剣魔剣奏剣聖剣舞2/嬉野秋彦


剣魔剣奏剣聖剣舞 (2) (MF文庫J)
剣魔剣奏剣聖剣舞 (2) (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
ややのんびりなペースで進む第二弾。
大国間の戦況を描きつつ、それをひっかき回すリューイン。
そんなリューインとソーロッドの関係性がほんのちょっと見えてきたような気がしますが、まだまだ謎の多いシリーズです。

☆あらすじ☆
最強剣聖が美少女剣姫を弄ぶ、邪道戦記ファンタジー、第二弾!
王国と大公国の争いの隙間を縫い、“絶華十剣”のひとりソーロッドを従者としたリューインが向かうのは、レハール公国の都イリヤスハール。そこにリューインが求める神剣の一振りがあるようで――?

以下、ネタバレありの感想です。

 

リューイン、ソーロッド、キリリクという凸凹トリオで旅が始まる第二弾。
謎の剣魔、記憶喪失の少女、大公国のスパイっていうパーティでどうなるのかと思っていたのですが、意外とまとまるものなんだなぁと感心しましたw

 

そんなメンバーが今回訪れるのは、王国領でありながら大公国と繋がりを作ろうとしているレハール公国。
戦争と直接関係ないリューインたちをメインにしているので、あくまで舞台背景にとどまってチラチラと見えるだけの王国と大公国の争いですが、これもシリーズが続けば更に大きな話になっていくんでしょうね。王国側の動きも気になるし、楽しみです。

 

戦争はさておきリューインの目的は神剣集めなので今回もそういうストーリーではあったのですが、その中で印象的だったのはリューインとソーロッドの関係性。
本当にこの二人の関係はどう見たらいいんでしょう?
復讐とか仇とか言っていたけれど・・・・・・ソーロッドの失われた記憶にどんな秘密が隠されているのか気になります。
というか、ソーロッドに対するリューインの態度が憎い相手に対峙しているようには見えないんだよなぁ。愛憎渦巻く感じと言い切るにはリューインの内面が分からなすぎる。

 

2巻も本題はあまり進まず割とスローペースな展開をしていってますが、あとがきで何も言ってないから3巻も出るはず。
そろそろ大きな動きがほしいかな。3巻に期待しています。

剣魔剣奏剣聖剣舞 (2) (MF文庫J)
嬉野 秋彦
KADOKAWA/メディアファクトリー

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。