異端審問ラボ 魔女の事件簿2/高里椎奈


異端審問ラボ 魔女の事件簿2 (講談社タイガ)
異端審問ラボ 魔女の事件簿2 (講談社タイガ)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


評価:★★★☆☆
2016年5月刊。
仲良し3人組が古代の食事を再現したり様々な事件に巻き込まれたりするSFミステリー第2弾。
今回もさりげなく混ぜ込まれるディストピア感が良いアクセントとなっていました。
そしてラストは面白そうな展開へ。続きに期待したいと思います。

☆あらすじ☆
ゲートが開くと人が死ぬ――。外界と遮断されたドームの中で完全に管理された生活をおくる千鳥と鶫、そして鳶の三人。年に一度、遠く離れて暮らす家族とカードを贈り合うイベントで皆がわき立つ中、次々と不審な事件が発生する。水のない街中で起きた溺死事件。火の気のない場所で火傷のような症状で息絶えた死体の謎。頻発する小火騒ぎ。不気味な噂と不可解な事件の関係とは……!?

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回は入院中の鳶の部屋が荒らされるという事件、そして水のない街中で起きた溺死にみえる変死事件の謎を追うというストーリー。

 

事件が少しずつ大きくなっていき、最後は大騒動になっていくという展開は面白かったです。
でも今回は事件そのものよりも千鳥の心境の変化の方が興味深かったかな。
栄養化学研究所の正体にゾッとしました。うーん、そんなこと言われて頑張ろうなんて思えないだろうし、千鳥の決意は妥当なところですね。
ただ、警務部隊員を見ていると千鳥に適性があるのかないのか分からないんですよねぇ。探偵役には向いているけれど、正義の執行機関になるには千鳥は良くも悪くも真っ直ぐすぎる気もするし・・・・・・。

 

それにしても、ラストはびっくりしました。
全職業の9割が公務員を占める世界であっても季繭のような子はいるんだぁ、と気の毒に思っていたら。まさかの。

少しずつ千鳥たちに近づいてきている人類本領保全協会が怖すぎます。
人間は自然であれば良いとか言っていますが、もしそれがそのままの意味だとしたら・・・・・・。
完全に管理された天蓋の中もちょっと気持ち悪いものを感じますが、外は人が生きるには過酷そうなんですよねぇ。ただでさえこの世界の人類は虚弱ですし。

 

あと、今回も再現された「古代の食事」には笑いました。
特に「米」。
それ違う!絶対なんか違う!!と突っ込んでいたのですが、最後の種明かしで脱力w なるほどなぁww

 

色々と面白い展開になっていきていると思います。
3巻も期待!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。