【雑記】2016.3.18 ロクでなし魔術講師アニメ化/異世界チート・異能バトルじゃないラノベ/他


今月ちょっとBOOK☆WALKERのセールに本気を出しすぎて財布がピンチです。ほんとにピンチ。ちはやふる安かったー!買っちゃったー!(本日3/18まで8割引)

1.「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」アニメ化決定!
2.異世界チートでも異能バトルでもない「最近のラノベ」
3.なぜWEB小説を読むのか
4.三大小中学生向け少女漫画雑誌の勢力図
5.「きみが僕にくれたもの」

以下に続きます。

 

1.「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」アニメ化決定!

 

ファンタジア文庫のラノベ「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」がアニメ化決定! 空戦魔道士と同じく教官物のラノベ(まとレーベル)

はやくない??と書いた私のツイートが取り上げられていますが、はやくない?? でも嬉しい!!
昨夜TLで知った情報でしたが、ソースは上の記事で初めて知りました。公式発表が楽しみですね(´∀`*)

と思ったら公式更新されていました(公式サイトへのリンク)

「ロクでなし魔術講師と禁忌教典」はファンタジア大賞受賞作なのですが、教官モノのセオリーを踏みつつ、主人公の熱さと奥行きのある世界観が魅力的な作品。めっちゃオススメです!

 

 

2.異世界チートでも異能バトルでもない「最近のラノベ」

 

異世界チートでも異能バトルでもない「最近のラノベ」30選(WINDBIRD)

異世界チートでも異能バトルでもないおすすめラノベを付け足してみる(Shaw’s Home Page(本館))

異世界チートでも異能バトルでもない「最近のラノベ」ってめちゃくちゃ範囲広くないかと思うのは、私が月に何十冊も読んでるラノベクラスタだからなのでしょうか。

もし本当に「最近のラノベ」は異世界チートや異能バトルばかりだと思い込んでいるなら勿体ない。ぜひ上のエントリが広まってほしいものです。

更に手っ取り早く偏見をなくすには、日常モノや学園モノがもっとアニメ化することですよね。

あ!日常ラブコメな「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」が4月からアニメ放送開始するじゃないか!(棒読み)

 

 

皆がこのアニメを見たり原作を読んだりすれば偏見が緩和されるんじゃないかな!?(ダイレクトに宣伝)

 

 

3.なぜWEB小説を読むのか

 

なぜわざわざWeb小説なんて読むの?(敷居の先住民)

個人的には、「小説家になろう」とか「カクヨム」って雑誌のイメージが強いかも。
お金がかからないし、手軽に端末から読めるところはもっと気楽な感じですが。
サクッと読んで、気に入った作品は別途お金を出して手元においておくところが雑誌連載と単行本の関係に似ている気がする。

 

 

4.三大小中学生向け少女漫画雑誌の勢力図

 

今のりぼん・なかよし・ちゃおの勢力図がわたしが知ってるのと違うんだが(子育てとドラマと日常のこと)

私の知ってる勢力図とも違う・・・・・・!!
ちゃお凄い・・・・・・!!

そういえば、私のイメージでは「なかよし」→「花とゆめ」がオタク女子のメインルートなのですが実際はどうなんでしょう? 私はこのルートです勿論。
「りぼん」はリア充方向にキラキラしててなー。好きな作品もありましたが、もう少し輝度を落としてくれと思う作品もあったり(´・ω・`)
「ちゃお」は何が連載されてたのかよく覚えてないなぁ。

 

 

5.「きみが僕にくれたもの」

 

きみが僕にくれたもの(brain x)

ライトノベル作家十文字青としてのこれまでを綴ったブログ記事。
突っ込まれそうだなー、と思った部分については案の定・・・・・・。

青先生ご自身がどこまで何を思って書かれたのかを、私が正確に推し量ることなんて出来ません。
ですが、売り上げと打ち切りに追い詰められながらも、書きたいモノを書いてこられたことに対する感謝の気持ちがひしひしと伝わってくる内容だと思います。

「僕は運と人に恵まれた。」という一文に万感の思いを感じる、青先生らしい「ありがとう」のメッセージ。
少なくとも私はそう受け取って、ちょっと涙ぐんでしまいました。
これからも応援しています(´;ω;`)

スポンサーリンク
 
0

「【雑記】2016.3.18 ロクでなし魔術講師アニメ化/異世界チート・異能バトルじゃないラノベ/他」への3件のフィードバック

  1. 5.「きみが僕にくれたもの」について、このような記事を作者である十文字さんが書かれていると知り、少し気になったことがあるのでコメントさせていただきます。まず、他作品を名指ししてる時点で常識がかけていると思いますし、下手したら色々なところに迷惑かかりそうなのは明白です。さらに、他作品の名前出したと思ったら勝手に本流と決めつけて自分は支流すら書けないと自虐し始める。ほんとに名前出された方はいい迷惑だと思うのですが、それでも涙ぐんでいらっしゃるのはなぜでしょうか。”売り上げと打ち切りに追い詰められながらも、書きたいモノを書いてこられたことに対する感謝の気持ち”なら他作品の名前を出す必要は全くありませんし、もう少し書きようはあると思います。とても「運と人に恵まれた」と思っている人のすることではないと考えます。

  2. 半年ぶり急にブログ更新
    投稿時刻は朝の七時でこのすば二期決定の発表から五時間後
    このすばと比較しないでくれと始まる

    これはネット民のいい餌になりますね。この作者さんはブログやTwitterをしないほうがいいタイプの作家さんのようです。

    1. コメントありがとうございます。

      このすばを名指しした点については、確かにもう少し配慮があるべきだったと私も思います。
      関係のない作品間を比較したり不用意に並べ立てたりすることは避けるべきというのは、こういうブログを続けている中で私自身が学んできたことでもあったので。

      ただ、記事にも書きましたが、先生がブログに書かれていたこと以上の考えを私は推測できませんし、しようとは思いません。
      本流と支流についても、先生はそう考えておられるのだな、くらいに思っただけでした。似たようなことはよくTwitterやあとがきでも書かれているので、「自分の作品はあまり売れるものではない」という先生の考え方に慣れていると言えるかもしれません。
      もっと自信をもってほしいと、もどかしい気持ちにはなりますけどね。

      涙ぐんだ理由については記事で書いたことが全てです。
      このすばに触れたことに配慮がなかったとしても、その後に続いた感謝の気持ちに感動したというだけの話です。
      ここに至るまでの度重なる打ち切りは私にとっても辛いものがあったので、余計に共感したということもあるのでしょう。
      私の所感を不快に思われたのであれば申し訳ありませんが、正直な気持ちですので他に書きようがありませんでした。

      十文字青先生がブログやTwitterをしないほうがいいタイプの方とは私は思いません。
      日々何を思って、そこからどのようにして作品が生み出されているのかを知る手がかりになるので、これから先も続けて欲しいと願っています。

      一ファンとしての意見ですので、他の方に考えを押しつけるつもりは全くありませんが、少なくとも私はそういうスタンスなのだとご理解頂けると幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。