アオイハルノスベテ5/庵田定夏


アオイハルノスベテ5 (ファミ通文庫)
アオイハルノスベテ5 (ファミ通文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
完結巻。
なんですけど、シリーズ的に最大の盛り上がりは前巻で迎えてしまっていて、今回は1冊まるまるエピローグな感じでした。

☆あらすじ☆
「わたしは、横須賀君のことが好きです」「ねえ、あたし達付き合ってみない?」「最後には、私を選ばせてみせるから」――校内の占拠騒動も終わりを告げ、学校に復帰した浩人を待っていたのは、岩佐美帆、木崎まひる、大河内葵からの猛烈なアピールだった!? そんな中、対立していた生徒会長の瓜生からは、OB祭で過去の遺恨を清算しようと持ちかけられ、さらに柳沼から『輪月症候群』の謎に迫るため、あの事件を検証しようと詰め寄られて!? オールデイズ青春グラフィティ、大波乱と大騒ぎの最終巻、ここに登場!

以下、ネタバレありの感想です。

 

空前のモテ期到来な横須賀くん。

物語は横須賀の内心をひとまず置いて、ヒロイン3人の想いに順次スポットを当てていきます。

 

個人的にはこの作品のメインヒロインって大河内だと思っていたので「最終巻で今さらサブヒロインの内心を掘り下げられてもなぁ」という気分がなきにしもあらず。

ただ、幼なじみというぬるま湯な関係に浸っている自分に気づき、一歩踏み出すことを決意する岩佐と、これが恋なのか分からないけれど試してみたいと考える木崎のそれぞれの気持ちはなんだかすごく青春っぽいこそばゆさがあって、これはこれで読んでいて面白かったです。

 

でもやっぱりメインヒロインは大河内かな!
横須賀への猛烈LOVEアピールはめちゃくちゃ笑いました。引いてる!横須賀くん引いてるよ!!
タクシーの運転手へ方向指示したシーンとか暴走しすぎて酷いw

 

そんな感じでモテ期到来なうえに全員キープとかクズきわまりない方向に進んでしまいそうだった横須賀。
最終的にひとりに絞ったのはいいけど、それもなんだかヘタレ感のある決意だったのがなんとも。前巻はあんなに格好良かったのに。
彼が今は誰とも付き合う気にならない理由はわかりますけどね。ループのトラウマは根深そうだ・・・・・・。
こういうやつは大河内に引っ張ってもらうのが一番良いので、この結末にはとても満足しましたw

 

そんな感じの最終巻。
うーん、この1冊そのものは悪くはなかったのですが、シリーズ的な配分はちょっとうまくなかったかなぁ。
前回の騒動と横須賀死す!?な盛り上がりこそ最終巻に相応しかったのでは。
シンドロームの秘密も結局うやむやにするなら(明確にしないこと自体は別に良い)、1冊かけて引っ張る必要もあまりなかったよなぁとか思ってしまいました。

まぁでも中途半端な終わりではなく、OB含む様々な問題に一応ケジメをつけてくれたことにはホッとしたんですけどね。

 

庵田さんの次回作にも注目したいと思います。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。