桜乙女と黒侯爵4 つながる過去と迫る闇/清家未森


桜乙女と黒侯爵 つながる過去と迫る闇 (角川ビーンズ文庫)
桜乙女と黒侯爵 つながる過去と迫る闇 (角川ビーンズ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年7月刊。
約1年ぶりの新刊だったので内容がうろ覚えすぎて不安でしたが、読んでみるとしっかり面白かったです。
物語は、いよいよ有紗と京四郎の過去へと迫っていく展開へ。ぼんやり見えていたあれこれがクリアになってスッキリしました。
まぁまだ謎は色々残っているのですが・・・・・・。
ていうかまたこんなところで終わるんですか! 鬼だ!!

☆あらすじ☆
明らかになる、有紗出生の秘密――。そして京四郎と有紗の関係は……?
京四郎を襲ってきた死んだはずの兄・朔。行方不明になった叔父の馨。めまぐるしく事態が動く中、有紗はついに自分の出生の秘密を知ってしまう。混乱する有紗を京四郎は優しく支えるが、伏見が京四郎に接触してきて?

以下、ネタバレありの感想です。

 

この物語のラスボスは烏丸朔ってことでいいのかな??
朔が率いる三日月党とか、人造科学=魔術とか、色々と世界観が掘り下げられ、ますます大正浪漫物語から大正ファンタジーへと様変わりしているような気がします。
元々オカルト&ファンタジー色は強かったけれど、政府が絡む話になってくると色々と印象が変わってくるよなぁ。

 

そんな朔の登場と、有紗の出生をほのめかす暴露記事により唐突に騒がしくなった有紗の周囲。
ほのめかされてきた有紗の過去がここにきてようやくハッキリと明らかになりました。勝手にアングラの人かと思っていたら、世間的にも結構な重要人物だったんですね、桜川博士。
まだ謎はあるけれど、とりあえず京四郎さんとの本当の関係だけはハッキリしてよかったです。
小さい有紗と京四郎の出会いは可愛くてにやけてしまいましたw
京四郎さん、気を使いすぎて言葉足らずになっちゃってるよ〜〜。

 

京四郎が消した有紗の過去は分かったけれど、有紗自身にはまだ何かが隠されている感じ。
指輪の秘密や「アリス」の謎など、一体何を意味するのでしょうか。楽しみです。

 

有紗と京四郎の関係についてはまだまだ焦れったい感じ。
それどころじゃないのは分かっているけれど「婚約者」の件をどうしても気にしてしまう有紗が可愛かったですw

 

うーん、今回も面白かったのですが1冊ではボリューム不足な感じが否めませんね。これは早急に続きを出してもらわないと。
というか、またもヒーローがアレなことになって終わりという鬼畜の引きだったので(出番なしだった馨さんの安否も気になるし)、本当に早く5巻を出してもらわないと!

 

スポンサーリンク
 
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。