ガーディアンズ・ガーディアン1 少女と神話と書の守護者/河上朔


ガーディアンズ・ガーディアン(1) 少女と神話と書の守護者 (ウィングス・ノヴェル)
ガーディアンズ・ガーディアン(1) 少女と神話と書の守護者 (ウィングス・ノヴェル)

評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
本を愛する落ちこぼれ聖騎士が主人公のビブリオファンタジー。
主を守る書のガーディアン、強い力を持つ神書とそれに選ばれた孤児、神書を巡って対立する三勢力など、設定の数々が魅力的で、今後さらに楽しませてくれそう。
ストーリー的には始まったばかりですが十分面白いものだったし、劣等感に苛まれながらも本への愛情や情熱を絶やさない主人公は共感できるところが多くて好きなタイプでした。
今のところ恋愛色はあまりないけど、表紙の二人の関係が変わっていったりするのかな?
次巻以降も期待したい新作です。

☆あらすじ☆
あの大人気作「wonder wonderful」の河上朔が本好き女子に贈る、書をめぐる新作ファンタジー!!
本が国家財産とされるイースメリア。古より伝わる“久遠の書”が目覚めを迎えた時、知の聖騎士・ヒースが図書院で出会ったのは…!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

大国イースメリアの知を一手に引き受ける王立図書院を守護するために、古の書よりガーディアンを呼びだして外敵と戦う「知の聖騎士」
主人公ヒースは、写本ランバートルからガーディアンを呼びだしたことで「知の聖騎士」となったものの、守護に特化し戦う力を持たないために落ちこぼれとして笑われる毎日。
そんなヒースの日々は、世界を統べるという久遠の書が目覚め、孤児の少女エリカが書の主として選ばれたことで一変。久遠の書を巡る三つの勢力が対立を強めるなかで、エリカを守ろうとするヒースの奮闘が始まるのです。

 

ストーリー的にはまだまだ序章と言ったところですね。
ただ、王立図書院、ソヴェリナ寺院、リベイラ教徒の入り組んだ対立は面白いし、誰が書いたのか分からない神書の秘密や、写本からガーディアンを呼びだしたヒースの謎など、今後面白くなりそうな設定が山盛りでワクワクします。

 

キャラも魅力的でした。
特に主人公ヒースが好き。
周囲が権力とかガーディアンの力に目を奪われる中で、彼女だけが本へ愛情を注ぎ続けるのがすごく印象的でした。
戦う力を持たない自分に劣等感を抱きながらも、自分がダメなままだと大好きな物語まで貶められると奮起するところとか、本当に応援したくなる。
悩みつつも前に進もうと頑張る女の子は素敵です。

 

そんなヒースのパートナーとった聖騎士ヒエンはなかなかのクセ者。
「傷ついた」=「むかつく」の翻訳は笑いましたw 胡散臭いなぁ、このひとw
甘い台詞を吐きつつも今はまだヒースの反応を面白がってるだけのヒエンだけど、この先彼女との関係が変化したりするのでしょうか。期待したいです。

 

エリカ&ザクロについてはまだ何とも言えない感じ。
エリカは良い子なんだけど、ザクロを御しきれるのかどうか心配・・・・・・。知識が足りてないから仕方ないのだけど、迂闊な行動も取っちゃいますし。
エリカの運命はここからが大変になるだろうし、どうなっていくのかとても気になります。

 

ラストはかなり緊迫の状況で次巻に続いてしまいました。
続きがとても楽しみです。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。