筺底のエルピス4 廃棄未来/オキシタケヒコ

筺底のエルピス4 -廃棄未来- (ガガガ文庫)
筺底のエルピス4 -廃棄未来- (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★★
2016年6月刊。
絶望に次ぐ絶望を描いた3章の後編となる第4巻。
たしか本来は3巻と4巻で1冊の予定じゃありませんでした? 4巻だけで500頁超えってどういうこと??
と、読む前は笑ってしまったのですが、読んでしまうと感謝の気持ちしか湧いてこない。
ここまで濃厚な物語に仕上げてくれて本当にありがとうございます。凄みすら感じる面白さでした。
しかし、最後、これは・・・・・・。

☆あらすじ☆
すべてを取り戻すための、最悪なる希望。殺戮因果連鎖憑依体――古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。それを消滅させられる唯一の手段を失い、世界は今や、確実なる滅亡へと突き進もうとしていた。白鬼の憑依者である少女、朋之浦結を守り続ける《門部》の逃亡者たちが、《ゲオルギウス会》の祓魔師たちを巻き込んでまでして組み立てた起死回生の一手も、あえなく瓦解した。あまりにも邪悪な《エンブリオ》なる存在と、数奇な運命に翻弄される狙撃手の少女が、屍を積み上げながら獲物たちを追い続ける。残された希望は、すでに命を落とした戦略家、間白田俊彦が残した『負けない策』のみ。その真相に辿り着いたとき、白鬼の少女と《門部》の面々――百刈圭、乾叶、貴治崎花、朱鷺川ひかえ、そして百刈燈は、いかなる選択を強いられるのか。世界のすべてを包み込まんと膨れあがる死の連鎖の果てに、はたして誰が『鍵』となり、『過去の改変』という救済を掴み取ることができるのか。人類の存亡をかけた、影なる戦士たちの一大叙事詩。失われた過去を取り戻すため、最悪なる希望が奏でる混沌の第4弾。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 筺底のエルピス4 廃棄未来/オキシタケヒコ

Re:ゼロから始める異世界生活 短編集2/長月達平

Re:ゼロから始める異世界生活 短編集2<Re:ゼロから始める異世界生活 短編集> (MF文庫J)
Re:ゼロから始める異世界生活 短編集2 (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
絶賛アニメ放送中ですが、思った以上に素晴らしいクオリティで大満足してます。
そんなリゼロの、ロズワール邸での日常を描いた短編集第二弾。
あらすじの「これがナツキ・スバルの望んだ楽しい異世界生活」という言葉に涙を禁じ得ないw

☆あらすじ☆
話題騒然! 2016年4月開始のTVアニメ大好評放送中! WEB未掲載の短編集第二弾!
――これはナツキ・スバルが、彼女たちと過ごした平穏な日々の物語。WEB未掲載の短編集第二弾! 『死に戻り』のない優しい時間、これがナツキ・スバルの望んだ楽しい異世界生活!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む Re:ゼロから始める異世界生活 短編集2/長月達平

異世界とわたし、どっちが好きなの?/暁雪

異世界とわたし、どっちが好きなの? (MF文庫J)
異世界とわたし、どっちが好きなの? (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年6月刊。
異世界ラノベを愛する二人の高校生が、女神さまから異世界転生のチャンスを与えられるところから始まるラブコメ。
次々と送りつけられる試練によって、強制的にイチャイチャさせられる主人公とヒロイン。その姿が可愛すぎて可愛すぎてw
疲れたときの糖分補給にぴったりのバカップルラノベでした。
少し粗い部分が気になったものの1冊で綺麗に話がまとまっているし、前作に引き続き良質ないちゃラブを堪能できて満足です(´ω`)

☆あらすじ☆
ノー異世界・ノーライフ! 異世界厨が贈る、日常系ラブコメ!
異世界ハーレムを夢見る俺はある日、クラスメイトの鮎森結月と本屋のラノベコーナーで遭遇し、同じ『異世界厨』だと知る。「市宮くんは異世界に行ったらなにがしたい?」「ハーレムを作りたい」「バカじゃないの?」

