アサシンズプライド3 暗殺教師と運命法廷/天城ケイ


アサシンズプライド (3) 暗殺教師と運命法廷 (ファンタジア文庫)
アサシンズプライド (3) 暗殺教師と運命法廷 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
一年生編クライマックス。
ひとまずの区切りを迎えましたが、シリーズはまだまだ続くそうです。
それはそうと、今回は小道具や仕掛けのファンシーさにちょっとときめきましたw

☆あらすじ☆
「もし、わたしがその試験に合格できなかったら、先生は――?」
革新派――国家転覆を図る一派が目をつけたのは、無能才女の存在だった。そんな中、メリダの実父を名乗る人物が学園に乱入。クーファはメリダにまつわる疑惑を払拭するため彼女にある試験を受けさせることに……。

以下、ネタバレありの感想です。

 

メリダの父を名乗る怪人物の乱入により、公に疑惑が持ち上がってしまったメリダの出自。
これを受けてクーファはメリダにビブリアゴート司書官認定試験の受験と合格という試験を課し、彼女を暗殺するか否かの判断をしようとする。一方、「革新派」はメリダを罠にはめようと画策し・・・・・・というのが3巻の大まかなストーリー。

 

司書官って何だろう? と思ったらめちゃくちゃファンタジーでダンジョンな図書迷宮が登場してテンションが上がりました。こういうの好きだ〜!
今回は革新派の邪魔が入ったことでダンジョン探索的な要素は期待より少なかったけれど、いつかメリダとクーファに探検してほしいなぁ。

 

迷宮のような巨大図書館も魅力的でしたが、革新派のミュールたちが持ち込んできた魔法書もまた素敵。
敵の道具を素敵とか言っちゃうのはアレなんですけど、今回は衣装も小道具も童話ベースの可愛いものばかりでときめきが止まらないんだから仕方ありません。
アリスの衣装で眠り姫の罠にかかるとかのカオス感すら楽しい。オチはさらに萌え転がりましたしね!!

 

本題の革新派の思惑については、メリダが格の違いを乗り越えて格を見せつけるような勝利を決めてスカッとしました。
「サムライ」という位階を誇りに思いつつ、アンジェル家のパラディンとして気高くあろうとするメリダに比べると、革新派のなんという小物っぷりよ・・・・・・。
リーダー格っぽいセルジュは底知れない感じでしたけどね。彼が当面の大きな敵になるのかな?

 

とりあえず、今回の騒動を無事に乗り切ったところで一年生編が完結。
二年生に進むのかー。メリダの年齢が地味に気になっていたのでサクサクとお年頃に成長してほしいものですw
あ、でも次巻はラブコメ押しとか?
今でも地の文からクーファのメリダ愛が漏れまくってるんですけど(メリダの描写がいちいち褒め讃えてるの、ほんと笑う)、これが甘々なラブコメに全振りしてしまったら一体どんな喜劇になってしまうのか。

すごく楽しみです。4巻も期待!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。