・・・・。次回作を楽しみに待っていましょう(ノД`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。