六花の勇者 archive1 Don’t pray to the flower


『六花の勇者 archive1 Don’t pray to the flower』(山形石雄著/集英社ダッシュエックス文庫)★★★★☆

六花の勇者 archive1 (ダッシュエックス文庫)
六花の勇者 archive1 (ダッシュエックス文庫)

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
本編の前日譚を集めた初の短編集。
本編で削り取られた精神が癒されるような、ほのぼのとした日常が描かれていました。
それにしてもモーラには笑い死にさせられるかと思ったw

☆あらすじ☆
魔神復活を阻止し、世界を救うために選ばれた六花の勇者たち。高い戦闘力や特殊能力を有す者、聖者として修練を重ねていた者など、その優秀さはお墨付きなのだが、クセ者揃いの彼らが六花の勇者になる前の「日常」は平穏無事とはほど遠く…。ハンスの謎めいた殺し屋稼業、万天神殿でのモーラやチャモたちの日常、ナッシェタニアに裏で恋人を作るよう画策されるゴルドフの青春、凶魔として生きるフレミーの家族への想い、少年時代のアドレットの夢―など、彼らの本心や素顔には意外な一面があり…?そして、誰もが祈りを捧げる一輪の聖者とは一体!?伝説に挑み、謎と戦う「以前」を描く珠玉の短編集!

以下、ネタバレありの感想です。

 

薬の聖者が放った密偵によって観察されるハンスの日常。

ハンスの内面についてはあまり掘り下げられなかったものの、やっぱり良いキャラしてるよなぁと再確認。
でも何だかんだ言って殺さないんじゃないかな?とか甘い考えすぎて冷やっとしました。

 

鼠の凶魔によって観察される万天神殿の日常。

モーラ夫婦の秘密に死ぬほど笑いましたw これは確かに秘密にされるべき(真顔)
一度落として、フェイクとみせかけてまた落とすとか卑怯すぎるww
ついでに彼女があの口調になった理由までバラされて、恥ずかし可愛すぎて本編モーラを直視できる気がしません。

ロロニアについては、なんか扱いが不憫すぎてちょっと泣きそうに。もうちょっと世界が彼女に優しくなるといいな・・・・・・。

チャモについては、まぁモーラに懐く理由はわかるかな。
両親との距離感は寂しい気持ちになりました。

 

ナッシェタニア企画「ゴルドフに恋人を見つけてあげよう」!!

やめて差し上げて・・・・・・!

ほんと、この姫さんは余計なことしかしやがらないですね!気づかないふりをしたままそっとしておいてやれよ、とイライラしたのですが、彼女の真意を知ると何とも言えない気持ちに。
うーん、ゴルドフを大事にしてるのはわかるけれど、色々と壊れているというか狂っている感じにゾッとするというか。ああ姫は姫だなって思いました。

一方のゴルドフの一途さは痛々しくて可哀想になるし、本編でのこの主従を思い出すと更に複雑な気持ちになってしまいます。

彼らの結末がどうなるのかは、このシリーズの最も気になる部分のひとつだったり。

 

凶魔の家族と共に過ごしていた頃のフレミーを描く短編。

その後の家族の末路を思うと辛いですね、これ。
フレミーの頭に咲いてるお花って、断章に書かれてるオシャレを続けてるってことなのだろうか。

 

アドレットの過去エピはそれだけで泣きそうになる(´;ω;`)

本編が読みたいぃいいい!

そして、どうして続く断章がアドレット本人ではなく一輪の聖者なのか。
一輪の聖者、怖すぎなんですが。この短編集のそこかしこで皆が祈っていたのに・・・・・・サブタイそういう意味か。

 

 

最後にやたらと本編への欲求を高めてくる短編集でした。
本編7巻が待ち遠しいです。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。