聖獣様と泣きむし聖女 聖なる丘と封じられた悪魔/かいとーこ


聖獣様と泣きむし聖女 聖なる丘と封じられた悪魔 (一迅社文庫アイリス)
聖獣様と泣きむし聖女 聖なる丘と封じられた悪魔 (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
強い浄化能力を持つ聖女が、伴侶の聖獣と一緒に、故郷の街を襲う穢れを浄化していくゴシックファンタジー。
恐がり泣き虫面倒くさがりのヒロインが、ぶるぶる震えながらも使命を果たそうと頑張る物語でした。序盤ちょっとヒロインの持ち上げられ方が気になったものの、終盤で聖女らしさが見えたのは良かった。
聖獣とのイチャイチャはもうちょっとモフみが欲しかったですw

☆あらすじ☆
元最強の聖獣ラズスの花嫁であり、超怖がりなのに教会一の浄化能力を持つ聖女ユイ。彼女はある日、ラズスから故郷の街が穢れ始めていると聞かされる。街を浄化しなければ悪魔が現れるかもしれない!? ユイは顔色を変えて――。あそこは幽霊が出る怖い街だから帰りたくない! 悪魔狩りが趣味のラズスの頼みでも絶対にイヤって言ったのに……。無理やり浄化の旅に連れ出すなんてひどすぎる!! 聖獣と怖がり聖女の悪魔狩りファンタジー!

以下、ネタバレありの感想です。

 

最強の聖獣・ラズスの花嫁であり、自身が発する音に浄化の力を宿す聖女・ユイ
強い浄化能力を持つにもかかわらず極度の恐がりのユイは、自分の生まれ故郷の街タウトの穢れを祓うために(強制的に)里帰りさせられて・・・・・・というのが本作のストーリー。

 

聖女と聖獣の夫婦モノであることに加え、天使だの神だの悪魔だののゴシックワード山盛りなファンタジーでした。これは好きなやつ!

 

ただ正直、ユイは途中まで「聖女らしさ」がよく分からなかったんですけどね。
能力のチートっぷりはすごいけど、彼女自身はビビリのヘタレすぎて到底格好いいと思えるヒロインではなかったので。どちらからといえば「頑張れ負けるな」とニヤニヤしながら愛でたいタイプ。

 

そういうアホ可愛い系のヒロインなだけに、周囲の崇拝と持ち上げられ方はちょっと気になりました。
ユイは容姿と能力をやたらと褒めちぎられ、信者以外の女性キャラはそれを嫉み、そんな女性キャラを男性キャラが嫌悪するっていう構造が多かった気がします。こういう持ち上げられ方が個人的にあまり好きじゃないから目についただけかもしれないけれど。

 

まぁ、終盤のラスボス戦では聖女らしい凜とした顔を見られたから、これありきで考えると周囲の崇拝も理解できるかな。
次巻があれば引っかからずに読めるはず。でもあまりに主人公が褒められ讃えられると読んでてゾワゾワするから、もうちょっと賛美は控えめにしてほしいです(・ω-`;)

 

それはさておき、聖女と聖獣の関係性は素敵でした。
ふたりの馴れ初めを聞いたときは(うわぁ紫の上計画・・・!)とか思いましたがw
まぁ、聖獣にとっての聖妻の意味と、ラスズの抱えていた不安を知ると、幼女を誘惑して連れ去った理由も理解できないことはない。
互いに利があって、なおかつ二人ともちゃんと幸せになってるから、万事OKなんですよ(たぶん)
ユイを怖がらせて愛でるラスズは悪趣味でしたが、ユイもユイで惚れた弱みなのか結局は付き合ってるというのが、なんだかすごくバカップルでしたしねw

 

さてこれ、シリーズ化するかな?
今回の事件は綺麗に解決していますが、逃げたケイは見つかってないから続けようと思えば続けられそう。
続刊が出たら買うと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。