転生従者の悪政改革録3/語部マサユキ


転生従者の悪政改革録 (3) (角川スニーカー文庫)
転生従者の悪政改革録 (3) (角川スニーカー文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
悪役令嬢とその従者に転生(?)してしまった先輩後輩カップルの世直し物語第3巻。
前巻ラストで起こった緊急事態に立ち向かうストーリーでしたが、その中でユーリとナナミの関係にも変化が。
すごくニヤニヤできたけれど、あれ・・・・・・まさか、完結?

☆あらすじ☆
『元』悪役令嬢とその従者、王国の危機を救えるか!? 爽快世直し第三幕!
愛しの七海先輩と共に異世界転生した勇利。水泳部仕込みのアスリートスキルによって、魔法頼みの異世界を変えつつあった二人だが、獣が無差別に人を襲う【ビースト・ウェイブ】が突如発生し、国中が大混乱に!七海と共に獣を迎え撃とうとする勇利だが、何故か彼女に避けられてしまい!?
王国崩壊&最強コンビ解消の危機!
鍵を握る魔力至上主義の頂点・「冷酷」王女マーブルに、勇利の神魔眼(※ただの観察眼)が冴え渡る!

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は突如起こったビースト・ウェイブから人々を守るために奔走するユーリたちが、そこに隠された国家規模の重大な秘密を知ってしまう、というストーリー。

 

魔力至上主義の腐れっぷりが酷かったですねぇ。
それでも、旧弊的な価値観にとらわれているのが一部にすぎないところに、これまでのユーリたちの活躍の影響がみてとれて楽しくなりました。
しかし「ビースト・ウェイブ」の正体は本当にどうしようもないな(´・ω・`)

 

事件の黒幕と思われた冷酷王女マーブルの秘密にはびっくり。
魔力至上主義の貴族はアレだけど、実は王族って結構まともな人ばかりなのでは・・・・・・。

 

それはさておき、今回特に印象的だったのはユーリとナナミの関係の変化。
「バカップルの魔法」には笑ったw身も蓋もないなぁww
ナナミがようやく色々と気づき、ユーリを意識してしまう展開はニヤニヤしっぱなしでした。お姫様だっこで移動のバカップル具合をようやく自覚してくれたのか。
意識してもしなくても、この二人がバカップルなのは変わらないんですけどね。ほんと可愛すぎて大好き。

 

一方の現代日本サイドでも主従関係に変化が。
お弁当を見て平伏するユリウスおもしろすぎるだろ、と思ってたら懺悔日記の内容でさらに爆笑。
もうちょっと互いに正体を知らないままでラブコメしていてほしかった気はしますが、ようやく素直に気持ちを告げられたのは良かった。
あれ?でも、ラストでマーブルが入れ替わりの真相を明かしていましたけど、ユリウスとナーミィが和解したら元に戻るというわけじゃないんですね。

 

2組のバカップルにニヤニヤしながら、アスリート思考で悪政改革をしていくシリーズでしたが、ここで完結となるのでしょうか。
一応、2組とも新たな関係に進んだし、国の問題も解決はしてるけれど・・・・・・。
入れ替わりの問題自体はちゃんと解決していないので(解決しそうな雰囲気は匂わせていたけれど)、まだ続きがあると信じたいなぁ。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。