転生少女の履歴書2/唐澤和希


転生少女の履歴書 2 (ヒーロー文庫)
転生少女の履歴書 2 (ヒーロー文庫)

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
元ハイスペック女子高生の異世界転生物語第2弾。
今回から学園モノになったこともあり、前巻のような波瀾万丈感は薄れてしまいましたが、それでもエンジン全開なリョウの活躍が楽しめる1冊でした。
最後めっちゃ気になる終わり方だったので続き早く!

☆あらすじ☆
伯爵家の養女に迎えられたリョウは、貴族の学校へ入学する。学校では、昔小間使いとして仕えていたレインフォレスト伯爵家の兄弟カイン・アランと再会。二人との再会を喜ぶも、子分でもあるアランがリョウを心配しすぎるが故に様子がおかしいことに頭を悩ませ、リョウは一計を案じる。一方、学校に入学したからには、友達を作りたいと意気込むリョウ。しかし、特殊な境遇で入学していることで周りの生徒からは警戒され、リョウと関わろうとする女生徒はごく少数だった―。

以下、ネタバレありの感想です。

 

伯爵家令嬢の身分を手に入れて、貴族の学校に入学することになったリョウ。

舞台は学園に移りましたが、この物語ってどこに向かっているのでしょうか。
彼女の目的はお世話になった人への恩返しと異世界での生き方探しなので、学生の間に方向性が定まるのでしょう。
今までの流れ的に技術革命的な感じかな? 商売人として成功するのか、もしくは本当に神サマになってしまうのか。
そもそも学園モノとして進んでいくのか、それともやっぱり波瀾万丈な流転の人生に戻ってしまうのか。
ちょっと先が予想できないシリーズですね。

 

さて、2巻から始まった学園編。
再会したアランが一生懸命ラブコメの波動を起こそうとしつつも、ニブいリョウのせいで全て空振りという結果にフフフってなりましたw
まぁまだ10歳なので、本格的にラブコメするような展開はしばらくなさそうな予感。全力でワンコなアランが可愛いので、リョウのお相手はアランがいいなぁ。

 

そんなストーカーもといワンコのアランにドン引きしつつ、学生生活をこなしていくリョウ。
友達づくりが難航したり、最大派閥のリーダーに目をつけられたりと、学園モノのお約束を踏襲していくリョウの姿が楽しかったです。
ただちょっと盛り上がりには欠けるかな?
カテリーナとサロメの仲直りのくだりは面白かったけれど1巻に比べると引きが弱いような気がするなぁ・・・・・・。

 

とか思ったら最後で大きすぎる爆弾が投下されてしまいました。

 

この展開マジか・・・・・・(((;゚д゚;)))

カテリーナの苦悩を描いたエピソードで「大きな力を持つ魔法使いも悩み多き存在なのね」って思わせた後にこんなゲスいキャラを持ってくるとか。やりますね!
しかし彼の正体を知っちゃうと、にわかに不安になるのはフォロリスト・カイン様の存在なんですけど。大丈夫かな。利用されてないかな。
ふと思ったけれど「ヒヨコちゃん」って呼び方は名前を覚える気がまるでないってことだったのか・・・・・・。

 

ここからどんな展開をするのか楽しみです。3巻も期待!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。