サ法使いの師匠ちゃん2


『サ法使いの師匠ちゃん2』(春原煙著/GA文庫)★★★☆☆

サ法使いの師匠ちゃん2 (GA文庫)
サ法使いの師匠ちゃん2 (GA文庫)【Amazon】【BOOK☆WALKER】

前巻の感想はこちらから


2016年3月刊。
言葉巧みな師匠ちゃんが胡散くさ可愛いファンタジー第2弾。
今回はカルト宗教に対抗する話。
前巻同様、セリフの応酬に勢いがあって楽しかったです。

☆あらすじ☆
「みんなをスマイル、あたしはリッチに! 実はこのあたしは、伝説のサ法使いだったのでした~!!」
カルト教団に洗脳されたエルフ族を解放するため、辺境のミッケリンナ村へとやって来た詩子たち一行。
「サ法使いって、あのおとぎ話に出てくるペテン師じゃないんですか?」
しかし、村の修道女アルマに強く反発され、協力の申し出を拒絶されてしまう――。
「YOU、(教祖)やっちゃいなよ」
ところが詩子は、アルマを教祖に祭り上げて新興宗教パンスト教を興し、村人奪還に乗り出しちゃった!? 悩み相談にマルチ商法、異世界では斬新すぎる布教活動は奏功するのか!?
異世界ファンタジーコメディ劇場型詐欺、第二弾!!

以下、ネタバレありの感想です。

 

今回はカルト宗教に対抗して新興宗教を立ち上げるよ! なストーリー。

 

その名もパンスト教
ジェラールを魅了したあのパンストがついに聖遺物になってしまいました(「性異物」に誤変換してあながち間違ってないなとか思ったり)

 

新興宗教立ち上げのシーンといい、カルト教団員をやり込めるシーンといい、今回も師匠ちゃんの弁舌は絶好調。本当に胡散臭いんだけど、なぜか爽快感があるんですよねー。読んでてクセになる感じがたまらない。

 

そんな風に師匠ちゃんと他キャラの掛け合いを読んでいるのはとても楽しかったのですが、ストーリー的には前巻に比べると盛り上がりに欠けていた気がします。まぁ前巻終盤の勢いがすごかったというのもあるんですが。
もうちょっとカルト教団VS新興宗教を正面からぶつけてほしかった気がするかな。

 

とはいえ、決戦シーンでの師匠ちゃんも素敵だったので満足度は高し。
ジェラールやゴブ子の善性と自分の立ち位置について語るくだりはちょっと感動。うさんくさいけど良い子なんだよなぁ。うさんくさいけど。

 

さて、あとがきが次回作について触れているってことは、本作はこれで完結なのでしょうか。
面白い題材だからもったいない気がするけれど、次回作にも期待しています!

スポンサーリンク
 
0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。