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 異世界とわたし、どっちが好きなの?/暁雪

押し入れの中のダンジョンクラフト 幸福で不幸で幸福な兄妹/からて

押し入れの中のダンジョンクラフト ‐幸福で不幸で幸福な兄妹‐ (MF文庫J)
押し入れの中のダンジョンクラフト ‐幸福で不幸で幸福な兄妹‐ (MF文庫J)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年6月刊。
押し入れの中にできたダンジョンで、死んだはずの妹に再会した少年の物語。
現実と非現実が混じり合ってフワフワとしていて、読み心地もなんだかフワフワ。
そんなゆるい空気の中で次第に気になっていくのは、過剰なくらい妹を愛する主人公の儚くて危うさを感じる姿。
物語が進むにつれて「選択」を迫られることになる彼の運命に目が離せなくなっていきました。
正直、こんな泣きたくなるような余韻に浸るとは思わなかった。どこまでも優しい物語に胸が苦しくなりました。
愛情だけでは語れないけれど、それでも愛情に満ちた兄妹の絆が本当に素敵。
物語を綺麗に締めくくるあとがきまでが本編です。

☆あらすじ☆
高校生の僕、椎名透は寮の自室にある押し入れの中にダンジョンができていることに気づく。中はまるでゲームのように広大なダンジョンで、その中心にある大きな樹の下に辿り着くと僕は目を見張った。幼い頃に事故で死に別れ、なぜか死体が消失したはずの妹、あーちゃんが眠っていたからだ。その日から僕とあーちゃんは押し入れの中にできたダンジョンのマスターになり、ダンジョンの成長を見守ることになった。「あーちゃん、ただいま」「おかえり、おにいちゃん」こうして今日も死んだはずの妹に会いに、僕はダンジョンへと向かう。その先に何が待っているのか僕はまだ知らなかった。『マカロン』のからてが描く、幸福で不幸で、けれど幸福な僕たちの物語。

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 押し入れの中のダンジョンクラフト 幸福で不幸で幸福な兄妹/からて

英雄都市のバカども3 アルコ・ホール三番街の何でも屋/アサウラ

英雄都市のバカども (3) 〜アルコ・ホール三番街の何でも屋〜 (ファンタジア文庫)
英雄都市のバカども (3) 〜アルコ・ホール三番街の何でも屋〜 (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
英雄都市のバカどもの騒がしくも楽しい日々を描くシリーズ第3弾。
今回も短編集形式でしたが、モルトの過去をはじめ多くの伏線が回収されています。前2巻に比べてシリアス強め。
シリーズはここで完結なのかなー? まだまだこの街の雰囲気に浸っていたいから続刊出してほしいです。

☆あらすじ☆
殺人鬼がリッツを誘拐! 犯人の要求はモルトの死!?
平和なはずの英雄都市で起きた殺人事件。容疑者はなんとモルト!? 彼の捕縛に抗った親友・ライもまた投獄されてしまう。事件の裏に国際規模の陰謀が見え隠れする中、犯人に挑発された二人は牢を飛び出すが……?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 英雄都市のバカども3 アルコ・ホール三番街の何でも屋/アサウラ

エロマンガ先生3 妹と妖精の島/伏見つかさ

エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)
エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2014年10月刊。
南の島の夏合宿回。
エルフとマサムネがラブコメに本格参戦した感がありますが、やっぱり私は紗霧推し!

☆あらすじ☆
「『夏の取材&執筆合宿』! あんたたちの夢を叶えるためには、必須のイベントよ!」 無事に『妹小説』を書き上げた和泉マサムネは、売れっ子作家・山田エルフの誘いで彼女の所有する南の島にやってきていた。 引きこもりの妹・紗霧の件もあり、合宿に乗り気ではなかったマサムネだが、他ならぬ紗霧からの“後押し”や、ムラマサ先輩の参加もあって、この合宿を有意義なものにしようと意気込むが……。 「二人で遊んでましょう!」仕事そっちのけで遊び始めるエルフ。 「こ、こんな水着で……外に出るなど」 エルフにハメられえっちな水着を披露することになってしまったムラマサ先輩。他にも新しく出来た執筆仲間やエルフの兄の登場など、マサムネはじめての執筆合宿はどうなってしまうのか――?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む エロマンガ先生3 妹と妖精の島/伏見つかさ

ストライクフォール/長谷敏司

ストライクフォール (ガガガ文庫)
ストライクフォール (ガガガ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年6月刊。
「円環少女」の長谷さんによる久しぶりの新作ライトノベル。
宇宙SF×スポ根。そして兄弟の絆の物語でした。
なかなか私には難しいところもあったけれど、それでもストーリーの面白さに心が沸き立ちます。
出来の良い弟と、弟を追いかける兄。ふたりの関係は最初に思っていたよりも熱く切なく美しいものへ。
単純なスポ根ものと見るには背景がきな臭いことや、人類に革新的な技術を持ち込んだ異邦人の存在など、壮大な宇宙SFとしても読み応え抜群。
これは素晴らしいシリーズになりそうな予感があります。続きがとても楽しみです。

