造られしイノチとキレイなセカイ/緋月薙


造られしイノチとキレイなセカイ (HJ文庫)
造られしイノチとキレイなセカイ (HJ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年8月刊。
「家族」が増えていく系(?)のほっこりファンタジー。
恋人3歩手前くらいの幼なじみコンビも可愛いし、そんな彼らが保護した少女と育んでいく家族の絆にも和むお話でした。
良い人だらけのゆるゆるした空気には癒やされたし、展開の緩急もほどよく、そしてラストシーンの気持ちよい爽やかさで好みでした。
続けば良いシリーズに育ちそうな予感。期待しています。

☆あらすじ☆
トリティス教国でも有数の実力を持つ騎士・カリアス。彼が幼なじみのフィアナと共に向かった遺跡で発見したのは……幼い女の子だった! そして、不思議な力を持つ少女・イリスを保護したことで、フィアナとも疑似夫婦関係に!? 教皇や騎士団長、町の人々も巻き込んで、嫁と娘と一緒に世界を満喫する「家族」のほんわかスローライフ、ここに開幕!

以下、ネタバレありの感想です。

 

教皇から依頼され赴いた遺跡でホムンクルスの少女・イリスを発見した聖殿騎士カリアスと精霊術士フィアナ
自らの血と魔力によって命を与えたイリスを養女としたカリアス。
一方のフィアナも中盤で別のホムンクルスの少女・アリアを養女としたことで、最終的に4人家族みたいな関係性が出来上がっていく物語でした。

 

いやもうここまできたらカリアスとフィアナはさっさと結婚しろよ〜〜とニヤニヤしまくりw
鈍感すぎるカリアスにさっぱり気持ちが伝わってないフィアナが不憫だけど可愛いんです。
そのくせカリアスが「フィアナは僕を意識してない」「僕の戸惑いに気づいてないのがなんか腹立つ」とか思ってるのには正直吹きました。それ以上に「僕は鈍い方じゃないからね」の破壊力が凄まじかった・・・・・・! おまえが言うのか・・・・・・!!
フィアナはともかくカリアスが恋を自覚したら早く進展しそうだけどなぁ。まぁこのジレジレ具合も楽しかったから良いのですがw

 

そんなカリアスとフィアナが一蓮托生の戦いぶりをみせる終盤の戦闘シーンは熱かった!
こういうバディな戦い方する主人公とヒロインってほんと好きなんですよね。
「死ぬときは一緒」「縁起でも無い、一緒に生きる!」の掛け合いが尊い・・・・・・(*ノv`)b

 

終盤で窮地な展開がありつつも、基本的に家族が仲良く日々を過ごすアットホーム系ファンタジーでした。
フィアナとアリアも可愛くて良かったし、周囲の人たちも優しい人ばかり。というか、最終的に教皇、騎士団長、古竜も揃って大家族になってるような?楽しいな??

 

ストーリーもキャラも良かったけれど、竜の背に乗った空の中でフィアナが歌うラストシーンがファンタジー的に素敵でとても爽やかで読んでいて気持ちよかった。
こういうシーンがたくさん読めるシリーズになるといいな。次巻も期待しています!

 

ちなみに「読める!HJ文庫」(公式サイト)で未収録の幕間を読んできたのですが、裏でイリス親衛隊ができてるぞっていう話でした。幼女つよい。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。