月の魔法は恋を紡ぐ4 繋がる想いは永遠に/富樫聖夜


月の魔法は恋を紡ぐ ~繋がる想いは永遠に~ (ビーズログ文庫)
月の魔法は恋を紡ぐ ~繋がる想いは永遠に~ (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
ロリコン滅べラブコメ完結巻。
1発ネタみたいな設定からよくここまで掘り下げたものだと感心しました。

☆あらすじ☆
幼児性愛病者魔法使いアーネル=エフィロットの過去を知ったリーフィアとエーヴェルトは、衝撃の内容に言葉を失うばかり。一方、リーフィアを執拗に狙うアーネルは、強大な魔法陣を展開させて城中をパニックに陥れ……!? 「アーネルの魔法の解除が成功したら、君に伝えたいことがあるんだ」王子がアノ疑惑をついに告白!! 幼児性愛病者(ロリコン)がようやく滅びる(!?)感動の最終巻!

以下、ネタバレありの感想です。

 

4巻構成できちんと起承転結になってるの、結構すごい気がします。
というわけで「結」となる第4巻。
ロリコン魔法使いアーネル・エフィロットと、リーフィアに似ている女魔法使いエドウィナの関係を掘り下げつつ、最終決戦へ向かうストーリーでした。

 

ちょっと設定説明がくどいかな?と思う部分もありましたが、アーネルを中心とした人間関係を綺麗にまとめて終わったなぁという印象。
実は単なるロリコンではなく、真性かつ筋金入りのロリコンなんだよ!という悲壮感あふれるストーリーは、作品のテーマを見失わずそれでいてシリアスに仕上げているところが素直にすごいと思いました。
大人になったエドウィナが受け入れられなかったのが始まりで、彼女自身を受け入れて終わるっていう収まりの良さが巧いな、と。

 

アーネルの話にページの大部分を割かれてしまいましたが、リーフィアとエーヴェルトの恋も決着。
この王子様、最後まで安定のモブっぷりと思っていたので、あとがきを読んで声出して笑いました。なんか不憫だな!

 

そんなエーヴェルトですが、「お前結局ロリコンなの?違うの?どっちなの?」的な疑惑を残しつつ、リーフィア渾身の決め台詞で幕を下ろしたのは良かったです。

 

やや恋愛面が弱いなと感じつつも、ロリコン被害者の社会復帰もの(違う)という一発ネタみたいな設定から驚くほど広げていった楽しいシリーズだったと思います。
富樫聖夜先生の次回作にも期待しています!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。