☆あらすじ☆
SF界の俊英、ガガガ文庫に電撃参戦!近未来、人類は宇宙に進出し、惨禍のはてに戦争をやめた。……いや、正確には、形を変えた。代理戦争として発展した宇宙競技、ストライクフォール。広大な宇宙をフィールドに、敵のリーダーを屠るべく戦うチーム闘技に人々は熱狂した。万能の泥、チル・ウエポンによって作られたストライクシェルに身をつつみ、プレイヤーたちは宙を駆ける。故郷のため、栄誉のため、家族のため、あるいは己が夢のために……。鷹森雄星も、ストライクフォールに魅せられたひとりだ。弟は、トップリーグでのプロデビューが決まった若き天才、鷹森英俊。幼なじみの環のやさしさに見守られながらも、雄星は宇宙を目指すが――。「知ってるか、兄貴。宇宙では、あらゆるものが落ちている最中なんだ。――落ち続けるなら、オレはほしいものを手に入れる」なら、翔ぶ。翔んで、宇宙に手を伸ばす。これは、宇宙を「掴む」兄弟の物語。SF界の俊英が放つ新たなライトSFエンタテイメント!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ストライクフォール/長谷敏司

花冠の王国の花嫌い姫2 ガーベラの約束/長月遙

花冠の王国の花嫌い姫 ガーベラの約束 (ビーズログ文庫)
花冠の王国の花嫌い姫 ガーベラの約束 (ビーズログ文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
花粉症の姫君と弱小辺境国のお人好し王子の北国ラブコメ第2弾。
お互い意識しはじめてちょっとギクシャクするカップルが可愛すぎでした。ニヨニヨする〜。
今回は色々と世界観も広がってきてなかなか危ない展開に。
ちょっと性急な部分はありましたが、今回も面白かったです。

☆あらすじ☆
花粉症体質がまさかのお役立ち!? 打算から始まった結婚生活第二弾!
アレルギー体質のため花が少ないラハ・ラドマ国、イスカ王子の元に嫁いだフローレンス。そこに彼の弟セクトが帰国。しかも弟は、ラハ・ラドマ建国時から深い因縁のある正教会の聖職者を連れていた。胡散臭い聖職者の動向に疑念を抱くフローレンスだが、彼の存在が兄弟喧嘩を巻き起こし!?(おかしい……。残念体質が微妙に役立ってる気がす……)花粉症姫大奮闘続編!

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 花冠の王国の花嫌い姫2 ガーベラの約束/長月遙

ロクでなし魔術講師と禁忌教典6/羊太郎

ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (6) (ファンタジア文庫)
ロクでなし魔術講師と禁忌教典 (6) (ファンタジア文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★★☆
2016年6月刊。
短編集ラストに引き続きセリカ回。
シリーズの世界観に大きく関わるような展開に入ってきました。ワクワクが止まらない!

☆あらすじ☆
ロクでなし講師ついにクビ!? グレン、生徒を連れて古代遺跡へ!
「グレン君。キミ、クビね」突然の解雇宣告を受けたグレン。遺跡の研究調査に成功すれば回避できるらしいが――「皆、遺跡に行きたいよなぁ!?」まさかの実費に、グレンは生徒を騙し調査隊を結成しようとするが!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む ロクでなし魔術講師と禁忌教典6/羊太郎

風見夜子の死体見聞/半田畔

風見夜子の死体見聞 (富士見L文庫)
風見夜子の死体見聞 (富士見L文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★★☆
2016年6月刊。
第3回富士見ラノベ文芸大賞「金賞」受賞作。
「未来の死体」を見ることのできる少女が、その死を回避するために奔走する物語。
「未来の死体」の状態から逆算していくアプローチは面白いし、主人公とヒロインの噛み合ってないのに軽快な会話も楽しい作品でした。
エキセントリックなヒロインと彼女に振り回される主人公っていう構図、好きなんですよね。絶交していた幼なじみの復縁ものとしても良かったです。
もう少しヒロインの内面を丁寧に掘り下げてくれていたらなお良かったのですが、そこらへんは続刊に期待したところ。
語り口も好みでしたし、今後に注目していきたい新人さんです。

☆あらすじ☆
彼女には人の未来の死が見える。少年少女の未然系青春ミステリー
死神とあだ名されるクラスメイト風見夜子に、凪野陽太は声をかけられた。「あなた死ぬわよ」“これから死ぬ人の姿が見える”という夜子の、悲劇を回避するための過激な人助け――死体見聞に陽太は巻き込まれ……!?

以下、ネタバレありの感想です。

続きを読む 風見夜子の死体見聞/半田畔