英雄都市のバカども3 アルコ・ホール三番街の何でも屋/アサウラ


英雄都市のバカども (3) 〜アルコ・ホール三番街の何でも屋〜 (ファンタジア文庫)
英雄都市のバカども (3) 〜アルコ・ホール三番街の何でも屋〜 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
英雄都市のバカどもの騒がしくも楽しい日々を描くシリーズ第3弾。
今回も短編集形式でしたが、モルトの過去をはじめ多くの伏線が回収されています。前2巻に比べてシリアス強め。
シリーズはここで完結なのかなー? まだまだこの街の雰囲気に浸っていたいから続刊出してほしいです。

☆あらすじ☆
殺人鬼がリッツを誘拐! 犯人の要求はモルトの死!?
平和なはずの英雄都市で起きた殺人事件。容疑者はなんとモルト!? 彼の捕縛に抗った親友・ライもまた投獄されてしまう。事件の裏に国際規模の陰謀が見え隠れする中、犯人に挑発された二人は牢を飛び出すが……?

以下、ネタバレありの感想です。

 

「英雄都市のバカども」ってこういう話だよね、っていう象徴のようなエピソード。
紹介を頼まれ、仲裁を頼まれ、悩んだ末にモルトが取った行動に爆笑しました。
サシャのヒロイン力がモルトの明後日な行動のせいでうなぎ登り。

 

サシャ、イケメン!!
最後まで読んで気づいたけど、雨が苦手なのは伏線だったわけですね。
ガーナ回でもあったこのエピソード、サシャ視点の静かに流れていくような雰囲気がまさに「雨の夜」という感じで好みでした。

 

過去回。
モルトがリキュールに流れ着いた頃の話を描きつつ、その原因となった彼の素性についてようやく明らかに。想像以上にヘビー。

そんな重いモルトの事情を全部知ってもドーンと構えて受け入れるリキュール自警団の面々はほんと男前だなって思いました。かっこいい。
特にライが良い。モルトとライの関係性も掘り下げられて満足しました。
ここにいていいのかと悩むモルトを優しく(?)引き止めるシーンとか目頭が熱くなりましたし。
モルトとライの、一緒に無茶をやる悪友っぽさがすごく良い。

この過去回、5歳の頃のリッツがメインヒロインばりに天使でした。
ただ、無邪気に懐いてくる幼女に対してモルトがこっそりやらかしていたアレは完全に性犯罪者のソレ。
ドン引きですよー。責任とってあげろよなー。
現在のリッツがタックル以外の攻撃力を身につけたのは色んな意味で良いことだったかもしれないw

 

スリ回。
約束されたオチに向かって愚直なまでに突き進むエピソードでした。めちゃくちゃ笑ったw
そして相変わらずリッツの被害者っぷりが不憫。これはトラウマになる。

 

モルトとサシャの関係性って、何気にすごくドラマチックだったんですね。ロマンチックともいう。
互いの素性も知らずに、最初の出会いも知らずに、優しい街で再び巡り会うっていうのがすごくときめく。
これだけでラブロマンスを1本作れそうな設定じゃないですか。

このシリーズのメインヒロインはリッツだと思っているのですが、この3巻はサシャのヒロイン力が急上昇していて、なんだか良い勝負になってきた感じがあります。

そしてリキュールという街の優しさに包まれるような読後感も最高。
住人じゃなくても「帰りたい」と思わせる雰囲気があるんですよね。私も帰りたい。

 

そんな懐かしいリキュールを舞台にした本作。
B☆Wの完結マークといい、あとがきといい、続きが出ないような気がして不安です。まぁ確かにここで終わっても問題ないけれど(でもモルトがかつての仲間を裏切った理由って出てきたっけ?)、まだまだこのシリーズを満喫していたい。

というわけで4巻ずっと待ってます!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。