北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし3


『北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし3』(江本マシメサ著/宝島社)★★★★☆

北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 3
北欧貴族と猛禽妻の雪国狩り暮らし 3

2016年3月刊。
今回も面白かった!
リツとジークの間に訪れた大きな変化を描く第3巻。
家族って良いなぁとしみじみ思いつつ、終盤は目頭が熱くなってしまいました。
相変わらず飯テロ&砂吐きまくる作品です。まったりとした優しさに心底癒されました。

☆あらすじ☆
一年前の夜会で出会った、立場も文化も異なる二人―辺境の地を治める貧乏貴族リツハルドと、二つ名持ちのイケメン元軍人女性ジークリンデ。一年間のお試し婚の結果、相思相愛を確認し(やっと?)正式な夫婦に!報告と新婚旅行を兼ねてジークの実家へ旅立った二人だが、旅先で待っていたのは想像もしないことばかり!!「ジ、ジーク、も、もしかして!?」「待て、落ち着け。まだ分からない」プレゼント満載のクリスマスツリー。貴族のお茶会に、ほかほかグリューワイン。ジーク父、こだわりの肉汁溢れるソーセージと生ハム、愛情たっぷり薔薇のジュース作り、と心も身体も温まる第三巻です!第3回なろうコン大賞金賞受賞作!

以下、ネタバレありの感想です。

 

表紙のジークが美人さん!
1巻はあんなにイケメンだったのに。これはお兄ちゃんズもビックリしますね(お兄ちゃん達失礼すぎて笑ったw)
でもリツは相変わらず妖精さん。おっさん妖精に吹きました。

 

さて、今回はジークの里帰りを兼ねた新婚旅行編。
メインとなる舞台が雪国からジークの故郷に移ったことで、前巻までとはまた違う雰囲気を楽しむことができました。この旅行記的な面白さは本当に良い。ドイツ行きたい。
聖誕祭の華やかで賑やかな空気も素敵でしたが、なんといっても飯テロがやばい。
さすがドイツ(?)。美味しくてパリッとしたソーセージを食べたくて仕方なくなったんですがどうしてくれよう。
お酒もたくさん造ってましたねー。なんでも手作りできるものなんだなぁ、とこの作品を読んでいるとしみじみ思ってしまいます。薔薇酒めっちゃオシャレ。試してみたいなぁ。

 

ドイツ旅行記的な面白さを満喫しつつも、今回のメインイベントはやはりジークの妊娠!

情緒不安定でリツに甘えるジークが可愛すぎてはなぢがでるかと思いました。なにこの可愛い生き物。どこから出てきた。
寂しがったり嫉妬したりと妊婦なジークはいつもと違って儚げなか弱さがあってドキドキ。
まぁ嫉妬の相手はパパなんですけど! なんでリツは義父とイチャイチャしてるの!!w
いつでもどこでも働き者なリツには脱帽。でもこの人、楽しそうに働くから見ていて和みます。

 

義父が予想外の存在感を発揮していましたが、リツとジークのいちゃいちゃもしっかり完備。
むしろ糖度が上がりすぎてこれ以上は砂糖吐けないレベルでした。
サラッと妻を褒め称えるリツさん、イケメンだぁ。べた惚れすぎてニヤニヤします。
そして今回一番萌え転がったのはお手紙交換。
20枚・・・・・・! 一体何を書いたのか。全文公開してくれてもかまわないですよ |д゚)チラッ

 

そんなラブラブ夫婦を見守るジークの家族も個性的で素敵でした。
お兄ちゃんズが楽しすぎる! 彼らは妹をなんだと思っているのでしょうか。
お義母さんも格好良かったなぁ。テニスの修造モード(素振り音!)と出産時の軍人モードに笑いました。

 

あ、家族で忘れてはならないのは捕獲されたリツの両親の件。
良いタイミングで登場しましたが、彼らに任せた村はどうなっているのでしょう。散々フラグが立っている気がしたのですが、無事なんでしょうか。
終盤の短編で明かされたリツの孤独な十年間を思うと、両親の無責任さにモヤモヤとしてしまって、リツに殴れと言ったお祖父さんの気持ちがよく分かるんですよね。村で何か問題を起こしてたら今度こそ天誅をくだせば良いと思う。

 

温かい人たちに囲まれ、ジークの故郷で穏やかに過ごす日々。
そうしてようやく訪れた出産シーンでは、リツに感情移入しすぎてなんだか胸がいっぱいになってしまいました。
ありがとうって泣くリツをみてると、彼の幸せを痛いくらい感じてもらい泣き。はぁ、素敵だ・・・・・・。

 

3巻もとても良かったです。
ひとつの山場となる話だったと思うし、終わりも結構綺麗だったのですが、まだ続いてくれるのかな?
両親と村の様子が気になるので、是非とも4巻を出してほしいです。

 

巻末で「北の砦にて」とのコラボ短編が載っていましたが、こちらの作品も気になるなぁ。
そういえば、三国司さんって「リングリング」の作者さんか。

 

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。