緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま!/伊月十和


緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま! (一迅社文庫アイリス)
緋連国鬼記 お守りしたくありません。主さま! (一迅社文庫アイリス)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
秘密の護衛少女と皇帝候補の中華風ラブコメ。
主従で寄宿学校とか個人的に好きな設定でとても良いですねー。
もうちょっとドタバタコメディ押しだとなお良かったのですが、要所でクスッと笑えるところもあり、全体的には悪くなかったです。
特にヒーローの正体?本性?が判明するシーンとか、この人残念な人だ!と楽しくなりましたし。
ただマスコットに虫がいるので(表紙左下)、幼虫系が苦手な方はご注意を。

☆あらすじ☆
「皇帝候補の黎影(れいえい)様をお守りせよ!」
護衛任務を請け負う一族の娘・琉瑠(りゅうりゅう)は、最難関校を首席で合格した黎影皇子をお守りすることに。しかも、自分の出自を知らない庶民育ちの彼に、護衛だと気付かれてはいけないという条件つきで。そこで琉瑠は、彼の同級生となって、こっそり見守ることにしたけれど――不真面目で女好きで皇帝に相応しいとは思えない黎影に、彼が大好き過ぎて追いかけまわしている残念娘だと誤解されてしまって!? 誰にも言えない任務、絶賛遂行中? 勘違いだらけ凸凹主従の中華風ラブコメディ!

以下、ネタバレありの感想です。

 

皇帝候補者・黎影の護衛のため、国内最難関の寄宿学校に入学することになった鬼師の娘・琉瑠
物語は、皇子という出自すら知らない黎影に気づかれずに護衛任務を遂行しようとするも、黎影から好意をもってつきまとっていると誤解されてしまう琉瑠の奮闘を描いていきます。

 

本当は護衛だけど相手はそれを知らずにストーカー扱いっていう設定がおいしい。
真面目に仕事してる琉瑠からしたら酷い扱いなんですけど、それがまたコミカルで良いのです。むしろもっとギャグに振り切ってくれても良かったくらいです。

 

変な娘だなぁーと思いつつも、素直で善良な琉瑠に絆されていく黎影。
琉瑠が任務で傍にいることを知らずに、徐々に彼女に惹かれていく黎影にハラハラしつつも、ラブコメ的にこれまたおいしい展開だなぁとニヤニヤしてしまいました。
テスト勉強で一気に距離が縮まってからの正体発覚の流れもとても良かったです。あそこのシーンは予想より切なかった。

 

その黎影については、最初は女好きで不真面目なところがちょっと苦手でした。
が、月狐仮面登場で一気に好きなキャラクターに。
あのシーン、ああ残念な人だ!とても残念な人だ!!って楽しくなりました。こういうの好きだなぁ。
恥ずかしいという自覚がありつつ、アレを選んでしまった黎影は本当に残念な人ですねw
しかしなぜ月狐仮面の登場は2回だけなのか。続編があれば出番増し増しでお願いします。

 

琉瑠と黎影の恋に関しては進展がちょっと駆け足で糖度もほぼないのですが、琉瑠はまだ落ちていないしそこらへんは今後に期待という感じ。
次からは黎影がしっかりと事情を理解した上での主従関係ですしね。これでようやく期待していた「主従で寄宿学校」というシチュになるのか。楽しみです。

 

というか、ストーリー的には序章っぽいんで続編ありますよね?
行方不明の鳳輝とか、ライバル候補の瑞天とか、動向が気になるキャラがまだまだいますし。

 

というわけで2巻待ってます!

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。